あなたはどのタイプ?冷え性のタイプとセルフケア

冷え性とはどんな状態?

冷え性とは自覚的、または他覚的に手足やお腹、お尻などに常に冷えを感じる状態のこと。比較的女性に冷え性を訴える方が多いですが、今では男性の中でも冷え性を感じていたり、自覚はないが実は冷え性であることも多々あります。
また、冷えは多くは冬場に感じるものですが、中には夏でも手足が冷たい、こたつに入っていても手が冷たいままという方もいらっしゃいます。

冷え性は運動不足、ストレスによる自律神経の乱れ、筋肉量の不足、基礎代謝が低いなどの原因で起きますが、女性が冷えを感じやすい理由の1つに男性よりも筋肉量が少ないことが挙げられます。

冷え性のタイプ

一言に冷え性の言っても実に様々なタイプがあります。まずは自身がどのタイプによる冷え性なのかをチェックしましょう。

手足末端型

最も多くみられる冷え性がこのタイプになり、いわゆる冷え性になります。運動不足やダイエット、基礎代謝が低いなどが原因で起きやすくなります。

内蔵型

「隠れ冷え性」と言われるタイプの冷え性になり、手足の冷えはそれほど感じないが、お腹が冷えてしまっているタイプになります。また、平熱が低い、疲れやすいなどが特徴となり、運動不足、ストレス、冷たいものの摂り過ぎなどが原因となります。

下半身型または冷えのぼせ型

手は温かいが下半身だけが冷えるタイプ。または下半身は冷えるが、上半身はのぼせたような感覚がするタイプ。
運動不足による下半身の筋力不足やのぼせを伴う場合は更年期による自律神経の乱れなども原因となります。

こんな手足の冷えは要注意!

冷え性の中でも少し注意しなければならないケースがあります。
指先の冷えとともに痺れやチクチクした感じ、さらには指が白や青紫色に変色してしまうという場合はただの冷え性ではありません。これは「レイノー病」という病気になります。

冷えを改善するためのセルフケア

運動をすること

全てのタイプの方に共通するセルフケアとなり、運動不足や筋力不足が原因で起きている場合は運動をし、筋肉を付けることで冷え性は改善します。特に運動習慣のない女性の場合は特に治療をすることなく、運動だけで改善することは多々あります。

冷たいものを摂り過ぎないこと

特に内蔵型冷え性でお腹の冷えが強い方の場合は特に注意しましょう。夏でもできるだけ常温のものを飲む習慣をつけることが大切です。

食事をしっかりと摂る

食事を摂ることによって体の中で熱が作られます。食後に体が温かくなるのはこのためになります。特に手足末端型のタイプや内蔵型の場合は温かいものを摂るようにしましょう。

足元を温める

「頭寒足熱」という言葉があるように人は頭が冷えており、足が温かい状態が良い状態になります。特に女性は冬場はスカートではなくパンツスタイルにし、できるだけ足元を冷やさない服装にすることが大切です。また、冷たい空気は下に溜まる性質があるため、やはり足元の冷え対策をすることは大切です。特に下半身型のタイプの方は重要です。

湯船にしっかりとつかる

意外と入浴をシャワーで済ませてしまう方は多いものです。シャワーでは体をしっかりと温めることができないために、毎日しっかりと湯船につかり、体を芯から温めるようにしましょう。

Share

関連記事

お腹に鍼を刺して肩こりが解消する理由

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 肩こりに対しての鍼灸治療といえば一般的には肩や首などにたくさんの鍼を刺すというイメージがあると思いますが、当院ではまずこのような治療は行ないません。 先日、忙しさなどもあり首筋[…]

[» 続きを見る]

肩こり、頭痛、むくみ、指先の痛みとしびれ 44歳 女性

主訴:肩こり、頭痛、むくみ、指先の痛みとしびれ 20年ほど前からの肩こりと、1年ほど前から両手の人差し指と中指の第1関節関節に痛みとしびれが出現し、その後指先が変形してきている。 母親も同じように指先の痛みとしびれがあり[…]

[» 続きを見る]

PMSは東洋医学ではどう考えるか?

コンテンツ1 東洋医学でのPMSの基本的な考え方2 なぜ色々な症状が出てくるのか?3 東洋医学的なPMSの体質 東洋医学でのPMSの基本的な考え方 PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。 家庭環境の問題や[…]

[» 続きを見る]

スマホ肘

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 皆さんは、携帯電話はガラケーですか?それともスマホですか? おそらく、大半の方がスマホを使用していることと思います。 スマホは非常に便利で小さなパソコンと言える物ですが、1[…]

[» 続きを見る]

本当に凄い鍼灸師とは?

本当に凄い鍼灸師ってどんな人でしょうか? きっと多くの方が 「どんな病気でも1回で治してしまう」または、どんな病気も治してしまう。 という鍼灸師を想像されると思いますが、これは間違いです。 なぜなら1回で治すことができな[…]

[» 続きを見る]