子供は欲しいと言う夫が婦人科で精液検査を受けない理由

夫が婦人科で精液検査を受けない理由

本日は子供は欲しいと言うが夫がなかなか婦人科で精液検査を受けない理由を男の私が解説していきたいと思います。
こういった状況の方は実は結構いらっしゃると言うのが私の印象です。この状況はなかなか子供ができない場合にはやはり奥さんとしては何とかしたいと言う気持ちがありますが、なかなか協力してくれないと夫婦仲にも悪影響が出てしまいますし、不妊治療にも影響が出てきてしまいます。
そのため、まずは奥さん側にも夫(男)がどのような考え方を持っているのかを男の私が解説して行きます。

自分の精子は問題ないと思っている

これは最も単純な理由ではないかと思っています。自分の身体は健康診断でも特に問題ないといわれているし、体調不良ということもないから、精子だって元気だと考えているために「受ける必要がない」と考えています。
若い方の場合は特にこのような考え方は持ちやすいですが、中には40代の方でもこのような考え方を持たれている方もいらっしゃいます。

不妊=妻(女性)側の問題だと考えている

子供を身ごもるのは男ではなく、女性になるため不妊=女性側の問題と考えているケースです。この考え方は昔の日本では実際にあったようで、子供ができないのは妻側の問題という古い考え方を持ってしまっています。もしくは姑さんがそのようなことをいっている可能性もあります。

男が婦人科を受診するのが恥ずかしい

婦人科というぐらいですから女性が受診する診療科になるため、そこへ男の自分が行くことが恥ずかしいという考えを持っているケースです。また、もし知り合いの女性にあった場合に「どうしよう?」という思いもあるかもしれません。

自分に問題があったらどうしようと考えている

精液検査を受けた結果、自分に問題があることが分かった場合にショックを受けるのが恐いために婦人科を受診するのをためらっているケースです。男は意外と打たれ弱い部分があります。

治療をしてまで子供が欲しいと思っていない

これが1番大変なパターンです。
子供は欲しいと言うが、それはあくまでも自然妊娠で授かった場合であり本格的な不妊治療である体外受精や顕微受精となるととてもお金がかかるため、治療を受けてまで子供が欲しいという考えを持っていない方も少数ではありますが実際にいらっしゃいます。

精液検査を受けてもらうためにはどうするか?

まずは世の中には子供がなかなか授からないという悩みを持っている夫婦はたくさんおり、自分達だけではないということも知ってもらうようにしましょう。
また、WHO(世界保健機構)による不妊症の定義が「避妊をしない性行為を1年続けても妊娠しない場合」であることを伝え、不妊の原因の約半分は男性側にあり、卵子にも寿命があるように精子にも寿命があることを理解してもらう必要があります。
それでも婦人科を受診することに抵抗がある場合は、「病院に行かなくても精液検査は受けられる」ということを伝えてみてはいかがでしょうか?夫(男)側からすると一気にハードルは下がります。自宅で精液を取り病院へ持って行くのが1番ではありますが、今やスマホでも簡易的な検査が可能なようです。

Share

関連記事

風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。 そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。 症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。 脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で[…]

[» 続きを見る]

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の浮腫み(むくみ)治療

妊娠による浮腫みは多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つになります。 浮腫みが酷くなると日常生活にも影響があり、立っているのも辛い状況になってきます。 35歳女性 初産 逆子の治療で来院されるが、足の浮腫みが酷く立ってい[…]

[» 続きを見る]

増える男性不妊の原因は精子の減少が原因か?

コンテンツ1 現代人の精子が減少傾向の理由とは?2 デスクワークも影響する3 精子の弱点とは?4 適度な排出も重要5 精子力をアップさせる方法6 まとめ 現代人の精子が減少傾向の理由とは? 海外のデータになりますが、現代[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関するお勧め書籍

東洋医学は鍼灸師になるためには必ず勉強しなければならない科目ですが、鍼灸師の中でも東洋医学に対して好き・嫌いが分かれています。 そのため、一般の方が東洋医学について勉強するのは非常に大変です。 でも、興味があるという方に[…]

[» 続きを見る]