子供は欲しいと言う夫が婦人科で精液検査を受けない理由

夫が婦人科で精液検査を受けない理由

本日は子供は欲しいと言うが夫がなかなか婦人科で精液検査を受けない理由を男の私が解説していきたいと思います。
こういった状況の方は実は結構いらっしゃると言うのが私の印象です。この状況はなかなか子供ができない場合にはやはり奥さんとしては何とかしたいと言う気持ちがありますが、なかなか協力してくれないと夫婦仲にも悪影響が出てしまいますし、不妊治療にも影響が出てきてしまいます。
そのため、まずは奥さん側にも夫(男)がどのような考え方を持っているのかを男の私が解説して行きます。

自分の精子は問題ないと思っている

これは最も単純な理由ではないかと思っています。自分の身体は健康診断でも特に問題ないといわれているし、体調不良ということもないから、精子だって元気だと考えているために「受ける必要がない」と考えています。
若い方の場合は特にこのような考え方は持ちやすいですが、中には40代の方でもこのような考え方を持たれている方もいらっしゃいます。

不妊=妻(女性)側の問題だと考えている

子供を身ごもるのは男ではなく、女性になるため不妊=女性側の問題と考えているケースです。この考え方は昔の日本では実際にあったようで、子供ができないのは妻側の問題という古い考え方を持ってしまっています。もしくは姑さんがそのようなことをいっている可能性もあります。

男が婦人科を受診するのが恥ずかしい

婦人科というぐらいですから女性が受診する診療科になるため、そこへ男の自分が行くことが恥ずかしいという考えを持っているケースです。また、もし知り合いの女性にあった場合に「どうしよう?」という思いもあるかもしれません。

自分に問題があったらどうしようと考えている

精液検査を受けた結果、自分に問題があることが分かった場合にショックを受けるのが恐いために婦人科を受診するのをためらっているケースです。男は意外と打たれ弱い部分があります。

治療をしてまで子供が欲しいと思っていない

これが1番大変なパターンです。
子供は欲しいと言うが、それはあくまでも自然妊娠で授かった場合であり本格的な不妊治療である体外受精や顕微受精となるととてもお金がかかるため、治療を受けてまで子供が欲しいという考えを持っていない方も少数ではありますが実際にいらっしゃいます。

精液検査を受けてもらうためにはどうするか?

まずは世の中には子供がなかなか授からないという悩みを持っている夫婦はたくさんおり、自分達だけではないということも知ってもらうようにしましょう。
また、WHO(世界保健機構)による不妊症の定義が「避妊をしない性行為を1年続けても妊娠しない場合」であることを伝え、不妊の原因の約半分は男性側にあり、卵子にも寿命があるように精子にも寿命があることを理解してもらう必要があります。
それでも婦人科を受診することに抵抗がある場合は、「病院に行かなくても精液検査は受けられる」ということを伝えてみてはいかがでしょうか?夫(男)側からすると一気にハードルは下がります。自宅で精液を取り病院へ持って行くのが1番ではありますが、今やスマホでも簡易的な検査が可能なようです。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

花粉症の薬が保険適用外に!?その背景にある3つの理由について

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 毎年花粉症に悩まされている方は非常に多いですが、花粉症の薬が保険適用外になる可能性があることはご存じでしょうか? 保険適用外になってしまった場合は耳鼻科や内科を受診した際は自費となってしまいます[…]

[» 続きを見る]

冷え性 50代 女性

数年前より夏場でも手足の冷えを自覚するようになり、現在では首もとの冷えもある。 その他、肩こりや頭痛あり。 頭痛は冬場に寒い場所にいると痛みが出てくる。 また、お風呂で湯船に浸かっていても身体が温まる感じがせず、のぼせや[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]

ごま油で花粉症対策

花粉症の方にはごま油を摂ることをお勧めしていますが、その理由はごま油に含まれる「αリノレン酸」。 このαリノレン酸にはアレルギーを抑制する作用や抗炎症作用があり、中でもお勧めなのが「えごま油」になります。 このえごま油を[…]

[» 続きを見る]

消化器系の不調からくる膝の痛み

数年前から膝の内側に痛みがあり、接骨院に通っているがなかなか良くならない。 階段を下りる時に痛みがある。 臍の少し上の下脘(げかん)に冷えあり。 下痢と軟便を繰り返し、病院では年齢的な腸の機能低下によるものなので治療法は[…]

[» 続きを見る]