冬になると悪化する生理痛。冷えと生理痛の関係とは?

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

全国的に寒暖差の激しい2019年の冬ですが、体調を崩してはいないでしょうか?
今回は「冬になると悪化する生理痛」についてのお話です。

理想的な生理の状態は痛みがないこと。ですが、多くの女性が生理時には下腹部や腰などに痛みを訴えることになります。そして、中には冬になると生理痛が悪化するという方もいらっしゃいます。痛み止めの薬を服用してしまいがちですが、薬に頼る前に原因と対策を知ったうえでまずはセルフケアから始めてみましょう。

冷えと生理痛の関係とは?

冷えと生理痛の関係は非常に単純ではありますが、冷えにより子宮内の血流が悪くなることにより痛みが出やすくなります。
ではなぜ血流が悪くなると痛みが出るのかというと、冷えにより血流が悪くなることでブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリンなどの発痛物質(痛みを伝達する物質)が産生されることで痛みを感じてしまいます。この発痛物質はぶつけたり、叩かれたりという刺激が加わることにより発生するものですが、冷えることにより血流が悪くな立った際にも発生することが分かっています。そして、この中でもブラジキニンは最強の発痛物質と言われています。
痛み止めで有名なロキソニンはこのプロスタグランジンの合成を抑える薬になります。

冷えによる生理痛を改善するには?

答えはぼぼ出ていますが、血流を改善することが大切なことになります。
適度な運動としてストレッチ、ウォーキング、ヨガなどを行い血流を良くするよう心がけましょう。
痛みがある時にするのではなく、日常的に行いましょう。

入浴時に湯船につかってますか?

当院では問診の際に様々なことをお聞きしていますが、入浴についてもお聞きしています。
その中で気になるのが、一人暮らしの方だけではなく家族がいても自宅では季節関係なく毎日シャワーで済ませている方が意外にも多いということです。確かにシャワーの方が節約はできますが冬場ではシャワーでは体は温まりません。
そのため、冬場になると生理痛雨が酷くなる方はしっかりと湯船に浸かり体を温めるようにしましょう。

運動以外にできる冷え対策

お灸

薬局やネトで簡単に購入できる千年灸を使用して、三院交や血海、関元などにお灸をしましょう。火傷にはご注意ください。また、火が怖いという方は日を使わないお灸もありますが、少々高くなります。

ホッカイロ

最も手軽に体を温めることができるホッカイロですが、腰に貼るか?下腹部に貼るか?で迷うかもしれませんが、より体が温まるのは下腹部になります。

食事

人の体は毎日食べるものでできています。冷たいものや甘いものなどは体を冷やすために取りすぎは良くありません。
根菜類や生姜(乾燥したもので生はNG)、シナモン、ココアなどを毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

Share

関連記事

花粉症の薬が保険適用外に!?その背景にある3つの理由について

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 毎年花粉症に悩まされている方は非常に多いですが、花粉症の薬が保険適用外になる可能性があることはご存じでしょうか? 保険適用外になってしまった場合は耳鼻科や内科を受診した際は自費となってしまいます[…]

[» 続きを見る]

不眠症の症例

不眠症を訴える方は以外にも多く、寝つきが悪い、中途覚醒、早朝覚醒などあるが、鍼灸治療では割と簡単に改善するケースが多いことはあまり知られてはいないかもしれない。 ただし、日勤や夜勤などがあり生活習慣が不規則な場合は簡単に[…]

[» 続きを見る]

身体は嘘をつかない

美容鍼でお越しの女性。 数年前に胃ガンが発見され、胃を全摘出。 お悩みはたるみ、手足の冷えがキツイ、寝つきが悪く、熟睡感がない。 井穴診という指先にあるツボで胃と関係のある厲兌(れいだ)に顕著な圧痛あり。 その他、背中の[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症の方に見られる共通の原因

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日は当院でも患者数が多い円形脱毛症についてのお話です。 円形脱毛症の患者さんの数が多く、色々な方の体を診てきてある「共通点」があることに気がついたので、この共通点についてのお話に[…]

[» 続きを見る]

花粉症対策

今日から本格的に春の兆しになるため、花粉症の方にとっては辛い日常の始まりかもしれません。 春は木々が芽吹き、生長する季節でもあるため、人の身体の中でも同じようなことが起こり、気温の上昇とともにエネルギー(気)が上昇しやす[…]

[» 続きを見る]