PMSに対する鍼灸治療の症例

38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状

PMSに対する鍼灸治療の症例

学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなかったが、就職してから徐々に生理前になると体の不調が出てくるようになる。
症状は生理予定日の1週間ほど前からイライラ、気分の落ち込み、涙もろくなる、胸の張り、下腹部の張り、過食、便秘、体のだるさ、頭がボーっとする、肩こり、頭痛などの症状が出てくる。これらの症状は生理が来るとなくなり、身体的にも精神的にもスッキリする。
25歳頃に婦人科を受診し、ピルを処方され1年ほど服用していたが、不正出血が起きるようになったため服用を中止する。以後は特別治療を受けていなかった。
28歳で第1子を出産後は生理前の諸症状や生理痛はかなり軽くなるが、30歳頃から出産前のように生理1週間ほど前になると身体的にも精神的にもきつくなってしまい、子供や夫に当たってしまう。

体表観察、弁証、治療について

舌診:やや紅舌で舌尖~舌辺にかけて紅斑あり。微黄苔、舌裏怒張あり左>右
脈診:沈弦細でやや弱脈
腹診:胃土、脾募、左肺先、肝相火右>左、命門に邪あり、臍周囲すべてに圧痛あり

弁証:肝鬱化火によるPMS(月経前症候群)

治療は週1回を基本として行なうが、症状が出てくる時期のみ週2回にし、合谷、太衝、百会などから適宜1~2穴を選んで使用する。
初回の治療後から身体が少し元気になった感じがあり。また、足の冷えも気にならなくなる。
治療を始めてから約3週間後に生理が来るが、生理前の症状はとても軽く、身体も精神面も非常に楽になる。以後からは治療は週1回としてを継続して行なうが、調子はとてもよく過ごすことができるようになったため16診で治療を終了。

考察

PMSの発症の引き金となったのは就職によるストレスとなります。
ストレスにより肝気の流れが悪くなり肝鬱気滞証となり、のちに肝鬱化火証になることでPMSを発症しました。しかし、出産することにより今まで身体に溜まっていた邪気(熱邪)が体外に排出されたことにより産後は一時的ではありますが症状が軽減しました。しかし、育児ストレスにより再度同じ状況となったために再発したと考えます。
治療は清肝瀉火を目的として合谷、太衝、百会などで治療を行っていきました。

Share

関連記事

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

ストレスの秘密

ストレスは万病の元などということもあり、ストレスで体調を崩す方は現代ではかなり多いかと思います。 しかし、「ストレスがあった方が良い」と言い切る方がいます。 その人物がスタンフォード大学 健康心理学者 ケリー・マクゴニガ[…]

[» 続きを見る]

更年期障害 56歳 女性

主訴:更年期障害によるさまざまな症状・肩こり・腰痛 2年ほど前から更年期障害とみられるさまざまな症状が現れ、症状は疲れやすさ・倦怠感・手足の冷え・お腹の張り・むくみ・抑うつ感・体が重だるい・胃もたれしやすい・胃痛・頭痛・[…]

[» 続きを見る]

基礎体温の2段階上昇

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠希望の方の多くは基礎体温表をつけていらっしゃるかと思いますが、この基礎体温にある変化が起きると妊娠している可能性が高くなることがあります。 それが、基礎体温の2段階での上昇になり[…]

[» 続きを見る]

生理痛 40代 女性

生理初日に毎回下腹部に刺すような痛みと頭痛があるため、ナロンエースまたはロキソニンを服用しており、周期的に本日あたりに生理が来そうで下腹部が張っており、左肩にも痛みがある。 気滞として1寸3番鍼で左合谷に1本。 15分後[…]

[» 続きを見る]