更年期や閉経後に不正出血が起きる理由とは?

更年期や閉経後に不正出血になるのははぜ?

当院でも婦人科疾患の中では比較的ご相談が多いのが不正出血になりますが、酷い方ですと出血が1ヶ月ほど止まらずに貧血になり、顔が青白くなっている方もいらっしゃいます。
不正出血は年齢を問わず起きる症状ですが、比較的多いのがストレスによるものですが、その他にも更年期の時期や閉経後にも起きることがあります。特に更年期に関しては女性にとっては体の不調が出やすい時期にもなり、不正出血以外にも様々な不定愁訴が出てくる時期でもあります。
なぜこの時期に不正出血が起きやすいかというと、一番の原因は女性ホルモンであるエストロゲンが関係してきます。

ホルモンバランスと不正出血の関係は?

エストロゲンは更年期になると分泌量が低下しますが、このエストロゲンには膣内を綺麗に保つ働きがあります。しかし、分泌量が低下することにより病原菌が繁殖しやすくなり、炎症を起しやすくなり不正出血が起きやすくなります。
また、エストロゲンには子宮内膜を厚くする働きがありますが、分泌量が低下することで内膜が薄くなり、出血を起こしやすくなります。

ホルモンバランスの問題だけではない!更年期以降の不正出血の原因

更年期以降の不正出血の原因で多いのはホルモンバランスの影響となりますが、やはりこれ以外にも原因はあります。
1番注意していただきたいのが、子宮頸ガンや子宮体ガンになります。
ガンによる出血なのか?ストレスやホルモンバランスの乱れによる出血なのかは出血自体ではなかなか見極めが難しくなります。そのため、不正出血が起きた場合はまずは病院でしっかりと検査されることをお勧めします。

更年期や閉経後に不正出血が起きた場合の対策は?

この時期は女性にとっても体調不良が起こりやすい時期であるため、まずは生活習慣を整えることが大切です。
まずは不正出血が起きた場合は必ず病院を受診するようにして下さい。検査を受けた上でガンによるものでないことを確認した上でセルフケアを行なうようにしましょう。

睡眠をしっかりと取る

睡眠不足は体の様々な不調をもたらし、また悪化させる要因になります。
夜にカフェインを取る、夜中までテレビを見て夜更かしをするなどせずに、しっかりと睡眠の時間を確保するようにしましょう。
生活リズムが乱れるればホルモンバランスにも悪影響です。

大豆製品を摂る

ご存知の方も多いかと思いますが、大豆に含まれる「イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きのある成分になります。バランスの良い良く字を心がけつつも、豆腐、納豆、きなこなどの大豆製品を摂るようにしましょう。

ストレスを溜めない

更年期は卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れ以外にも、ストレスが原因でホルモンバランスが乱れることもあります。
適度な運動や趣味などでストレスを発散するように心がけましょう。

自宅でのセルフ灸

千年灸はドラッグストアで簡単に購入が可能なため、ご自宅でのセルフケアとしてはお勧めになります。
問題点はどこにお灸をするか?で効果が変わってきてしまうため、体質を見極めた上で行なう必要がありますが、更年期や閉経後の不正出血の場合は「腎虚」という体質の可能性が高いため、「太谿(たいけい)」、「照海」、「復溜」、「腎兪」、「命門」などがお勧めになります。

Share

関連記事

不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。 しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。 そして、この助成金制度が昨年の平成[…]

[» 続きを見る]

仕事ができない程のメニエール病なら【休職】という選択を考えよう

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 メニエール病でめまいが酷く、仕事に影響が出てしまっていたり、今後はどのように仕事をしていけばいいか悩んでいませんか? 今回はメニエール病で仕事に影響が出てしまっている場合にとれる1[…]

[» 続きを見る]

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

難聴 42歳 女性

難聴 42歳 女性 左耳が詰まった感じがあり、あまり聞こえないことがある。 治療前にスマホ・アプリの「モスキートーン」にて25歳~30歳の耳年齢(16kHz)が右耳は問題なく聞こえるが、左耳はほとんど聞こえない。 心腎不[…]

[» 続きを見る]

異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは 「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。 ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。 こ[…]

[» 続きを見る]