生理前に人格が変わるほど精神が不安定になる女性はPMDDかも

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。
本日はPMSと同じく生理前に現れる症状であるPMDDについてのお話です。
PMSと症状が似ている部分がありますが、決定的に違う部分もありますので、女性の皆さんはチェックしてみてください。

PMDDってどんな病気?

PMDDとはPMSと同じように生理前に現れる症状になりますが、「月経前不快気分障害」と言い、身体的な症状よりも精神的な症状が激しく現れる疾患になります。
どのような症状かと言うと、PMSは生理前になると普段ならなんてことのないことに対してもイライラする程度ですが、PMDDの場合は完全に人格が変わってしまっているのではないかと言うぐらい攻撃的、感情的になってしまいます。そして、激しい精神症状により時には友人、家族、同僚、パートナーと激しい衝突が起きることがありますが、PMSと同じくこの精神症状は生理が来ることによりなくなります。そのため、このようなことが毎月のように続くことでで自分自身が嫌になってしまいます。

PMSとの違いは?

PMSとの大きな違いは精神的な症状が強く現れるということです。
そのため、対人関係に大きな支障が出たり、日常生活や社会生活にも影響が出てきてしまいます。

何科を受診すればいいの?

PMDDはPMSとは違い精神的な症状が酷く出るため、婦人科を受診するよりも心療内科や精神科を受診することになります。
なぜ婦人科ではなく心療内科や精神科になるのかと言うと、PMDDによる精神的な症状はPMSで行われるようなホルモン療法では改善するのが難しいとされています。
うつ病と聞いたり、精神科や心療内科を受診しなければならないと聞くとさらに落ち込みそうにはなるかもしれませんが、症状を改善させるためには必要なことになるため、まずは相談してみましょう。
※アメリカの精神医学学会では2013年からPMDDはうつ病の一種と位置付けされるようになりました。

PMDDの認知度はどのくらい?

生理前に人格が変わるほど精神が不安定になる女性はPMDDかも

PMSやPMDDの男性の認知度はかなり低いのではないと思います。女性でもPMSという言葉を知らない方もいるため、それこそPMDDというのは全く聞いたことがないという女性も多いかと思います。そのため、男性ならなおさらです。
PMSやPMDDによるイライラはパートナー次第では大きな衝突を生むため、破局につながることもあります。自分の言葉で説明して理解してもらえればいいですが、中にはうまく説明できなかったり、話を聞いてくれない人もいると思います。そのため、ネットで調べた情報を見てもらったり、一緒に病院に付き添ってもらうようにしましょう。

PMDDの治療法は?

PMDDの治療は薬での治療を行うことになります。特に効果が認められているのが、うつ病などの治療にも使用されるSSRIという種類の薬になります。
【SSRI】
・パキシル
・レクサプロ
・ジェイゾロフト
・ルボックス
これらの薬は日本で使用されているSSRI系の薬になりますが、人によってはやはり副作用があるため、医師と相談して服用量や服用するタイミングを決めることになります。

PMDDの治療にピルが使用されない理由

PMSはピルでの治療が行われますが、ピルの効果は精神的な症状よりも身体的な症状に対して有効になります。しかし、PMDDでは身体的な症状よりも精神的な症状が酷く出るために、ピルではそれほど効果が出ないためにあまり使用されておりません。ただし、個人差があるためにピルでも効果が出ることはありますので、ピルでの治療を希望される場合は精神科や心療内科ではなく、婦人科を受診する必要があります。

セルフケア

1.無理をしない
まずは自身で症状がいつごろから出るのかを把握し、この時期は決して無理をしないようにしましょう。また、できるだけこの時期に症状が出てしまうことを家族や友人、パートナー同僚などにも悪気があるわけではないということを話をしておくようにしましょう。

2.軽い運動を取り入れる
軽い運動をすることは気分転換にもなりますし、ストレスの発散にも役立ちます。ただし、症状が出始める時期にだけするのではなく、日常生活に取り入れるようにしましょう。まずは週2回を目指しましょう。

PMDDに対する鍼灸治療の効果

PMDDに対しても鍼灸治療は非常に効果的な治療になります。
鍼灸治療には自律神経の乱れを整えることによりリラックス効果をもたらすことができ、またホルモンバランスも整えることができるためにPMDDによる精神的な症状だけではなく、身体的な症状に対しても効果を発揮します。
また、当院では東洋医学の理論をもとに患者さんごとの体質を分析して治療を行っております。一言でPMDDと言っても東洋医学的には様々な原因によって発症することになるため、しっかりと分析することが重要となります。

薬に関しては鍼灸治療を始めたからといってすぐにやめて良いものではありません。薬を服用しながらでも鍼灸治療を行うことは何ら問題はありませんので、書状が軽減してきたら徐々に減薬をしていくようにしましょう。

Share

関連記事

不眠症にも鍼灸

患者さんを問診していると意外と多いのが睡眠の質の低下。 不眠症とまではいかないけれど寝つきが悪い、夜中に目が覚めるという方は意外といらっしゃいます。 このように睡眠の質が低下した状態を東洋医学ではどのように考えていくのか[…]

[» 続きを見る]

ストレスの秘密

ストレスは万病の元などということもあり、ストレスで体調を崩す方は現代ではかなり多いかと思います。 しかし、「ストレスがあった方が良い」と言い切る方がいます。 その人物がスタンフォード大学 健康心理学者 ケリー・マクゴニガ[…]

[» 続きを見る]

貧乏ゆすりの効果

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。 世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。 その[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎と食事

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 当院でもご相談が多い皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎ですが、中にはとても食事に気を使っている方も多くいらっしゃいます。 アトピーに良くない食べ物としては ・乳製品 ・チョコレ[…]

[» 続きを見る]

出産報告いただきました

当院に不妊治療で来院されていた方からお手紙をいただきました。 週一回の治療を7ヶ月ほど継続し、40歳で第一子を自然妊娠、41歳で出産。 妊娠中はつわりや逆子などで大変だったそうですが、無事に出産されたそうです。 高齢出産[…]

[» 続きを見る]