基礎体温が1日だけ下がる現象の正体とは?

基礎体温表をつけていて、排卵日付近で1度体温が下がり、高温期に入った!
その後も高温期の体温はしっかりと維持していた。っと思ったら1日だけ体温が下がってしまった・・・という経験はないでしょうか?
これでは妊娠は難しいだろうな・・・

高温期に体温が低下してしまうとおそらくこのように思われてしまう方が大半ではないかと思います。

しかし、高温期に体温が「1日だけ」下がるのであれば、もしかすると妊娠の兆候かも?

高温期に1日だけ体温が下がるのはなぜ?

タイミングを取っている方にとっては基礎体温は非常に気になるものですが、特に高温期に体温が低下すると少しショックかと思います。
しかし、高温期に1日だけ体温が低下するのは「インプランテーションディップ」という現象になり、妊娠の兆候の可能性があります。

インプランテーションディップとは?

高温期に入った後に一時的に体温低下が起きる現象で、受精卵が子宮内膜に着床したために起きると言われています。そのため、体温低下が起きるのは高温期の7~10日目頃になりますが、人によっては2回下がることもあるようです。
また、体温の低下する日数は1日なるため、2日連続で体温が低下してしまう場合はインプランテーションディップではない可能性が高くなります。この場合は黄体機能不全の可能性があります。

インプランテーションディップは妊娠した証拠か?

この現象が見られたからといって妊娠が確定したわけではありません。あくまでもこの現象が現れた場合は「受精卵が着床した」ということになります。
妊娠が確定したかどうかはやはり妊娠検査薬や病院での血液検査などを行う必要があります。
喜んだのも束の間、結局生理が来てしまうということも充分ありえますし、基礎体温がしっかりはかれていないという可能性も否定はできません。

まとめ

インプランテーションディップは医学的には解明されていない現象になりますので、あくまでも参考までにしておくことが無難になります。
まずは体温の測り間違いの無いように毎日同じ時間にしっかりと測るようにしましょう。測り間違いはない!っと自信のある方は少しだけ期待して待ってみましょう。

Share

関連記事

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]

花粉症対策

今日から本格的に春の兆しになるため、花粉症の方にとっては辛い日常の始まりかもしれません。 春は木々が芽吹き、生長する季節でもあるため、人の身体の中でも同じようなことが起こり、気温の上昇とともにエネルギー(気)が上昇しやす[…]

[» 続きを見る]

2017春 花粉飛散情報

1月も気がつけばもうすぐ終わり、多くの方を悩ませる時期がやってきます。 花粉シーズンの到来です。 早い方ではすでに症状が出始めているのではないでしょうか? では今年の花粉の飛散量はどうなのかというと ・昨年の飛散量と比較[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の治療終了!

以前から治療していた手湿疹の治療が終了しました。 仕事柄、水仕事をするためなかなかしつこかったですが継続治療と食生活の改善を行った結果です。 初回がこちら。(12月2日) 約1ヶ月後。 2月4日

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]