【タイミングはいつ?】気になる不妊治療のステップアップについて

不妊治療を始めてみたもののなかなか子供を授かることができないため、ステップアップを考えてるけどタイミングや目安が分からないと悩んでいませんか?

不妊治療はタイミング法から始まり徐々にステップアップしていくものですが、次の治療へのステップアップするタイミングは人それぞれ違いはあります。

今回は不妊治療の際のステップアップのタイミング、ステップアップする際に検討すべきこと、ステップアップしたくない方がすべきことなどについて、不妊治療にも携わる鍼灸師が解説していくため、ステップアップを検討している方は参考にしていたらと思います。

【タイミングはいつ?】気になる不妊治療のステップアップについて

不妊治療をしていく際に多くの方が悩まされるステップアップのタイミングについて、各治療法からのステップアップのタイミングについてご説明していきます。

 

タイミング法から人工授精へのステップアップ

まず不妊治療はタイミング法から始まりますが、人工授精へのステップアップのタイミングはおよそ1年ほどではないかと思います。

あくまでも目安となりますが、できるだけ早く子供が欲しいという方の場合や年齢の部分も考慮し、半年ほどで人口授精を選択される場合もあります。

そのため、目安としては半年~1年と考えていただければと思います。

また、フーナーテストを何度行っても陽性となってしまう場合はタイミング法からではなく、人工授精からスタートすることが望ましくなります。

 

人工授精から体外受精へのステップアップ

人口授精から体外受精へのステップアップのタイミングは人工授精を6~10回ほど行っても妊娠できない場合となります。

現在では多くの病院では人工授精の目安は6回としている病院が多いため、実質的には半年ほどが目安となります。

当院に不妊治療で来られる方の場合も6回ほどで体外受精へステップアップされる方が多くいらっしゃいます。

 

体外受精から顕微授精へのステップアップ

体外受精から顕微授精へのステップアップはやや難しい部分がありますが、体外受精から顕微授精へのステップアップは本当に必要かと言えば、必ずしも必要ではありません。

これは体外受精と顕微授精の違いを考えれば答えは出てきます。

  • 体外受精:精子に問題がない
  • 顕微授精:精子に問題あり

体外受精と顕微授精の違いは「精子の運動率や量などに問題があるかないか」になります。

つまり、精子に受精する力があるかどうかでどちらの治療になるかが決まってきます。

そのため、精子に問題がなければ原則として顕微授精へステップアップすることはないと考えましょう。

当院に不妊治療で来院される方の中には体外受精を10回行っているという方もいらっしゃいましたが、幸いにもこの方の場合は鍼灸治療を始めて最初の体外受精で妊娠することができました。

【体外受精へのステップアップ???】

 

不妊の原因によっては最初から顕微授精を行う必要あり

  • 精子の運動率が40%以下
  • 精子の量が1,500万以下

このような場合は男性不妊となるため、自然妊娠や人工授精、体外受精での妊娠は難しくなってしまうため、不妊治療としては最初から顕微授精を行うことになります。

そのため、不妊治療を行う場合はかならず夫の精液検査を行う必要があります。

場合によっては夫が無精子症の場合もあります。

この場合は手術により精巣から直接精子を取り出す必要があります。

【精子の基準値についてはこちら】

 

不妊治療をステップアップするタイミングで検討すべきこと

ソファーに座りながら悩む女性

不妊治療を行う上でステップアップは必要な選択肢となりますが、ステップアップをするタイミングで検討すべきことが2点あります。

  • 病院を変えてみる
  • 仕事を辞めて治療に専念する

 

病院を変えてみる

治療のステップアップとともに治療を行う病院を変えてみるのも1つの選択肢となります。

不妊治療開始当初から大きな病院で行っている場合もあれば、中には個人病院で不妊治療を行っている婦人科で治療を行っている方もいます。

こういった個人病院でタイミング法なり、人工授精で妊娠できれば良いですが、すべての方が上手くいくとは限りません。

そのため、高度医療である体外受精や顕微授精へステップアップする場合は大きな病院へ転院して高度医療に挑むという選択肢もあります。

実際に当院の様のケースでは転院したことにより、当初言われていた不妊の原因以外にも他の原因が発覚した方や多嚢胞と言われていたが、多嚢胞ではなかったという方もいらっしゃいます。

 

仕事を辞めて治療に専念する

不妊治療はお金がかかるため、あまり良い選択とは言えませんが、治療に専念するために仕事を辞めるという選択もあります。

実際に当院の患者様の中にも仕事と治療の両立が難しいと感じたため、仕事を辞める選択を取られた方は何人もいらっしゃいます。

この場合は夫側の理解も必要になってくるため、夫婦でしっかりと話し合いを行いましょう。

日本では不妊治療に対する理解があまりないことが多いため、今の日本社会の大きな問題であることは間違いありません。

 

