顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例

顔面神経麻痺の鍼灸治療の症例

2018年12月来院。
12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。
2日後の9日の夕方から右側の顔面に違和感を感じる。鏡を見ると右目の眼瞼下垂と唇が左側に引っ張られているために、翌日にかかりつけの内科を受診すると、MRI検査を行なうために他の病院を紹介されるが、MRIでは脳の方は問題なし。その後、耳鼻咽喉科を受診し顔面神経麻痺と診断。
孫がヘルペスウィルスに感染していたため、顔面神経麻痺でもラムゼハント症候群の可能性が高いが、まだベル麻痺かラムゼハントかは分からない。
耳鼻科ではステロイド剤とビタミン剤、抗ウィルス剤を処方されるが、孫が恐がってしまうため早く治したいということで当院を受診。

症状は右目の閉眼ができない、口笛が吹けない、しわよせができない、コップで水を飲むとこぼれるなど

ストレスに関しては夫が7月に初期の肺がんと診断され、手術をして問題ない状態になったが、本人がマイナス思考なことが非常にストレスとなっている。
その他、発症前に風邪を引いたということはなし。

脈診:沈弦脈
舌診:やや淡白気味、黄じ台
腹診:右脾募に邪あり、臍下不仁(臍の下に力が無い)

弁証および治療について

肝風内動証>肝腎陰虚証による顔面神経麻痺

治療は週2回を基本として、合谷を中心に照海穴を適宜使用しながら治療を始める。5診目ごろから口元が真っ直ぐになってくるが、食べる時やコップで水を飲む時はまだ口が歪んでしまう。
10診目から天枢穴を使用して胃経の調節も行なっていくと食事がしやすくなり、右目の眼瞼下垂も戻ってくる。
11診目からは週1回の治療に変更していくが16診目には眼瞼下垂もほぼなくなる。その後タイミングが合わず1ヶ月ほど治療が空いてしまうこともあったが悪化することもなく、順調に回復していき、19診目の5月下旬には口元の歪みや眼瞼下垂は治癒。

考察

年齢的にも肝腎陰虚という体が弱った状態の時の時にストレスが引き金となり、肝気の急激な上昇が起こる「内風」が起こり顔面神経麻痺を発症したと考えました。そのため、治療は平肝熄風のために合谷穴を使用していきました。また、途中から目や口元を通るルートである「胃経」を調節するために天枢を使用したことで症状の改善が早まりました。
また、3月は1回、4月は2回、4月~5月にかけては1ヶ月以上空いてしまっために少々時間がかかりましたが顔面神経麻痺は治癒いたしました。

Share

関連記事

たまには自然に触れましょう!

名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 台風&秋雨前線の影響で今週末も雨でややテンション下がり気味です・・・ 秋といえばスポーツの秋、食欲の秋、読書の秋などと言いますが、紅葉シーズンでもあります。 現代社会ではストレスばかりで[…]

[» 続きを見る]

駐車場に関して

当院では駐車場を2台分ご用意しております。 1台はマンションの敷地内、ベランダ側の9番。 もう一台は徒歩1分ほどの場所になります。 昨日、新規の方になりますがマンション敷地内の駐車場に間違えて止められた方がいらっしゃり、[…]

[» 続きを見る]

怪病多痰

怪病多痰。 東洋医学にはこのような考え方があります。 これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。 では痰とは何なのか? 痰というのは体の中に溜まった水分に[…]

[» 続きを見る]

格安sim使ってます!

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まず初めに、今回のブログは鍼灸とは何の関係もありませんので、気になる方だけ読んでください。 さて、当院では治療のこと以外にも患者様とは色々な話をしていますが、ちょくちょく話題に[…]

[» 続きを見る]

あなたはどのタイプ?冷え性のタイプとセルフケア

コンテンツ1 冷え性とはどんな状態?2 冷え性のタイプ2.1 手足末端型2.2 内蔵型2.3 下半身型または冷えのぼせ型3 こんな手足の冷えは要注意!4 冷えを改善するためのセルフケア4.1 運動をすること4.2 冷たい[…]

[» 続きを見る]