基礎体温が高温期に1日だけ下がる現象【インプランテーションディップかも】

基礎体温表をつけていて、排卵日付近で1度体温が下がり高温期に入った!

その後も高温期の体温はしっかりと維持していた。っと思ったら1日だけ体温が下がってしまった・・・という経験はないでしょうか?

これでは妊娠は難しいだろうな・・・

高温期に体温が低下してしまうとおそらくこのように思われてしまう方が大半ではないかと思います。

しかし、高温期に体温が「1日だけ」下がるのであれば、もしかすると妊娠の兆候かも?

基礎体温が高温期に1日だけ下がるのはインプランテーションディップかも?

妊活中の方はまずは基礎体温を付けてタイミングを取っているかと思いますが、基礎体温の状態は非常に気になるものです。

毎日規則正しい生活を送り、毎日決まった時間に起きて体温を測る必要があるため、高温期に体温が下がってしまうと気持ちも落ちてしまう方もいるかと思います。

しかし、高温期に1日だけ体温が低下するのは「インプランテーションディップ」という現象になり、妊娠の兆候の可能性があります。そのため、気持ちを落とすのはちょっと待ちましょう。

 

インプランテーションディップって何?

ではこのインプランテーションディップとはどのようなものなのか?

インプランテーションディップとは高温期に入った後に一時的に体温低下が起きる現象で、受精卵が子宮内膜に着床したために起きると言われています。

そのため、体温低下が起きるのは高温期の7~10日目頃になりますが、人によっては2回下がることもあるようです。

また、体温の低下する日数は1日なるため、2日連続で体温が低下してしまう場合はインプランテーションディップではなく、別の疾患が原因の可能性があります。

 

2日連続で体温が低下した場合は?

高温期の体温低下が2日連続で起きた場合はインプランテーションディップの可能性よりも黄体機能不全という病気の可能性があります。

では、黄体機能不全とインプランテーションディップの違いはというと黄体機能不全ではこういった特徴があります。

  • 2日連続で体温が下がる
  • 1日置きに体温の上がり、下りがある
  • 高温期が2週間続かない

黄体機能不全についてはこちらを参照

 

インプランテーションディップと妊娠の関係性とは?

この現象が見られたからといって妊娠が確定したわけではありません。あくまでもこの現象が現れた場合は「受精卵が着床した」ということになります。

妊娠が確定したかどうかはやはり妊娠検査薬や病院での血液検査などを行う必要があります。

喜んだのも束の間、結局生理が来てしまうということも充分ありえますし、基礎体温がしっかりはかれていないという可能性も否定はできません。

 

インプランテーションディップはどのくらいの割合で起きるものか?

この現象が妊娠した方のどのくらいの割合で起きるのかが疑問に思われる方もいるかと思いますが、正直この現象がどのくらいの割合で起きるのかは分かりません。

当院には不妊治療のために来院される方が多くいらっしゃいますが、治療により妊娠した方の中でもインプランテーションディップと思われる体温低下が起きた方もいれば、起きていない方もいらっしゃいます。

感覚的にはどちらかと言うと体温低下が見られない方の方が多いかもしれません。そのため、あくまでも受精卵が着床したお知らせという気持ちでいるようにしましょう。

 

まとめ

インプランテーションディップは医学的には解明されていない現象になりますので、あくまでも参考までにしておくことが無難になります。

まずは体温の測り間違いの無いように毎日同じ時間にしっかりと測るようにしましょう。測り間違いはない!っと自信のある方は少しだけ期待して待ってみましょう。

Share

関連記事

原点は「やっぱり治療がしたい!」

大学を辞め、約1年間はバイト、バイト、バイト… 授業料を稼ぐためただひたすらバイトをし、翌年入学したのはトライデントという専門学校。 ここではアスレティックトレーナーという資格を取るために入学しました。 当時の講師にはサ[…]

[» 続きを見る]

PMDDに対する鍼灸治療の症例

20代女性のPMDDに対する鍼灸治療の症例です。 PMSの症状がある女性の約5%の方に見られるPMDDですが、鍼灸治療でも改善が可能になりますが、生活習慣の改善も非常に大切です。鍼灸治療だけではなく、日常生活では運動を取[…]

[» 続きを見る]

便秘薬に頼りすぎないで下さい

便秘でお悩みの女性も意外と多くいらっしゃいます。 便秘の薬と言えば昔からのCMでおなじみの「便秘薬にはコー○ック」ですが、飲んでいる方はいらっしゃるでしょうか? もし飲んでいる方がいましたら、すぐに止めるようにしましょう[…]

[» 続きを見る]

アジア諸国の鍼灸治療と日本の違いとは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回は「アジア諸国と日本鍼灸の違い」についてのお話です。 興味のある方はぜひ読んでみてください。 コンテンツ1 アジア諸国の鍼灸治療と日本の違いとは?2 1.はり師、きゅう師ではな[…]

[» 続きを見る]

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

なかなか妊娠できないから婦人科を受診すると子宮内膜が薄いことを指摘され、どうやったら改善できるか知りたい方へ。 受精卵が着床するためには子宮内膜は一定の厚さが必要になるため、内膜が十分な厚さみがなければ不妊の原因となって[…]

[» 続きを見る]