たった3分でリフトアップ&むくみを解する方法

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

今回も美容系のブログネタになりますが、本日は超簡単にリフトアップとむくみを解消させる方法をお教えいたします。
所要時間は片側約3分になりますので、非常にお手軽に実践することができます!

たった3分でリフトアップ&むくみを解消する方法

本当にそんな短時間でリフトアップとむくみ解消が可能なのか?という疑問をお持ちかもしれませんが、本当にできてしまいます。ただし、何をするにもやはり個人差はあるということだけはあらかじめご了承ください。
では、どうすればそんな短時間でできるのかというとその方法は「かっさ」です。

かっさとは?

かっさとは2500年以上前から中国にて行われている民間療法で「動けなくなって滞っている血液を動かす」という意味を持ちます。
専用の板を使用して皮膚をさすることにより血流を促し毒素を抜き、経絡の流れを良くする東洋医学ならではのデトックス法になります。
また、かっさは皮膚をさするだけではなく、凝り固まった筋肉をほぐすこともできるためにリフトアップ効果やむくみを解消する効果があります。
誰でも手軽に行えますし、専用の板もネットで500円ほどで購入もできるためセルフケアとしては非常にお勧めです。また、顔だけではなく、手足に対しても行うことができるため、板は持っておいて損はしません。

やり方

かっさのやり方の基本は
1.中心から外に向かって行う
2.首は上から下方向で行う
3..さすって流す
4.円を描きながらほぐしていく

このようなやり方になります。簡単ですよね?
では実際にどのようにやっていくかをご説明いたします。

①首の横を上から下方向へ3回ほど軽くさする
②鎖骨に沿って内側から外側に向かってさする
※まずは首と鎖骨部分を軽くさすりリンパの流れを良くしておきましょう。

③フェイスラインに沿って顎から耳の付け根まで軽くさする
④口角、鼻、下まぶた、おでこ、それぞれの個所から耳に向かって軽くさする
⑤コメカミから耳の上にかけて軽くさする
※顔と側頭部の部分の軽くさすり血流とリンパの流れを良くしておきます。

⑥先ほどと同じ流れでフェイスライン~おでこにかけて円を描きながらコリをほぐしていきます。
⑦口角、鼻、下まぶた、おでこ、それぞれの箇所から耳に向かって円を描きながらコリをほぐしていく
⑧コメカミから耳の上に向かってコリをほぐしていく

⑨再度、③〜⑤を繰り返す
※筋肉をもみほぐし血流、リンパの流れがよくなっているため、これらをしっかりと流していきます。

⑩最後に①、②を行い終了

注意点

1.力を入れ過ぎいないこと
力を入れすぎると人によっては内出血を起こす可能性があります。そのため、軽めの力で行いましょう。

2.皮膚を引っ張り過ぎないこと
皮膚をさするこ、こりをほぐすことが基本ですが、この際に皮膚を引っ張り過ぎてしまうと皮膚が伸びてしまい、結果的にたるみの原因になってしまいます。そのため、お勧めは専用のクリーム使用することです。

美容鍼もお忘れなく

手軽にできるカッサによるリフトアップとむくみ解消法をお伝えしましたが、美容鍼でも当然リフトアップや顔のむくみ解消は行えます。
ご自宅でセルフエアとしてカッサを行い、美容鍼で肌のケアと体のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか?

Share

関連記事

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

高校生向けの妊娠・不妊関連の教材

昨日のYahooニュース。 文部科学省が『妊娠のしやすさと年齢の関係』 や『不妊に関する内容』を盛り込んだ高校生向けの保健教育教材を作成したそうです。 <文科省>妊娠しやすさと年齢、副教材に 高校生向けに作製 早いうちか[…]

[» 続きを見る]

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]