梅雨の時期にめまいや頭痛が起きるのはなぜ?

こんにちは。名古屋の鍼灸師、長谷川です。

本日は意外と多く診られる梅雨の時期や雨の日にめまいや頭痛が起きるのはなぜか?という部分のお話を東洋医学の面からご説明していこうと思います。

梅雨の時期にめまいや頭痛が起きる理由とは?

まず、現代医学の観点から簡単にお話をすると、雨や雨の時にめまいや頭痛が起きるのは「気圧の変動」が関係しているとされています。このように気圧の変化によってめまいや頭痛、抑うつ感などが出てくることを「気象病」とも言います。

天気が悪い時は気圧が低くなります。気圧が低くなると自律神経のうち交感神経が影響を受けることによりストレス反応が起こり、交感神経が優位な状態になります。そのために、気象病が起きることになります。

また、少し別の観点からも考えて見ましょう。気圧が低い状態というのは上空にいるような状態とも言えます。上空にいるとお菓子の袋やペットボトルなどは通常よりも膨張しますが、体内でもこのようなことが起きるために脳が膨張しているような状態になるために起きるのではないか?とも考えられます。

東洋医学ではどのように考えるか?

東洋医学では梅雨や雨の日に起きる体の不調は「脾虚」または「湿邪」の影響を考えますが、ポイントとなるのは雨や湿気が体に影響を及ぼすと言うことになります。

脾虚の場合

脾虚とは胃腸のことを指しますが、脾の働きの1つに「水分代謝」があります。脾の状態が正常であれば体の水分をうまく循環させることができますが、この部分が弱ってしまうと、うまく体の水分を循環させることが出来ない状態になります。
その状態の時に体の外から雨により湿気が加わることによりさらに水分代謝が悪くなります。そのために頭痛やめまいなどが起きてしまいます。
脾虚の場合は歯痕舌という舌の縁に歯型が付いています。

湿邪の場合

元々の体質として体の中に湿邪という水分の塊を溜め込んでしまっている状態になりますが、雨による湿気でさらに酷い状態になることによりめまいや頭痛が起きてしまいます。
湿邪の場合は舌に白い苔がベッタリと付いています。

鍼灸治療ではどのように治療をするか?

脾虚の場合は脾を丈夫にするために、胃腸と関連のあるツボの中から弱っているツボに対して鍼やお灸をしていきます。
湿邪の場合は湿邪を取るツボの中から最も反応が出ているツボに対して鍼を打っていきます。
脾虚の場合でも湿邪が原因であっても、患部に対して鍼を打つ必要はなく、しっかりと体の治療をしていけばめまいや頭痛は改善されていきます。

セルフケアはどうすればいいの?

脾虚の場合のセルフケア

まずは脾を丈夫にするためには軽い運動をする必要があります。また、当然の事ではありますが、食べ過ぎや飲みすぎが原因でも胃腸の状態は悪くなりますので注意が必要です。そのた、足三里や太白、公孫などに対してのお灸も有効となります。

湿邪の場合の場合のセルフケア

湿邪の場合は脂っこいも物、味の濃い物、甘いもの、または水分を取り過ぎないようにしましょう。特にめまいの場合には耳鼻科の医師は水分をたくさん取るようにという生活指導をされることもありますが、この体質の場合は逆効果になります!
お灸の場合は豊隆、漏谷、足三里などがお勧めになります。

まとめ

1.現代医学では梅雨や雨の日の頭痛やめまいは「気象病」と言う。
2.東洋医学では梅雨や雨の日の頭痛やめまいは脾虚や湿邪が原因となる。
3.治療は幹部を治療するのではなく、原因となっている体質を治療する。
4.軽い運動や食生活の改善、お灸でのセルフケアを怠らないこと。
5.水分の過剰摂取は逆効果になる。

Share

関連記事

妊娠しやすい体作り~ストレス対策~

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回は妊娠しやすい体作り【ストレス対策】についてです。 【ストレス対策】 ストレス対策は現代社会においては切ってもきれない関係と言えます。 現にストレスが原因でホルモンバランスが乱れ[…]

[» 続きを見る]

今年もありがとうございました

2017年の診療は本日で終了となります。 今年も多くの方と出会い、色々な経験をつませていただくことができた1年でした。 今年も不妊症の方が多く来院されましたが、その他、脱毛症やアトピーなど皮膚疾患の方が多かった印象があり[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎治癒

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの男性。 28歳頃に風邪を引き、顔に痛みが出たため耳鼻科を受診すると副鼻腔炎と診断。 膿は服薬により出なくなるが鼻づまりが酷く、常に鼻が詰まっており、風邪を引くたびに副鼻腔炎を発症してしまう[…]

[» 続きを見る]

ツボの左右差

ツボというのは身体の正面と背面のど真ん中を貫いている経絡(気の流れ道)以外は左右対称にツボが存在しています。 左右対称にツボがあるため両方に鍼を刺したり押したりしますが、最近はツボの左右差というのを意識して治療を行ってい[…]

[» 続きを見る]

花粉症にパイオネックス

今年は花粉症の方の治療が例年に比べて多いのですが、今年は体の治療に加えて新しい治療方法を加えております。 それが、パイオネックスというシールタイプの鍼を使用した補助療法です。 シールタイプの鍼はこちらになります。 真ん中[…]

[» 続きを見る]