顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例

顔面神経麻痺の鍼灸治療の症例

2018年12月来院。
12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。
2日後の9日の夕方から右側の顔面に違和感を感じる。鏡を見ると右目の眼瞼下垂と唇が左側に引っ張られているために、翌日にかかりつけの内科を受診すると、MRI検査を行なうために他の病院を紹介されるが、MRIでは脳の方は問題なし。その後、耳鼻咽喉科を受診し顔面神経麻痺と診断。
孫がヘルペスウィルスに感染していたため、顔面神経麻痺でもラムゼハント症候群の可能性が高いが、まだベル麻痺かラムゼハントかは分からない。
耳鼻科ではステロイド剤とビタミン剤、抗ウィルス剤を処方されるが、孫が恐がってしまうため早く治したいということで当院を受診。

症状は右目の閉眼ができない、口笛が吹けない、しわよせができない、コップで水を飲むとこぼれるなど

ストレスに関しては夫が7月に初期の肺がんと診断され、手術をして問題ない状態になったが、本人がマイナス思考なことが非常にストレスとなっている。
その他、発症前に風邪を引いたということはなし。

脈診:沈弦脈
舌診:やや淡白気味、黄じ台
腹診:右脾募に邪あり、臍下不仁(臍の下に力が無い)

弁証および治療について

肝風内動証>肝腎陰虚証による顔面神経麻痺

治療は週2回を基本として、合谷を中心に照海穴を適宜使用しながら治療を始める。5診目ごろから口元が真っ直ぐになってくるが、食べる時やコップで水を飲む時はまだ口が歪んでしまう。
10診目から天枢穴を使用して胃経の調節も行なっていくと食事がしやすくなり、右目の眼瞼下垂も戻ってくる。
11診目からは週1回の治療に変更していくが16診目には眼瞼下垂もほぼなくなる。その後タイミングが合わず1ヶ月ほど治療が空いてしまうこともあったが悪化することもなく、順調に回復していき、19診目の5月下旬には口元の歪みや眼瞼下垂は治癒。

考察

年齢的にも肝腎陰虚という体が弱った状態の時の時にストレスが引き金となり、肝気の急激な上昇が起こる「内風」が起こり顔面神経麻痺を発症したと考えました。そのため、治療は平肝熄風のために合谷穴を使用していきました。また、途中から目や口元を通るルートである「胃経」を調節するために天枢を使用したことで症状の改善が早まりました。
また、3月は1回、4月は2回、4月~5月にかけては1ヶ月以上空いてしまっために少々時間がかかりましたが顔面神経麻痺は治癒いたしました。

Share

関連記事

不妊とアトピーの異病同治

30代女性 3年前に結婚し、数ヵ月後に自然妊娠するも8wで流産。 その後は1度も陽性反応が出ず、昨年から婦人科を受診し血液検査をするも特に問題は見つからないため、クロミッドとタイミング方による治療が開始。 アトピーは高校[…]

[» 続きを見る]

春の花粉症

今年もあと少しで終わります。 会社などでもそろそろ忘年会が行なわれているころでしょうか? 以前は秋の花粉症に関して書きましたが、今回は春の花粉症に関してです。 秋の花粉症に関してはこちら。 今や現代病ともいえる花粉症です[…]

[» 続きを見る]

頭に血が上ってませんか?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 よくイライラしていると「頭に血が上る」なんて言い方をしますが、皆さんはいかがでしょうか? イライラしやすい性格ですか? 頭に血が上ると血圧が上がり、脳血管障害を引き起こしや[…]

[» 続きを見る]

温めると痒みが増す湿疹

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 湿疹やアトピー性皮膚炎でお悩みの方の中にはイライラした時や入浴後、または運動後に痒みが増し、逆に冷やすと痒みが治るという方がいらっしゃいます。 […]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]