筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

30代 男性 筋緊張型頭痛の症例

筋緊張型頭痛

2019年5月来院。
4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方されたが、服用するも効果がなかったために別の薬に変わると痛みは少し緩和される。しかし、薬の効果が切れたりストレスのあることを行なうと頭痛が起きて痛みが強くなる。
同じような症状を持っている知人から鍼灸治療をすると頭痛が楽になるということを聞いたため、職場近くの当院へ来院。
3年ほど前にも無茶な働き方をしていた時期に筋緊張型頭痛を発症したことがある。
現在のペイン指数は3~4。

【悪化要因】
仕事が急がし時やストレスにより痛みが悪化する、また飲酒でも痛みが増す

【緩解要因】
趣味や運動をしていると痛みが楽になる、入浴後も楽になる

脈診:やや浮緊脈
舌診:淡紅色、歯痕あり、舌根部に白苔あり
腹診:胃土、臍周囲に冷えあり

弁証および治療について

肝鬱気滞証>湿困脾土証による筋緊張型頭痛

治療は左合谷、左太衝へ15分置鍼。
治療後に痛みは2になり、首も楽になる。治療ペースは週1回で行なっていく。

一週間後に来院していただくと、治療後は痛みは楽になっていたが、翌日には痛みが戻ったとのこと。
治療は右合谷と左太衝へ15分置鍼。痛みはほとんどなくなる。

3診目
痛みは仕事中でも出なくなってきている。
左太衝穴の圧痛がなくなったため、「湿痰」に対する治療を追加するために、左豊隆と左合谷を選穴する。
以後は同様の施術を行い職場でのトラブルがあった時でも頭痛は起きなくなったため計5回で治療は終了。

考察

今回の頭痛を一言で言ってしまえばストレス性の緊緊張性頭痛になります。
お話を聞くと仕事のストレスに加えてプライベートにおいても1つの大きな決断をされていたために、そのストレスにより気の流れが悪くなったことが原因で頭痛が起きていました。その証拠となるのが、痛みがストレスにより悪化したり、逆に運動などによって楽になるという部分です。
気滞による痛みはストレスで悪化、運動や緊張の解ける状況で楽になるということです。
そのため、当初は気の流れを良くするためのツボを選穴し、その後に気の流れが悪いことによって生じていた湿痰を取り除く治療をしていきました。

Share

関連記事

薬剤性カンジタ皮膚炎の改善

以前ブログにも書きました、カンジタによる手湿疹が見事に改善しました! 治療前の脈は弦数という一言で言えば速い脈だったのが、治療後に脈を確認すると非常に落ちついていたため、ある程度は改善するだろうという感触でしたが、治療し[…]

[» 続きを見る]

続・湿疹治療

8月から湿疹でお越しの男性。 4ヶ月の継続治療により初回とは見違えるほど綺麗な状態になりました。 治療を始めてからステロイド剤は一切使用せず。 左が初回、右が昨日になります。

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

美容鍼を受ける頻度はどのくらい?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 美容鍼を受けてみたいとお考えの方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか? 「美容鍼ってどのくらいの頻度で受けるものなんだろう?」 週1?月1?自分が受けたい時? 美容鍼の効果を[…]

[» 続きを見る]

うつ病克服

先日、うつ病で来院されていた30代女性の患者様がうつ病を克服しご卒業されました。 治療期間は5ヶ月。 最終日は初回の時とは見違える程にとても良い表情をされており、あのまま病院で治療を続けていたらどうなっていたかも分からな[…]

[» 続きを見る]