アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚疾患。
湿疹の状態は赤みがありジュクジュク、掻くと滲出液が出る、カサカサなど様々で年齢によっても変化してきます。(ジュクジュク⇒カサカサ)
原因は不明とされていますが、花粉症や喘息、食物アレルギーなどのアレルギー体質の方に多く見られる特徴があり、比較的幼少期の頃から発症することが多くなります。

また、元々皮膚が乾燥しやすい体質であることが多く、皮膚のバリア機能の低下により起きるとも考えられています。

その他、アトピー性皮膚炎の原因となりえるのはストレス、大気汚染、異常な気候変化、食生活、添加物を含む食品、薬、肌に合わない化粧品などがあります。

多くは冬から春にかけて悪化しやすい。

治療においてはステロイド薬を使用することが多いですが、使いすぎは厳禁。

アレルギー疾患になるため、アレルゲンの除去や食生活の改善も非常に重要になってきます。
アトピー性皮膚炎は鍼灸治療では比較的多く見られる疾患になります。
治癒までにはやはり時間がかかりますが、しっかりと治療を続けていけば徐々に良くなっていきますのでお悩みの方はご相談下さい。

鍼灸治療で「脱ステロイド」を目指しましょう!

Share

関連記事

怪病多痰

怪病多痰。 東洋医学にはこのような考え方があります。 これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。 では痰とは何なのか? 痰というのは体の中に溜まった水分に[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症のセルフケアと注意すべきこと

コンテンツ1 つまようじを使った円形脱毛症のセルフケア1.1 梅花鍼はネットで購入可能1.2 梅花鍼を使う際の注意点2 その他の一般的なセルフケア2.1 ウイッグを使用して人目が気にならないようにする2.2 ストレス発散[…]

[» 続きを見る]

鍼灸師になるには

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 本日より新治療院にてインターネットと電話が利用でいるようになりました。 インターネットが利用できないと今の時代ものすごく不便であることを実感した2週間でした。 本日は鍼灸師にな[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。 そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。 東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣[…]

[» 続きを見る]

脈診での妊娠判定

不妊治療をしていると、今回は妊娠しているかどうかということは気になるところだと思います。 妊娠しているかどうかを調べるためには市販の妊娠検査薬を行なうことで結果を知ることができるため、多くの方が行なっているかと思います。[…]

[» 続きを見る]