不妊治療のステップアップをしたくない場合にすべきこと

深呼吸をする女性

不妊治療は費用の面でも非常にかかるため、子供は欲しいが本音としてはできるだけステップアップしたくないという考えを持たれているも少ないと思います。

もし、あなたができればステップアップしたくないと考えている場合は以下のことを検討してみましょう。

  • 病院での治療をいったん全て中止するステップダウンしてみる
  • 生活習慣を徹底的に改善する
  • 鍼灸治療や漢方薬で体質改善をする

 

病院での治療をいったん全て中止するステップダウンしてみる

不妊治療が長期にわたってしまうと身体的にも精神的にもきつくなってしまいます。

そのため、思い切って病院での治療をいったん全て中止して、ステップダウンという選択をしてみるのも1つの方法になります。

実際に病院での治療をやめた途端に自然妊娠できたという方は意外といらっしゃいますし、私の友人も夫の

仕事の関係で5年間アメリカに行くことになりました。

そして、アメリカは医療費が高いため不妊治療はしない決めたようですが、その後自然妊娠し、子供を出産しています。

人によっては病院へ行くことがストレスとなってしまっていることもあるため、思い切って治療を中止するという選択もあります。

 

生活習慣を徹底的に改善する

不妊治療を行う上で避けて通れないのが、生活習慣の改善です。

不妊の原因が分かっている方も原因不明の不妊であっても生活習慣改善は必須項目と言えます。

女性でも比較的多いのが、結婚してから入浴する際にシャワーになったという事。

湯船にもしっかりと浸かり、体を温めるということができていない女性も結構いらっしゃいます。

今一度、自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

鍼灸治療や漢方薬で体質改善をする

病院の治療をステップアップしたくない場合は鍼灸治療や漢方薬による体質改善を行うのも1つの選択肢になるかと思います。

どちらの場合も少々費用は掛かってしまいますが、ホルモン剤などに比べれば副作用もなく体にやさしい治療法になるため、薬で疲れ切った心身の回復も期待できます。

  • 鍼灸治療で体質改善を行い、自然妊娠を目指す
  • 体を一度リセットするために鍼灸治療を行う

当院ではこのような方が多く来院されており、自然妊娠される方もいれば、ステップアップすることなく妊娠できている方もいます。

もちろん、中には鍼灸治療を行いながらもステップアップされて妊娠される方もいます。

鍼灸治療や漢方薬で妊娠しやすい体づくりを行うのも1つの選択肢となります。

【当院の鍼灸治療による不妊治療について】

 

まとめ

不妊治療をする上でステップアップするタイミングは難しい部分はありますが、医師からもステップアップのタイミングは話があるはずです。

医師の中にはできるだけ早くステップアップさせた方が良いという方もいるかもしれませんが、ご本人ができるだけ自然な形での妊娠を希望されているのであればご本人の意思を尊重するべきだと私は考えています。

そのため、医師の指示に従うのも良いですし、自分の考えを話した上で医師と話し合って決めていきましょう。

また、治療のステップアップとともに病院を変えてみるのも1つの選択肢としてあります。

特に高度医療へのステップアップとなると個人病院の婦人科よりも大きな病院の方が実績はたくさんあるため、転院も考えてみましょう。

Share

関連記事

PMDDに対する鍼灸治療の症例

20代女性のPMDDに対する鍼灸治療の症例です。 PMSの症状がある女性の約5%の方に見られるPMDDですが、鍼灸治療でも改善が可能になりますが、生活習慣の改善も非常に大切です。鍼灸治療だけではなく、日常生活では運動を取[…]

[» 続きを見る]

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]

身体は嘘をつかない

美容鍼でお越しの女性。 数年前に胃ガンが発見され、胃を全摘出。 お悩みはたるみ、手足の冷えがキツイ、寝つきが悪く、熟睡感がない。 井穴診という指先にあるツボで胃と関係のある厲兌(れいだ)に顕著な圧痛あり。 その他、背中の[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の診察法~舌診~

東洋医学では問診以外に、脈診や舌診・腹診など独特の診察法があります。 その中で今回は舌診についてのご紹介です! 舌診とはその名の通り「舌」を「診る」わけですが、まず大切なのが健康な人の舌がどのような状態かを知っておかなけ[…]

[» 続きを見る]

起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例1.1 【13歳 男性】 起立性調節障害1.2 【16歳 男性】 起立性調節障害 起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例 思春期の子供に見られる朝起きられない、不眠、めまい[…]

[» 続きを見る]