筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

30代 男性 筋緊張型頭痛の症例

筋緊張型頭痛

2019年5月来院。
4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方されたが、服用するも効果がなかったために別の薬に変わると痛みは少し緩和される。しかし、薬の効果が切れたりストレスのあることを行なうと頭痛が起きて痛みが強くなる。
同じような症状を持っている知人から鍼灸治療をすると頭痛が楽になるということを聞いたため、職場近くの当院へ来院。
3年ほど前にも無茶な働き方をしていた時期に筋緊張型頭痛を発症したことがある。
現在のペイン指数は3~4。

【悪化要因】
仕事が急がし時やストレスにより痛みが悪化する、また飲酒でも痛みが増す

【緩解要因】
趣味や運動をしていると痛みが楽になる、入浴後も楽になる

脈診:やや浮緊脈
舌診:淡紅色、歯痕あり、舌根部に白苔あり
腹診:胃土、臍周囲に冷えあり

弁証および治療について

肝鬱気滞証>湿困脾土証による筋緊張型頭痛

治療は左合谷、左太衝へ15分置鍼。
治療後に痛みは2になり、首も楽になる。治療ペースは週1回で行なっていく。

一週間後に来院していただくと、治療後は痛みは楽になっていたが、翌日には痛みが戻ったとのこと。
治療は右合谷と左太衝へ15分置鍼。痛みはほとんどなくなる。

3診目
痛みは仕事中でも出なくなってきている。
左太衝穴の圧痛がなくなったため、「湿痰」に対する治療を追加するために、左豊隆と左合谷を選穴する。
以後は同様の施術を行い職場でのトラブルがあった時でも頭痛は起きなくなったため計5回で治療は終了。

考察

今回の頭痛を一言で言ってしまえばストレス性の緊緊張性頭痛になります。
お話を聞くと仕事のストレスに加えてプライベートにおいても1つの大きな決断をされていたために、そのストレスにより気の流れが悪くなったことが原因で頭痛が起きていました。その証拠となるのが、痛みがストレスにより悪化したり、逆に運動などによって楽になるという部分です。
気滞による痛みはストレスで悪化、運動や緊張の解ける状況で楽になるということです。
そのため、当初は気の流れを良くするためのツボを選穴し、その後に気の流れが悪いことによって生じていた湿痰を取り除く治療をしていきました。

Share

関連記事

鍼灸も医療費控除の対象です

明後日の2月16日(木)から確定申告が始まります。 さて、確定申告といえば昨年の所得の申告をしますが、鍼灸院で治療を受けている方々も少し関係が出てきます。 それが、医療費控除というものです。 ご存知の方もいらっしゃるかと[…]

[» 続きを見る]

早期治療の大切さ

どんな病気でも早期発見・早期治療は大切です。 これは現代医学でも東洋医学でもやはり同じ。 特に以前から感じているのは耳鳴りや難聴は何年も前からとなるとなかなか難しいケースに出会うことがある。 多くの方は発症してから数ヶ月[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎の方へのお勧め保湿剤

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、体質改善請負人こと長谷川です。 今日はアトピー性皮膚炎の方にお勧めする保湿剤をご紹介致します。 アトピーでお悩みの方の多くはステロイドや軟膏(ワセリン)などを使用されている方が多いと思います[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。 昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。 普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。 肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。 左合谷に3番1寸で1[…]

[» 続きを見る]

日本人の有給消化率

先日の治療中の患者さんとの会話。 「来月、仕事休んで旅に出ます。」という患者さんからのちょっとした報告があり、「有給ですか?」と聞くと、「もちろん!」という返事。 そこで疑問に思ったのが、日本人はどれぐらい有給を使ってい[…]

[» 続きを見る]