不妊治療の気になるペース

不妊治療に鍼灸を取り入れる場合、どのくらいのペースで通う必要があるの?

昨今の日本では鍼灸治療をはじめとした東洋医学が注目されており、NHKでも鍼灸治療の特集が組まれるようになっております。
そして、鍼灸治療は本当に様々なお悩みを改善することが可能になりますが、中でも現在鍼灸デビューとなるきっかけになるのが不妊治療の一環で鍼灸治療を取り入れようという方々です。
鍼灸治療による不妊治療の場合、現在の医療制度上では保険診療とはならず自費診療となることはご存知の方が多いかと思いますが、病院での不妊治療を受けている方が鍼灸治療も取り入れる際にやはり気になるのが治療ペースになるかと思います。
各治療院によって提示する治療ペースは違ってくる部分がありますが、当院ではこのように考えております。

鍼灸による不妊治療のペースはどのくらい?

原因不明の不妊の場合

病院で検査をしてもお互いに特に問題がないケースも多々あります。
しかし、検査というのはあくまでも西洋医学の観点から体を診て言った場合になりますが、東洋医学的な視点から体を診ていくと要治療となることは多々あります。
そのため、原因不明の方の場合は基本的には週1回の治療を基本としております。

不妊の原因となる基礎疾患がある場合※多嚢胞、無排卵、黄体機能不全など

不妊の原因となる基礎疾患がある場合はまずは基礎疾患の治療を行う必要があるために、当院では基本的には週2回を基本としております。
治療とともに生活習慣の改善を行なっていき、基礎体温や病院での排卵チェックなども行ないながら治療効果の判定を行なっていきます。薬に関しては使用していただいても特に問題ありません。

40代の方

基礎体温の状態、ホルモン値などを確認させていただいた上で週1回、または週2回かを判断させていただきます。
特に問題のない方は週1回、しっかりと治療しなければいけない場合は週2回を基本としております。

まとめ

週1回の治療なのか週2回の治療なのかはその方の現状によって左右されてきます。やはりしっかりと治療すべき原因がある場合は全ての方ではありませんが、週1回の治療では難しい面もあります。
ただし、週2回の方の場合は原因の改善具合をみて週1回に変更していきますので、不妊治療というよりはまずは基礎疾患の治療に専念していくとお考えいただければと思います。
そのため、基礎体温表もしっかりと付けていただくことにもなります。

基礎体温表

また、治療の際には週1回の方でも週2回の方でも基本的には生活習慣の改善はしていただかなくてはいけません!場合によっては自宅にてお灸によるセルフケアもお願いしております。

鍼灸による不妊治療をご検討の方はご参考にしてください。

Share

関連記事

チョコレート嚢腫の著効例

2ヶ月ほど前からお越しの40代女性。 元々は別のお悩みで来院されていましたが、主訴は1回で改善されたが、その後も健康管理ということで今でも週1で来院されていましたが、先日、総合病院の婦人科にて定期健診をしたところ、チョコ[…]

[» 続きを見る]

自然妊娠の確率

健康な20代のカップルが避妊をせずに性行為を行なった場合の自然妊娠の確率をご存知でしょうか? コンテンツ1 確率的には25~30%となっています。2 排卵日付近に性行為をしても100%できるわけではないということ。 確率[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

足で診る骨盤内(子宮)の血流状態

皆さん、まず自分の足の土踏まずの辺りを見てください。 土踏まずの部分に、太い静脈が浮き出ていたり、赤くて細い血管のようなっものがあったりしませんか? もし、こういったものがあるならば、あなたの骨盤内(子宮)の血流状態が悪[…]

[» 続きを見る]

東洋医学から診た夏バテ

毎日、毎日、毎日暑い日が続く今年の夏。体調はいかがでしょうか? 夏バテになってはいませんか? 夏バテの症状といえば食欲不振、体のだるさ、疲れやすさなどがありますが、一言で言うと『夏の体の不調』ということです。 西洋医学で[…]

[» 続きを見る]