低音障害型難聴に対する鍼灸治療の症例

37歳 女性 低音障害型難聴

低音型難聴

今年のGW明けの週末の昼休み中に会社でテレビを観ているとテレビから聞こえてくる音や周りの人の声が二重に聞こえるようになる。
数日後に近所の耳鼻科を受診し聴力検査を受けると低音障害型難聴と診断。アデホスコーワ、メコバラミン、カリジノゲナーゼ、イソソルビト内用液、フェキリフェナジン塩酸、カルボシスティン錠、プレドニンなどを2週間服用し、再度聴力検査を受けるがほとんど効果なし。
症状は左耳の聞こえにくさと、水が流れるような音がする。

体表観察、弁証、治療について

脈診:やや浮弦緊脈
舌診:やや淡白舌、薄白苔、舌裏怒張あり、舌尖~舌辺にかけて暗紅色
腹診:左肝相火に邪あり

弁証:肝鬱気滞、小腸経経気不利

治療は後谿、肝兪、胆兪、太衝穴から当日のツボの反応を診て1~2穴使用。
週1回のペースで治療していき、4回目の治療を終えた時点で再度耳鼻科にて聴力検査を行なうと、正常範囲にまで回復。やや電話の際に聞き取りづらさがあるため、さらに2週間治療を行う。

考察

今回の難聴の発症理由はストレスとなります。
会社にて嫌な先輩がおり、あまり仕事もできないことに対してのストレスに加えて、育児もしている中で夫が近場ではあるものの平日は単身赴任、土日のみ自宅に帰ってくるという生活習慣になっていました。そのため、育児ストレスも関係してきております。
ストレスにより気の流れが悪くなることにより、特に手の太陽小腸経という耳の周囲を通る経絡に異常が起きたことにより低音障害型難聴を発症することになりました。
そのため、治療は気の流れを良くするツボを使用することにより改善しました。

Share

関連記事

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。 そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。 東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣[…]

[» 続きを見る]

東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは 「一人ひとりの体質を考えること!」 東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。 しかし、病院で[…]

[» 続きを見る]

【悲報?】円形脱毛症におすすめのシャンプーは特にありません

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 世の中には「○○に良い」、「○○におすすめ」と謳っている商品はたくさんありますが、円形脱毛症や抜け毛で悩んでいる方にお勧めとされるシャンプーも販売されています。 しかし、実際にはこう[…]

[» 続きを見る]

妊娠おめでとうございます。

約1年にわたり不妊治療のために来院されていた30代の女性がこの度妊娠いたしました。 当初は自然妊娠を目標にしておりましたが、ガタつきのあった基礎体温は整ったものの、なかなか自然妊娠に至らなかったため、試しに人工授精を行う[…]

[» 続きを見る]

鍼灸と健康保険

今回は鍼灸治療と健康保険という業界のお話です。 まず鍼灸治療において健康保険が使用できるかどうかと言うことですが、答えは「Yes」です。 しかし、どこの鍼灸院でも健康保険が使用で知るかどうかと言うと答えは「No」になりま[…]

[» 続きを見る]