顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例

顔面神経麻痺の鍼灸治療の症例

2018年12月来院。
12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。
2日後の9日の夕方から右側の顔面に違和感を感じる。鏡を見ると右目の眼瞼下垂と唇が左側に引っ張られているために、翌日にかかりつけの内科を受診すると、MRI検査を行なうために他の病院を紹介されるが、MRIでは脳の方は問題なし。その後、耳鼻咽喉科を受診し顔面神経麻痺と診断。
孫がヘルペスウィルスに感染していたため、顔面神経麻痺でもラムゼハント症候群の可能性が高いが、まだベル麻痺かラムゼハントかは分からない。
耳鼻科ではステロイド剤とビタミン剤、抗ウィルス剤を処方されるが、孫が恐がってしまうため早く治したいということで当院を受診。

症状は右目の閉眼ができない、口笛が吹けない、しわよせができない、コップで水を飲むとこぼれるなど

ストレスに関しては夫が7月に初期の肺がんと診断され、手術をして問題ない状態になったが、本人がマイナス思考なことが非常にストレスとなっている。
その他、発症前に風邪を引いたということはなし。

脈診:沈弦脈
舌診:やや淡白気味、黄じ台
腹診:右脾募に邪あり、臍下不仁(臍の下に力が無い)

弁証および治療について

肝風内動証>肝腎陰虚証による顔面神経麻痺

治療は週2回を基本として、合谷を中心に照海穴を適宜使用しながら治療を始める。5診目ごろから口元が真っ直ぐになってくるが、食べる時やコップで水を飲む時はまだ口が歪んでしまう。
10診目から天枢穴を使用して胃経の調節も行なっていくと食事がしやすくなり、右目の眼瞼下垂も戻ってくる。
11診目からは週1回の治療に変更していくが16診目には眼瞼下垂もほぼなくなる。その後タイミングが合わず1ヶ月ほど治療が空いてしまうこともあったが悪化することもなく、順調に回復していき、19診目の5月下旬には口元の歪みや眼瞼下垂は治癒。

考察

年齢的にも肝腎陰虚という体が弱った状態の時の時にストレスが引き金となり、肝気の急激な上昇が起こる「内風」が起こり顔面神経麻痺を発症したと考えました。そのため、治療は平肝熄風のために合谷穴を使用していきました。また、途中から目や口元を通るルートである「胃経」を調節するために天枢を使用したことで症状の改善が早まりました。
また、3月は1回、4月は2回、4月~5月にかけては1ヶ月以上空いてしまっために少々時間がかかりましたが顔面神経麻痺は治癒いたしました。

Share

関連記事

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]

冬になると悪化する生理痛。冷えと生理痛の関係とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 全国的に寒暖差の激しい2019年の冬ですが、体調を崩してはいないでしょうか? 今回は「冬になると悪化する生理痛」についてのお話です。 理想的な生理の状態は痛みがないこと。ですが、多[…]

[» 続きを見る]

リラックスする時間を作りましょう

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 最近何かと忙しい日々が続いておりますが、私はいつも通り元気にしております。 当院では40代~50代の女性でご相談が多いのが、「何となく体の調子がずっと悪いんです」という内容です[…]

[» 続きを見る]

HSP-あなたは人よりも繊細な人かも?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 仕事柄色々な方と接する機会がありますが、中にはちょっとした環境の変化で体調に問題が起きる「凄い繊細な方」がいらっしゃいます。 このような方はHSPかもしれません! 【HSPとは】 […]

[» 続きを見る]

続・湿疹治療

8月から湿疹でお越しの男性。 4ヶ月の継続治療により初回とは見違えるほど綺麗な状態になりました。 治療を始めてからステロイド剤は一切使用せず。 左が初回、右が昨日になります。