あなたはどのタイプ?冷え性のタイプとセルフケア

冷え性とはどんな状態?

冷え性とは自覚的、または他覚的に手足やお腹、お尻などに常に冷えを感じる状態のこと。比較的女性に冷え性を訴える方が多いですが、今では男性の中でも冷え性を感じていたり、自覚はないが実は冷え性であることも多々あります。
また、冷えは多くは冬場に感じるものですが、中には夏でも手足が冷たい、こたつに入っていても手が冷たいままという方もいらっしゃいます。

冷え性は運動不足、ストレスによる自律神経の乱れ、筋肉量の不足、基礎代謝が低いなどの原因で起きますが、女性が冷えを感じやすい理由の1つに男性よりも筋肉量が少ないことが挙げられます。

冷え性のタイプ

一言に冷え性の言っても実に様々なタイプがあります。まずは自身がどのタイプによる冷え性なのかをチェックしましょう。

手足末端型

最も多くみられる冷え性がこのタイプになり、いわゆる冷え性になります。運動不足やダイエット、基礎代謝が低いなどが原因で起きやすくなります。

内蔵型

「隠れ冷え性」と言われるタイプの冷え性になり、手足の冷えはそれほど感じないが、お腹が冷えてしまっているタイプになります。また、平熱が低い、疲れやすいなどが特徴となり、運動不足、ストレス、冷たいものの摂り過ぎなどが原因となります。

下半身型または冷えのぼせ型

手は温かいが下半身だけが冷えるタイプ。または下半身は冷えるが、上半身はのぼせたような感覚がするタイプ。
運動不足による下半身の筋力不足やのぼせを伴う場合は更年期による自律神経の乱れなども原因となります。

こんな手足の冷えは要注意!

冷え性の中でも少し注意しなければならないケースがあります。
指先の冷えとともに痺れやチクチクした感じ、さらには指が白や青紫色に変色してしまうという場合はただの冷え性ではありません。これは「レイノー病」という病気になります。

冷えを改善するためのセルフケア

運動をすること

全てのタイプの方に共通するセルフケアとなり、運動不足や筋力不足が原因で起きている場合は運動をし、筋肉を付けることで冷え性は改善します。特に運動習慣のない女性の場合は特に治療をすることなく、運動だけで改善することは多々あります。

冷たいものを摂り過ぎないこと

特に内蔵型冷え性でお腹の冷えが強い方の場合は特に注意しましょう。夏でもできるだけ常温のものを飲む習慣をつけることが大切です。

食事をしっかりと摂る

食事を摂ることによって体の中で熱が作られます。食後に体が温かくなるのはこのためになります。特に手足末端型のタイプや内蔵型の場合は温かいものを摂るようにしましょう。

足元を温める

「頭寒足熱」という言葉があるように人は頭が冷えており、足が温かい状態が良い状態になります。特に女性は冬場はスカートではなくパンツスタイルにし、できるだけ足元を冷やさない服装にすることが大切です。また、冷たい空気は下に溜まる性質があるため、やはり足元の冷え対策をすることは大切です。特に下半身型のタイプの方は重要です。

湯船にしっかりとつかる

意外と入浴をシャワーで済ませてしまう方は多いものです。シャワーでは体をしっかりと温めることができないために、毎日しっかりと湯船につかり、体を芯から温めるようにしましょう。

Share

関連記事

異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。 ・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。 ・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。 […]

[» 続きを見る]

高温期が短い理由は黄体機能不全かも【治療法やセルフケアについて】

あなたの基礎体温は高温期が14日続いていますか?または高温期にも関わらず低温期の体温までガクッと下がることはありませんか? こういった基礎体温は少し問題があり、不妊の原因となっている可能性があります。 一体どのような問題[…]

[» 続きを見る]

月経前後の体調の変化

非常に個人差がありますが、女性は月経前後で体調に変化があります。 主な変化は月経前になると ・イライラする ・気分が落ち込む ・攻撃的な性格になる ・お腹が張る ・胸が張る ・便秘または下痢になる ・過食 ・頭がぼーっと[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

なかなか妊娠できないから婦人科を受診すると子宮内膜が薄いことを指摘され、どうやったら改善できるか知りたい方へ。 受精卵が着床するためには子宮内膜は一定の厚さが必要になるため、内膜が十分な厚さみがなければ不妊の原因となって[…]

[» 続きを見る]