うつ病の治療期間ってどのくらい?

うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの?

ご自身や家族がうつ病になってしまうと「治療期間はどのくらいかかるのか?」ということは非常に気になる部分でもあると思います。治療が長引くことによって家族、会社にも迷惑が掛かってしまう・・・生活も困るなどいろいろと考えてしまいますが、一般的にはうつ病の治療治療期間は早い方で3~6か月、長い方で半年~1年ほど、さらにかかる方では数年必要となるケースも出てくることがあります。
治療期間はやはり個人差があるため、どのくらいで良くなるかというのは一概には言えません。これはうつ病だけの問題ではなく、どんな病気・怪我であっても同じことが言えます。
また、うつ病は一旦症状が治まったとしてもちょっとしたことがきっかけで再発してしまうこともあるため、慎重に治療をしていいかなければならない部分もあるため、治療期間はそれなりにかかるケースが多くなります。

うつ病の治療が長期にわたる理由

うつ病の治療が長期にわたってしまう原因の多くは「うつ病になった原因が取り除けていないこと」であるケースが多くなります。
元々うつ病は過度のストレスにより発症してしまうため、うつ病の原因となったストレス源を取り除く必要があります。仕事が原因であれば部署を変えてもらう、会社がしっかりと対応してくれない場合は転職することも必要になってきます。
また、ご近所トラブルであれば引っ越しなどで環境を変えることも考える必要があります。

病院を変えれば治療期間は短くなるの?

治療がなかなかうまくいかない時に誰しもが考えることですが、病院を変えたからと言ってすぐに改善がみられるかというと必ずしもイコールではないと思います。
治療には確かに「治療者と患者との相性」のようなものもありますが、基本的にはうつ病の治療には時間が必要です。しかし、もし以下のような場合であれば病院を変えるのも一つの選択肢としてはいいかもしれません。
①話を聞いてくれない
②高圧的な態度をとられる
③症状が改善してきているが、なかなか減薬してくれない

うつ病治療で大切なこと

うつ病の治療で大切なことは「焦らないこと」です。
うつ病になることで自分の周りの人に迷惑をかけてしまうという気持ちから焦ってしまうかもしれませんが、まずはしっかりと治療をして元気になることを考えるようにしましょう。
そして、もう一つ大切なことは「うつ病は治る病気である」ということ信じて治療を受けるようにしてください。

Share

関連記事

へバーデン結節

おはようございます。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近朝から手がこわばったり、指が痛い、または何か指の関節が腫れている・・・ もしかして「リウマチ!?」 というお悩みの方はまずは病院で血液検査をしてみましょう。もし[…]

[» 続きを見る]

呼吸器の問題=肺ではない

呼吸や呼吸器系に問題が起きると「肺」に問題があると考えるのが普通でしょう。 しかし、東洋医学では呼吸器系の問題=肺の問題とは考えません。 確かに肺の問題であることは多々あるが、そこは東洋医学の不思議な部分でもあり、まった[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜を厚くし着床しやすくする方法

コンテンツ1 子宮内膜の厚さと不妊の関係とは?2 子宮内膜が厚くならない原因とは?2.1 ホルモンバランスの乱れ2.2 冷えによる血行障害3 子宮内膜を厚くするためのセルフケア 子宮内膜の厚さと不妊の関係とは? 不妊症の[…]

[» 続きを見る]

海外からの患者さん

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先月から海外からの患者さんが治療のために来院されていました。 海外からのというものの、日本人の方ですがね。海外の方と結婚されて今はとある国に住まれており、一時帰国中[…]

[» 続きを見る]