花粉症の薬が保険適用外に!?その背景にある3つの理由について

蓬祥鍼灸院の長谷川です。

毎年花粉症に悩まされている方は非常に多いですが、花粉症の薬が保険適用外になる可能性があることはご存じでしょうか?

保険適用外になってしまった場合は耳鼻科や内科を受診した際は自費となってしまいます。

本記事では耳鼻科や内科で処方される花粉症の薬が保険適用外になる理由やいつから適用外になるのかについて解説していきます。

花粉症の薬が保険適用外に!?その背景にある3つの理由について

健康保険証

花粉症でお悩みの方にとっては死活問題となるかもしれない情報です。

国民病ともいえる花粉症の薬が保険適用外になる可能性があります。

では、なぜ多くの方が悩んでいる花粉症の薬が保険適用外になってしまうのかというと、そこには以下の3つの理由があります。

  1. 国民皆保険制度が崩壊する危険性を秘めている
  2. 市販の薬で十分効果があるから
  3. セルフメディケーションを推奨している

 

国民皆保険制度が崩壊する危険性を秘めている

1つ目の理由は日本の国民皆保険制度が崩壊する可能性があるからです。

日本では国民全員が健康保険に加入し、等しく保険診療が受けれように所得に応じて保険料金が決まっています。

そのため、今では加入していない人は本当にごく一部の方だけだと思います。

これが日本の国民皆保険制度になりますが、今ではこの制度が裏目に出てしまっていると言えます。

ちょっとしたことでもすぐに病院へ行き薬をもらう

飲まなくてもいい薬を大量に処方される

この小さな小さな積み重ねが結果的にこの制度の維持を困難にしています。

【医療費の総額※保険によって支払われた金額】

  • 2017年:42兆円
  • 2018年:43兆円
  • 2019年:43.6兆円

【過去最高43.6兆円 今年3月は減少―19年度医療費】

実はこの医療は毎年最高額を更新していると言ってもいいほどです。

そのため、国はできるだけこの医療費を削減していきたいという考えがあります。

破綻は本当?医師が考えた国民皆保険制度のゆくえ

 

市販の薬で十分効果があるから

ドラッグストア

2つ目の理由が病院で処方される薬と同等の効果がある市販薬がドラッグストアで購入することができるからです。

それだけ?と思うかもしれませんが、こうすることにより先程の医療費の削減にもつながるからです。

仮に花粉症の薬を国民全員が市販薬を購入するようになると、医療費は約600億円ほど削減できるとされています。

花粉症の薬だけでこの金額なのでいつかその他にも増えてくる可能性はあります。

 

セルフメディケーションを推奨している

3つ目の理由はセルフメディケーションが推奨されているためです。

セルフディケーションとは?

健康の維持、増進、または病気の予防を自ら行うことを言います。

つまり、自分自身の生活習慣を見直し、改善して健康な体でいるようにということです。

このセルフメディケーションにかかった費用は医療費控除の特例として認められているため、若干ですがお金が戻ってくる仕組みになってします。

現在のシステム的には予防目的では控除の対象外となってしまいますが、ドラッグストアで購入した医薬品に関しては対象となります。

ただ、ドラッグストアで購入した医薬品はそもそも医療費控除の対象のはずなので、システム的には予防目的で行っていることも対象にすべきではないか?と個人的には思っています。

 

【気になる問題】いつから花粉症の薬が保険適用外になるのか?

考える女性

花粉症の方にとっては保険適用外になる可能性があるとしたら、気になるのが「いつから」なのかだと思います。

そのため、いつから花粉症の薬が保険適用外になるかについてお話していきます。

 

具体的にいつからかはまだ決まってはいない

花粉症の薬が保険適用外になる時期はいつからかはハッキリとはまだ決まっていません。

現段階では医療費削減の1つの案として議論されている状態です。

そのため、今のところはまだご安心ください。

 

減感作療法やレーザー治療は保険適用がどうなるかは不明

花粉症の治療は薬だけではなく、根治治療が期待されている減感作療法や鼻のレーザー治療などもあります。

ではこの2つの治療に関しては保険がどうなるのかが気になるところです。

しかし、こちらに関しても今のところは情報は特にありません。

ひょっとすると、この2つの治療に関しては薬が保険適用外になっても、そのまま保険診療が継続される可能性もあります。

【減感作療法についてはこちら】

 

花粉症以外に保険適用外になる可能性がある薬もあり

花粉症の薬以外にも保険適用外になる可能性がある薬もあります。

  • 風邪薬
  • 湿布薬

この2つに関しても市販のものでも代用できると判断されているため、保険適用から外される可能性があります。

特に風邪に関しては薬では治せないということはご存じの方も多いと思います。

また、欧米諸国でも風邪では病院に行っても薬は処方してもらえないという話も聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

しかし、日本では風邪でも病院にかかり当たり前のように薬が処方されていますが、この部分をカットできればさらに医療費は抑えることが可能となります。

湿布に関しては言うまでもありません。

 

まとめ

花粉症の方にとっては耳鼻科の薬と市販の薬では効果が違うという声を聞きますが、いつからそうなるのかは分かりませんが、いずれは保

険適用外になる可能性があることを覚えて覚えておきましょう。

私自身も鍼灸師になる以前は花粉症で悩まされた時期がありましたが、生活習慣を見直したところ一切症状が出なくなりました。

鍼灸治療でも改善は可能ですが、症状がそれほどひどくない場合は生活習慣を見直すだけでも改善はできるかと思います。

症状がひどい方は今のうちから鍼灸治療なり、漢方薬なりで花粉症体質の改善に取り組みましょう。

【花粉症に対する鍼灸治療について】

Share

関連記事

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]

花粉症対策

今日から本格的に春の兆しになるため、花粉症の方にとっては辛い日常の始まりかもしれません。 春は木々が芽吹き、生長する季節でもあるため、人の身体の中でも同じようなことが起こり、気温の上昇とともにエネルギー(気)が上昇しやす[…]

[» 続きを見る]

ストレス体質による花粉症

花粉症の方で最も多いストレスタイプ。 東洋医学では「肝」という部分の問題で起きてくる花粉症となります。 東洋医学では「季節と内臓の関係性」というものがあり、花粉症の多くの方は春に症状を訴えますが、「春と関係のある臓器が肝[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]