東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。
実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。
ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。
その物質が皮膚に存在する肥満細胞という細胞に含まれる「ヒスタミン」という物質が放出されることにより痒みが起きるということです。
そのため、かゆみ止めの薬には「抗ヒスタミン」という物が含まれています。(チェックしてみてください。)

ではこのかゆみに関して東洋医学ではどのように考えるかです。
東洋医学では「熱邪」、「湿熱邪」、「血虚」が原因で起こることが多くなります。

ヒスタミンの話に戻りますが、このヒスタミンというのは炎症が起きた時に放出されます。
熱邪や湿熱邪というのは一種の炎症が起きているようなものとも考えられます。
そして、熱というのは「炎上」という上に行く性質があるため、比較的身体の上半身にかゆみを引き起こします。

【補足】
・秋の花粉症で喉がかゆくなるのは、秋は肺に問題が起こりやすい時期。
喉は肺の入り口になるため、肺が熱を持つことにより喉にかゆみが起こります。

・春の花粉症で目がかゆくなるのは、春は肝に問題が起きやすく、感覚器の中で肝と最も関係が深いのが目になります。そのため、肝が熱を持つことにより目にかゆみが起こることになります。

湿熱邪の場合は下半身、中でも陰部にかゆみが出る方が多くなります。

血虚によるかゆみというのは乾燥肌によるかゆみになります。
そのため、このようなかゆみには抗ヒスタミンはあまり効果がないため、保湿をしっかりと行うとともに、血を補うように肉や魚、レバー、緑黄色野菜、乳製品を摂るようにしましょう。

Share

関連記事

2017春 花粉飛散情報

1月も気がつけばもうすぐ終わり、多くの方を悩ませる時期がやってきます。 花粉シーズンの到来です。 早い方ではすでに症状が出始めているのではないでしょうか? では今年の花粉の飛散量はどうなのかというと ・昨年の飛散量と比較[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

10代からの手湿疹

昨年より皮膚疾患を多く診る機会がありますが、今回も中々の改善具合なのでご紹介します。 治療前がこちら。 ちょっと見辛いですが、水泡ができており、黄色くなっております。 治療してから7時間ほど経ち、患者さんから写真が送られ[…]

[» 続きを見る]

怪病多痰

怪病多痰。 東洋医学にはこのような考え方があります。 これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。 では痰とは何なのか? 痰というのは体の中に溜まった水分に[…]

[» 続きを見る]

主婦手湿疹

主婦手湿疹の改善例。 30代の女性。 6年ほど前から手湿疹になり、皮膚科でステロイドを処方され使用していたがなかなか治らないため、ドラッグストアで購入した「タウロミン」を使用することである程度は改善していたが、仕事柄なか[…]

[» 続きを見る]