PMSに対する鍼灸治療の症例

38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状

PMSに対する鍼灸治療の症例

学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなかったが、就職してから徐々に生理前になると体の不調が出てくるようになる。
症状は生理予定日の1週間ほど前からイライラ、気分の落ち込み、涙もろくなる、胸の張り、下腹部の張り、過食、便秘、体のだるさ、頭がボーっとする、肩こり、頭痛などの症状が出てくる。これらの症状は生理が来るとなくなり、身体的にも精神的にもスッキリする。
25歳頃に婦人科を受診し、ピルを処方され1年ほど服用していたが、不正出血が起きるようになったため服用を中止する。以後は特別治療を受けていなかった。
28歳で第1子を出産後は生理前の諸症状や生理痛はかなり軽くなるが、30歳頃から出産前のように生理1週間ほど前になると身体的にも精神的にもきつくなってしまい、子供や夫に当たってしまう。

体表観察、弁証、治療について

舌診:やや紅舌で舌尖~舌辺にかけて紅斑あり。微黄苔、舌裏怒張あり左>右
脈診:沈弦細でやや弱脈
腹診:胃土、脾募、左肺先、肝相火右>左、命門に邪あり、臍周囲すべてに圧痛あり

弁証:肝鬱化火によるPMS(月経前症候群)

治療は週1回を基本として行なうが、症状が出てくる時期のみ週2回にし、合谷、太衝、百会などから適宜1~2穴を選んで使用する。
初回の治療後から身体が少し元気になった感じがあり。また、足の冷えも気にならなくなる。
治療を始めてから約3週間後に生理が来るが、生理前の症状はとても軽く、身体も精神面も非常に楽になる。以後からは治療は週1回としてを継続して行なうが、調子はとてもよく過ごすことができるようになったため16診で治療を終了。

考察

PMSの発症の引き金となったのは就職によるストレスとなります。
ストレスにより肝気の流れが悪くなり肝鬱気滞証となり、のちに肝鬱化火証になることでPMSを発症しました。しかし、出産することにより今まで身体に溜まっていた邪気(熱邪)が体外に排出されたことにより産後は一時的ではありますが症状が軽減しました。しかし、育児ストレスにより再度同じ状況となったために再発したと考えます。
治療は清肝瀉火を目的として合谷、太衝、百会などで治療を行っていきました。

Share

関連記事

内装工事~床ができました~

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今朝は朝から新店舗で使用するベッドやタオルの購入をしに大曽根まで行ってまいりました。 さて、そんなことよりも新店舗の内装工事ですが、昨日の夕方には床が出来ておりまし[…]

[» 続きを見る]

10代からの手湿疹

昨年より皮膚疾患を多く診る機会がありますが、今回も中々の改善具合なのでご紹介します。 治療前がこちら。 ちょっと見辛いですが、水泡ができており、黄色くなっております。 治療してから7時間ほど経ち、患者さんから写真が送られ[…]

[» 続きを見る]

診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。 なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがある[…]

[» 続きを見る]

治療中に眠くなる

治療の際は鍼を刺したら一定時間(10分~30分)そのままにするが、この際にベッドから寝息やイビキが聞こえてくる。 元々、眠たいこともあるかもしれないが、患者さんの中には「眠くなった」と言われる方も少なくない。 また、治療[…]

[» 続きを見る]

「歩く」と「辛い」に秘められた意味

「少し」「止まる」と書いて「歩く」。着実に前に進んでいます。 「辛い」という漢字は「幸せ」になる途中。 ====================================================== 昨日の[…]

[» 続きを見る]