生理は来るが排卵がない無排卵月経について

無排卵月経とはどんな病気?

女性にとって意外な盲点となってしまうのが、無排卵月経になります。無排卵月経とはその名のとおり、生理は毎月来ているが排卵が起きていない状態になります。
この無排卵月経は生理は毎月来るために女性にとっては気付きにくい疾患になり、結婚して子供を作ろうと思い基礎体温を付けてみると体温が常に一定で2層に分かれていないことで始めて気がつく方が多くいます。
排卵が起きていないということは妊娠できないということになりますので、不妊の原因にもなる婦人科疾患になります。また、無排卵月経は生理は来るため、無月経とは違う疾患になります。

無排卵月経の原因は?

排卵は脳の視床下部→下垂体→卵巣という順番でホルモンの分泌が行なわれることにより起こりますが、このどこかに異常が起きることにより排卵が起こらなくなってしまいます。このホルモンバランスの乱れを引き起こす原因はやはりストレスとなります。
また、多嚢胞卵巣症候群(PCOS)でも無排卵月経が起きることもあります。

無排卵月経は放置するとどうなるか?

無排卵月経を放置してしまうと排卵が起きていないためにまず妊娠することはできません。また、気がつかずに放置してしてしまった場合は妊娠する力が弱まってしまうために妊娠し辛い身体となってしまいます。最も良いのは基礎体温をしっかりと付けることになりますが、妊娠を希望されていない方の場合はなかなか難しいと思います。そのため、無排卵月経かどうかを判断する1つの指標となるのが生理周期となります。生理が毎月28~35日以内に来ていればそれほど心配する必要はないかと思いますが、毎月35日以上かかる場合はまずは婦人科で検査をすることをお勧めします。

鍼灸治療で無排卵月経は改善できる?

無排卵月経は鍼灸治療でも改善は可能となりますが、やはりかなり時間が駆ると考えていただいた方が良いでしょう。特に無排卵月経は「いつから無排卵なのか?」が分かりづらい疾患にもなるために、体質を変えるための時間はそれなりにかかってくるかと思います。特に視床下部や下垂体からのホルモン分泌が原因となっている場合には時間がかかるとお考え下さい。

東洋医学で考える無排卵月経

無排卵月経の原因は東洋医学の面から体を診ていくと様々になります。特に東洋医学では体質を考慮して治療を行っていくために、無排卵以外にどのような症状があるかで体質を決めていきます。

【肝鬱気滞】
ストレスや運動不足により気の流れが悪くなっていることが原因で排卵が起こらなくなってしまう体質。
イライラしやすい性格、神経質な性格、生理前に身体的、精神的な体調不良が起きやすく、生理痛あり。

【瘀血】
ストレス、運動不足、冷えなどにより血液の流れが悪くなっていることで排卵が起こらなくなってしまう体質。
内出血しやすい、月経血が赤紫色や赤黒い、血の塊が出るなど。

【腎虚】
過労や加齢などにより生殖機能と関係のある腎の力が弱ることにより排卵が起こらなくなってしまう体質。
疲れやすい、足腰がだるい、トイレが近くなった、夜間尿などあり。

セルフケア

無排卵月経のセルケアはストレスをいかに溜めないかということと、どれだけ規則正しい生活ができるかがポイントとなります。
適度な運動をする、アロマや入浴でリラックスする、睡眠時間をしっかりと取るなど基本的なことをしていく必要があります。また、妊娠を希望する方で視床下部や下垂体などからのホルモン分泌に問題がある場合ではセルフケアだけではなく、しっかりと治療をしていく必要があります。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

高温期が短い理由は黄体機能不全かも【治療法やセルフケアについて】

あなたの基礎体温は高温期が14日続いていますか?または高温期にも関わらず低温期の体温までガクッと下がることはありませんか? こういった基礎体温は少し問題があり、不妊の原因となっている可能性があります。 一体どのような問題[…]

[» 続きを見る]

本日より新店舗の内装工事スタート!

本日より新店舗の内装工事がスタートします! 現状は「スケルトン」と言い鉄骨むき出しで全く何もない状態です。しかも、床のコンクリートさえもないというから困ったものです。。。 さらに以前は雀荘だったためか、南側と西側の壁も塞[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 円形脱毛症に対する鍼灸治療の症例1.1 54歳女性 多発型脱毛症1.2 33歳男性 全頭型脱毛症1.3 40代男性 多発型の円形脱毛症1.4 30代女性 甲状腺機能低下症による円形脱毛症1.5 40歳男性 […]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎治癒

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの男性。 28歳頃に風邪を引き、顔に痛みが出たため耳鼻科を受診すると副鼻腔炎と診断。 膿は服薬により出なくなるが鼻づまりが酷く、常に鼻が詰まっており、風邪を引くたびに副鼻腔炎を発症してしまう[…]

[» 続きを見る]

筋トレでうつ病予防

年々増え続けるうつ病の患者数ですが、平成23年では約95万人だったのが、平成26年には110万人に増加しています。 まず始めにうつ病は時間がかかることが多いですが、しっかりと治療をすれば治る病気です。 しかし、もっと大切[…]

[» 続きを見る]