多くの日本人を悩ませる肩こり。
肩こりは恐らく日本人の大半が日常的に感じている不快な症状です。
頭部から肩、背中にかけての硬くなった感じ・重だるい・張り感・痛みなど症状は多岐に渡ります。
感じ方には個人差があって、本人は感じていなくともとても凝って堅くなっていることもあります。患者様に心当たりを問うと、「デスクワークやパソコンが原因」と答える方がとても多く、「パソコンの普及と共に益々増えた」病状ではないかと思います。
どのような時に肩がこるかを自覚している人もいれば、よくわからないが、いつのまにか肩に力が入ってしまいこってしまうという人もいます。

肩こりの原因

・姿勢
同じ姿勢を取り続ける事によって筋肉の動きが低下し、血流の低下で様々な筋肉に負担が生じます。
それが日々繰り返されると、緊張が慢性的になり肩こりとなります。
首を前に付きだした姿勢や猫背、ディスプレイに対し身体を斜めにして作業をしたり、身体をひねる、足を組むのもNG。
イスと机の高さのバランスも大事で、仕事の合間合間のストレッチや歩き回る事も必要です。

・精神的な緊張
仕事での緊張によるストレス、パソコンなどから来るOAストレス、大きな仕事、新しい事へのチャレンジ、苦手な人との会話、精神的なストレスにより、体を緊張させる神経系の働きが優位になり、気の流れも悪くなります。
そうならない様、仕事のオンオフの切り替えや日頃のストレス解消がとても大事になります。

・目の疲労
パソコン作業は10年前とくらべても圧倒的に増えました。
昔はテレビを1時間見たら休憩しなさいと言われていたと思いますが、今ではパソコンでもっと細かい文字を一日中見続けなくてはいけない仕事も増えています。
当然目の血流が悪くなり、目の不快感により肩こりが頻発します。
自律神経の乱れも引き起こして視力低下も招き、身体にとって更にそれがストレスとなって血流を悪化させます。

・冷え
寒いと体に力が入り筋肉も固くなります。毛穴を閉じて熱の放散を防ぐ作用もあります。

・筋力不足
痩せ型の女性に比較的見られるのが首・肩の筋力不足により頭部を支えることができないために肩がこっていると感じているケース。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------