東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。
実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。
ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。
その物質が皮膚に存在する肥満細胞という細胞に含まれる「ヒスタミン」という物質が放出されることにより痒みが起きるということです。
そのため、かゆみ止めの薬には「抗ヒスタミン」という物が含まれています。(チェックしてみてください。)

ではこのかゆみに関して東洋医学ではどのように考えるかです。
東洋医学では「熱邪」、「湿熱邪」、「血虚」が原因で起こることが多くなります。

ヒスタミンの話に戻りますが、このヒスタミンというのは炎症が起きた時に放出されます。
熱邪や湿熱邪というのは一種の炎症が起きているようなものとも考えられます。
そして、熱というのは「炎上」という上に行く性質があるため、比較的身体の上半身にかゆみを引き起こします。

【補足】
・秋の花粉症で喉がかゆくなるのは、秋は肺に問題が起こりやすい時期。
喉は肺の入り口になるため、肺が熱を持つことにより喉にかゆみが起こります。

・春の花粉症で目がかゆくなるのは、春は肝に問題が起きやすく、感覚器の中で肝と最も関係が深いのが目になります。そのため、肝が熱を持つことにより目にかゆみが起こることになります。

湿熱邪の場合は下半身、中でも陰部にかゆみが出る方が多くなります。

血虚によるかゆみというのは乾燥肌によるかゆみになります。
そのため、このようなかゆみには抗ヒスタミンはあまり効果がないため、保湿をしっかりと行うとともに、血を補うように肉や魚、レバー、緑黄色野菜、乳製品を摂るようにしましょう。

Share

関連記事

毎年春先に起きるパニック障害の症例

コンテンツ1 30代 女性 パニック障害2 弁証および治療について3 考察 30代 女性 パニック障害 【現病歴と既往歴】 5年前に結婚したことによる引越しと新しい会社に就職したことがきっかけで、引っ越し後2週間でパニッ[…]

[» 続きを見る]

なかなか止まらない不正出血の原因は胃腸の弱りが原因かも?

コンテンツ1 胃腸と不正出血の関係とは?2 東洋医学での胃腸について2.1 脾不統血とはどんな状態?3 鍼灸治療の効果は?自分でできる対策は? 胃腸と不正出血の関係とは? 様々な原因で起きる不正出血ですが、東洋医学には独[…]

[» 続きを見る]

駐車場に関して

当院では駐車場を2台分ご用意しております。 1台はマンションの敷地内、ベランダ側の9番。 もう一台は徒歩1分ほどの場所になります。 昨日、新規の方になりますがマンション敷地内の駐車場に間違えて止められた方がいらっしゃり、[…]

[» 続きを見る]

問診事項│こんな内容をお聞きします

当院では体の状態を把握するために、お悩みの症状に関して以外にも生活習慣に関してもお聞きしています。 ・食生活に関して ・2便に関して(排尿・排便) ・睡眠に関して この3つの事項は非常に大切で、いずれか1つでもできなくな[…]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]