ステロイド薬は「諸刃の剣」

ステロイド薬は「抗炎症作用」を持った薬になり、痒みや赤みをすばやく取り除くことができるすばらしい薬ではあります。
しかし、すばらしい効果を発揮する薬にはそれ相応のリスクも存在します。

ステロイドというのは本来腎臓にくっついている副腎という部分から副腎皮質ホルモンとして分泌されています。

しかし、薬により体内に取り込むことで、副腎はこのホルモンを分泌しにくい体質になり、結果的にステロイド薬の使用を中止することで皮膚の炎症が悪化する可能性もあります。

そのため、ステロイド薬は「諸刃の剣」とも言われることもあります。

Share

関連記事

続・湿疹治療

8月から湿疹でお越しの男性。 4ヶ月の継続治療により初回とは見違えるほど綺麗な状態になりました。 治療を始めてからステロイド剤は一切使用せず。 左が初回、右が昨日になります。

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚疾患。 湿疹の状態は赤みがありジュクジュク、掻くと滲出液が出る、カサカサなど様々で年齢によっても変化してきます。(ジュクジュク⇒カサカサ) 原因は不明とされていますが[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎の方へのお勧め保湿剤

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、体質改善請負人こと長谷川です。 今日はアトピー性皮膚炎の方にお勧めする保湿剤をご紹介致します。 アトピーでお悩みの方の多くはステロイドや軟膏(ワセリン)などを使用されている方が多いと思います[…]

[» 続きを見る]

汗疹(あせも)による痒み

10年ほど前から下腹部にできた汗疹(あせも)の痒みでお悩みの50代男性。 初回は奥様に連れられての来院。 昔から湿疹ができやすい体質ではあったが、この10年ほどはまったく症状が変わらず痒みがひどく常に掻いている状態で、奥[…]

[» 続きを見る]

原因不明の皮膚疾患の経過報告

60代女性 原因不明の皮膚疾患。 7~8年前に靴擦れのようなものから傷に変わり、総合病院の皮膚科を受診するも原因は不明、病名も付いていない。※リベド血管炎にもにているが確定診断はされていない。 医師から皮膚の移植手術を勧[…]

[» 続きを見る]