ステロイド薬は「諸刃の剣」

ステロイド薬は「抗炎症作用」を持った薬になり、痒みや赤みをすばやく取り除くことができるすばらしい薬ではあります。
しかし、すばらしい効果を発揮する薬にはそれ相応のリスクも存在します。

ステロイドというのは本来腎臓にくっついている副腎という部分から副腎皮質ホルモンとして分泌されています。

しかし、薬により体内に取り込むことで、副腎はこのホルモンを分泌しにくい体質になり、結果的にステロイド薬の使用を中止することで皮膚の炎症が悪化する可能性もあります。

そのため、ステロイド薬は「諸刃の剣」とも言われることもあります。

Share

関連記事

手湿疹の治療終了!

以前から治療していた手湿疹の治療が終了しました。 仕事柄、水仕事をするためなかなかしつこかったですが継続治療と食生活の改善を行った結果です。 初回がこちら。(12月2日) 約1ヶ月後。 2月4日

続・湿疹治療

8月から湿疹でお越しの男性。 4ヶ月の継続治療により初回とは見違えるほど綺麗な状態になりました。 治療を始めてからステロイド剤は一切使用せず。 左が初回、右が昨日になります。

東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。 実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。 ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。 そ[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。 幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。 以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状[…]

[» 続きを見る]

38歳 女性 手湿疹による痒み

10代の頃から指に湿疹があり、皮膚科や市販の薬を使用しないと痒くて掻きむしってしまう。 掻き過ぎると、ジュクジュクした汁が出てくる。 元々、肉があまり好きではなく、一人暮らしをしている際はほとんど肉を食べていない。 血虚[…]

[» 続きを見る]