美容鍼を受ける頻度はどのくらい?

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

美容鍼を受けてみたいとお考えの方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか?
「美容鍼ってどのくらいの頻度で受けるものなんだろう?」
週1?月1?自分が受けたい時?
美容鍼の効果を感じるためにはどのくらいの頻度で受ければ良いのかをご説明致します。

美容鍼を受ける頻度

美容鍼を受ける頻度は基本は週に1回となります。
週1回が基本と言われるとどうでしょうか?「なるほど」と思われる方もいれば、「意外と通わないといけないんだな」と思う方もいらっしゃるかと思います。
ここが、美容鍼と美容整形との大きな違いになります。美容鍼は美容整形とは違い1回で劇的な変化をもたらす施術ではないため、継続することが大切になります。
そのために、基本的にはどこの鍼灸院でもまずは最初の1ヶ月ほどは週1回を提案されることになりますが、鍼灸院によっては週2回を勧められることもあります。

何を改善したいか?美容鍼での目的によっても変わる

美容鍼を受けたいという方はやはり何かしらを改善したいから受けるわけですが、「何を」改善したいか?でも頻度は変わってきます。
当院では美容鍼でお悩みを改善するための頻度は以下のように考えております。

たるみ、リフトアップ

フェイスラインなどのたるみに対しては週1回を基本とします。フェイスラインや頭部などに鍼を打つことによって弛んだ筋肉を引き締めていきます。

シワ、法令線

しわや法令線に沿って鍼を刺していきますが、頻度としては週1回を基本として行います。シワや法令線は浅いものから深いものまであり、浅いものであれば比較的直ぐに効果を実感できますが、深くなってしまったシワや法令線は美容鍼ではなかなか難しい部分があります。また、美容整形と違い完全に消し去ることはできません。

シミ

シミに対してはシミの部分に対して鍼を打っていきます。週1回ほどの頻度で鍼を打ち肌のターンオーバーを促し、さらに体の治療をすることで体の内側からシミを作り出している原因を改善させていきます。
また、浮いて見えるものは浅い位置にあるシミ、沈んで見えるものは深い位置にあるシミになりますが、一般的にシミの治療は浅い位置にあるシミに対しては有効ではありますが、深い位置のシミは難しくなります。
簡単な見分け方としては黒っぽかったり、焦げ茶色が浅い位置にあるシミになり、青みがかっている場合は深い位置のシミになります。

にきび

にきびに対してはにきび自体に対しての鍼治療も大事ですが、それ以上ににきびの原因を作り出している体の治療が大切になります。そのため、頻度としては週1〜2回が理想となります。
当院ではにきびの治療は美容鍼としてではなく、一般治療の料金で行っております。
※ちょっとしたにきびの場合は美容鍼での料金となります。

まとめ

美容鍼は1度で効果を発揮するものではなく、継続することで効果を感じることができる美容法になります。
そのため、最初は週1回からスタートし、その後月に2回、または月に1回の肌のメンテナンスとして利用していただければと思います。
また、美容鍼の効果を長続きさせるためには生活習慣の乱れ、ストレスを溜めないことが重要になります。

Share

関連記事

情報過多で起きるコロナ疲れ。外出は控えるべき?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今テレビやネットでは「コロナ疲れ」というキーワードが話題になっていますが、ご存知でしょうか?本日はこのコロナ疲れに関する内容になります。 コンテンツ1 情報過多が原因?コロナ疲れと[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例2 弁証および治療について3 考察 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例 2018年12月来院。 12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。 2日後の9日の夕[…]

[» 続きを見る]

靴はお脱ぎください

移転してから今日で1週間が経ちましたが、ここで当院からのお願いがあります。 当院は土足禁止となっております。 フロアと土間は段差こそありませんがしっかりと変えてあるため、こちらでスリッパに履き替えるようにお願い致します。[…]

[» 続きを見る]

少食で健康になる

皆さんは1日にどのぐらいの食事を摂っていますか? 食べ過ぎてしまうことはありませんか? ついつい食べ過ぎてしまうことは誰にでもあると思いますが、毎日・毎食お腹一杯になるまで食べてしまうのはやはり身体にとっては良くありませ[…]

[» 続きを見る]