前立腺肥大症に対する鍼灸治療の症例

30代 男性 前立腺肥大症の症例

2019年3月来院。
1ヶ月ほど前から常に尿意がある感じや残尿感があるため、近所の泌尿器科を受診すると過活動膀胱と診断され、トビエースを処方される。しかし、服薬を続けても症状が改善されないため当院を受診。
現在の症状は頻尿で1日に10回以上トイレに行く、残尿感、尿に濁りがあり、1回の排尿量が少ないなどの症状がある。

【その他の症状】
倦怠感、手足の冷え※特に足の冷えが強い、めまい、抑うつ感、ため息をよくつく、口の中が甘い感じがする、肩こりなど

舌診:淡白舌、はんどん舌(水分を含みぼってりとした状態)、舌裏怒張あり
脈診:沈細、尺位弱脈
腹診:腹部全体に冷えあり、左右大巨が虚で圧痛あり

弁証および治療について

腎陽虚症

治療は週1回を基本として腎兪穴への鍼治療と整えの灸を中心に行い、太谿穴や気海穴を適宜使用していく。また、過活動膀胱では尿の濁りは出ないはずなので、セカンドオピニオンとして他の泌尿器科を受診していただく。

初回の治療後より足の冷えが無くなり、残尿感は治療後3日ほどは気にならなかった。また、他の泌尿器科にてエコー検査をすると前立腺が明らかに大きくなっていることが判明したため、前立腺肥大症と診断され、ハルナールの服用を始める。

治療は引き続き週1回のペースにて行うと、8診目頃より残尿感が減少、また1日の排尿回数も10回以内に減少。11診目の治療を終えた頃に再度エコー検査をすると前立腺が元の大きさまでとはいかないが、小さくなっていたため12診で治療を終了。

考察

前立腺肥大症の原因は現代医学では原因ははっきりとは解明されておりませんが、男性ホルモンや加齢が原因とされています。この方は腎陽虚という体を温める力が著しく低下した状態でしたので、この体質を改善するための治療を行ったところ良い結果が出ました。また、腎陽虚という体質は若い方にもみられることはありますが、やはり50代以上の方がなりやすい体質でもあるので、前立腺肥大症にはなりやすいのかもしれません。

Share

関連記事

刺絡は誰にでもできる治療ではない

刺絡は抜群の治療効果を持っているが、誰にでも行なうことができない治療法。 しかし、中にはバンバンこの治療法を用いている治療院も存在する。 刺絡には自律神経系を整える効果があるという考え方をしている治療者は比較的刺絡を簡単[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]

大人ニキビ 30歳 女性

主訴:大人ニキビ 今年の2月ごろから突然ニキビができ始め、自分の手ではどうすることもできないと考え、当院へ来院。 ニキビは額・頬・顎と比較的顔全体にできており、赤く盛り上がり今にも弾けそうなニキビが多く、特に顎の周囲がも[…]

[» 続きを見る]

パンフレットが届きました

先週の土曜日に名古屋でも不妊症治療で有名な「おち夢クリニックさん」からパンフレットが送られてきました。 なぜだろう? 名前が間違ってますがもう慣れてます。 考えられるのはこちらの病院に通っていた方がいて、その方が話したか[…]

[» 続きを見る]

うつ病克服

先日、うつ病で来院されていた30代女性の患者様がうつ病を克服しご卒業されました。 治療期間は5ヶ月。 最終日は初回の時とは見違える程にとても良い表情をされており、あのまま病院で治療を続けていたらどうなっていたかも分からな[…]

[» 続きを見る]