どう決める?不妊治療のステップアップのタイミング

不妊治療のステップアップについて

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。
ここ最近は暖かい日が続いたかと思えば来週の前半は一転寒くなるようなので、体調管理には気をつけましょう。

さて、本日は不妊治療をしている際のステップアップのタイミングについてです。
不妊治療には基本的には4つのステップがあります。
①タイミング法
②人工授精
③体外受精
④顕微受精

よほどの原因がない限りはまずは医師の指導の下でのタイミング法となります。
その後は人工授精→体外受精→顕微受精とステップアップすることになりますが、このステップアップするタイミングに悩む方が多いのではないでしょうか?

ステップアップのタイミングはどう決めるの?

ステップアップのタイミングは「いつ」が良いのかと?いうのは決められません。そこには個人の事情が関係してきます。
例えば、医師はできるだけ早くステップアップさせた方が良いという方もいるかもしれませんが、ご本人ができるだけ自然な形での妊娠を希望されているのであればご本人の意思を尊重するべきだと私は考えています。

また、不妊となっている原因によってもタイミングは変わってきます。
年齢的なもの、男性不妊で精子の運動率悪かったり、数が極端に少ない場合では最も妊娠する可能性が高い顕微受精を行なうことになります。

「自然妊娠」にこだわらず、子供が欲しいという場合は概ね半年ほどでステップアップを考えられてはいかがかな?と考えていますが、人工授精に関しては自然妊娠よりも確率が低いというデータがあるため、それほど回数を行うことは望ましくないかもしれません。
しかし、人工授精の次は体外受精となり、費用の面では大きく異なってきますので、金銭面での事情も考えていかなければいけません。

ステップダウンという選択肢

逆に今現在、ステップアップして治療を受けているがそれでもなかなか妊娠しないという方は「ステップダウン」という選択もあります。
不妊治療においてはステップアップさせることにより身体にかかる負担も大きくなるため、体を休めるためにあえてステップダウンさせます。場合によっては病院での治療自体を一定期間休んでしまうという選択もありです。

不妊治療の際のステップアップには個人の事情が色々と関係してきます。
そのため、ご本人、ご主人、医師としっかりと相談の上決めていただければと思います。

Share

関連記事

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]

治療中に眠くなる

治療の際は鍼を刺したら一定時間(10分~30分)そのままにするが、この際にベッドから寝息やイビキが聞こえてくる。 元々、眠たいこともあるかもしれないが、患者さんの中には「眠くなった」と言われる方も少なくない。 また、治療[…]

[» 続きを見る]

○○と子宮の関係

○○は子宮と関係があります。 さて、何でしょうか? 答えは「唇です」! 唇というのは子宮の反射区で、反射区というのはいわゆる「足ツボ」のようなものになります。 不妊治療で人工授精以上にステップアップしてしまうと性行為どこ[…]

[» 続きを見る]

聴力検査アプリ

最近、耳鳴りや難聴の方が来院されることが多いため、自分でも治療後に聴力の回復具合の目安となることができないだろうか?と悩んでいました。 そこで、駄目もとでスマホのアプリで検索すると「聴力検査」というアプリを発見! なかな[…]

[» 続きを見る]

ストレス性の痛みやコリに効果的なツボ

写真は合谷というツボになります。 このツボは知っている方も多いのではないでしょうか? テレビやツボ押しなどの本ではおそらく、肩こりや眼精疲労などに効果的ということで紹介されているかと思います。 この合谷というツボは色々な[…]

[» 続きを見る]