基礎体温が1日だけ下がる現象の正体とは?

基礎体温表をつけていて、排卵日付近で1度体温が下がり、高温期に入った!
その後も高温期の体温はしっかりと維持していた。っと思ったら1日だけ体温が下がってしまった・・・という経験はないでしょうか?
これでは妊娠は難しいだろうな・・・

高温期に体温が低下してしまうとおそらくこのように思われてしまう方が大半ではないかと思います。

しかし、高温期に体温が「1日だけ」下がるのであれば、もしかすると妊娠の兆候かも?

高温期に1日だけ体温が下がるのはなぜ?

タイミングを取っている方にとっては基礎体温は非常に気になるものですが、特に高温期に体温が低下すると少しショックかと思います。
しかし、高温期に1日だけ体温が低下するのは「インプランテーションディップ」という現象になり、妊娠の兆候の可能性があります。

インプランテーションディップとは?

高温期に入った後に一時的に体温低下が起きる現象で、受精卵が子宮内膜に着床したために起きると言われています。そのため、体温低下が起きるのは高温期の7~10日目頃になりますが、人によっては2回下がることもあるようです。
また、体温の低下する日数は1日なるため、2日連続で体温が低下してしまう場合はインプランテーションディップではない可能性が高くなります。この場合は黄体機能不全の可能性があります。

インプランテーションディップは妊娠した証拠か?

この現象が見られたからといって妊娠が確定したわけではありません。あくまでもこの現象が現れた場合は「受精卵が着床した」ということになります。
妊娠が確定したかどうかはやはり妊娠検査薬や病院での血液検査などを行う必要があります。
喜んだのも束の間、結局生理が来てしまうということも充分ありえますし、基礎体温がしっかりはかれていないという可能性も否定はできません。

まとめ

インプランテーションディップは医学的には解明されていない現象になりますので、あくまでも参考までにしておくことが無難になります。
まずは体温の測り間違いの無いように毎日同じ時間にしっかりと測るようにしましょう。測り間違いはない!っと自信のある方は少しだけ期待して待ってみましょう。

Share

関連記事

浮腫み(むくみ)について④~妊婦の浮腫み~

妊婦さんの足の浮腫みの原因で1番多く感じるのが脾の不調。 その理由は・・・ 妊娠により大きくなった子宮が胃を圧迫するため。 産婦人科で足の浮腫みを相談すると利尿作用のある漢方薬を処方されることがほとんどだが、効果がないの[…]

[» 続きを見る]

海外からの患者さん

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先月から海外からの患者さんが治療のために来院されていました。 海外からのというものの、日本人の方ですがね。海外の方と結婚されて今はとある国に住まれており、一時帰国中[…]

[» 続きを見る]

ツボの左右差

ツボというのは身体の正面と背面のど真ん中を貫いている経絡(気の流れ道)以外は左右対称にツボが存在しています。 左右対称にツボがあるため両方に鍼を刺したり押したりしますが、最近はツボの左右差というのを意識して治療を行ってい[…]

[» 続きを見る]

身体を温める力が低下した「陽虚体質」

気には身体を温める働きがありますが、この機能が低下した状態になります。 このタイプの方はベースには気虚があり、ここに冷えによる症状が加わってきます。 主な原因としては普段から冷たい物を飲食したり、薄着などで長時間にわたり[…]

[» 続きを見る]

漢方薬のご相談先を紹介いたします

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 当院の患者様でも時々病院で漢方薬を処方されている方がいらっしゃいます。 しかし、その漢方薬は本当に正しい処方がされているかどうかは疑問があります。 そこで、[…]

[» 続きを見る]