不妊治療の気になるペース

不妊治療に鍼灸を取り入れる場合、どのくらいのペースで通う必要があるの?

昨今の日本では鍼灸治療をはじめとした東洋医学が注目されており、NHKでも鍼灸治療の特集が組まれるようになっております。
そして、鍼灸治療は本当に様々なお悩みを改善することが可能になりますが、中でも現在鍼灸デビューとなるきっかけになるのが不妊治療の一環で鍼灸治療を取り入れようという方々です。
鍼灸治療による不妊治療の場合、現在の医療制度上では保険診療とはならず自費診療となることはご存知の方が多いかと思いますが、病院での不妊治療を受けている方が鍼灸治療も取り入れる際にやはり気になるのが治療ペースになるかと思います。
各治療院によって提示する治療ペースは違ってくる部分がありますが、当院ではこのように考えております。

鍼灸による不妊治療のペースはどのくらい?

原因不明の不妊の場合

病院で検査をしてもお互いに特に問題がないケースも多々あります。
しかし、検査というのはあくまでも西洋医学の観点から体を診て言った場合になりますが、東洋医学的な視点から体を診ていくと要治療となることは多々あります。
そのため、原因不明の方の場合は基本的には週1回の治療を基本としております。

不妊の原因となる基礎疾患がある場合※多嚢胞、無排卵、黄体機能不全など

不妊の原因となる基礎疾患がある場合はまずは基礎疾患の治療を行う必要があるために、当院では基本的には週2回を基本としております。
治療とともに生活習慣の改善を行なっていき、基礎体温や病院での排卵チェックなども行ないながら治療効果の判定を行なっていきます。薬に関しては使用していただいても特に問題ありません。

40代の方

基礎体温の状態、ホルモン値などを確認させていただいた上で週1回、または週2回かを判断させていただきます。
特に問題のない方は週1回、しっかりと治療しなければいけない場合は週2回を基本としております。

まとめ

週1回の治療なのか週2回の治療なのかはその方の現状によって左右されてきます。やはりしっかりと治療すべき原因がある場合は全ての方ではありませんが、週1回の治療では難しい面もあります。
ただし、週2回の方の場合は原因の改善具合をみて週1回に変更していきますので、不妊治療というよりはまずは基礎疾患の治療に専念していくとお考えいただければと思います。
そのため、基礎体温表もしっかりと付けていただくことにもなります。

基礎体温表

また、治療の際には週1回の方でも週2回の方でも基本的には生活習慣の改善はしていただかなくてはいけません!場合によっては自宅にてお灸によるセルフケアもお願いしております。

鍼灸による不妊治療をご検討の方はご参考にしてください。

Share

関連記事

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]

高校生向けの妊娠・不妊関連の教材

昨日のYahooニュース。 文部科学省が『妊娠のしやすさと年齢の関係』 や『不妊に関する内容』を盛り込んだ高校生向けの保健教育教材を作成したそうです。 <文科省>妊娠しやすさと年齢、副教材に 高校生向けに作製 早いうちか[…]

[» 続きを見る]

全頭型脱毛症の症例

30代 男性 全頭型脱毛症の症例 6月中旬に来院。 今年の5月に会社の上司2人の不仲から職場の空気が悪くなったことがきっかけで脱毛症を発症。 当初は1箇所のみだったが、円形脱毛症になってしまったことにショックを受け、精神[…]

[» 続きを見る]

身体に熱がこもった「実熱体質」

このタイプは主に気滞体質の方がなりやすい体質になります。 気滞というのは気の流れが悪い状態になりますが、ちょっとイメージしてみましょう。 人口密度が高く、人の流れが悪い場所では室内温度は高くなりますよね? このような状況[…]

[» 続きを見る]

使用する鍼の種類

当院では色々な種類やサイズの鍼を使用します。 写真は実際に使用する鍼の一部になりますが、比較的多く使用する鍼になります。 使用する鍼をどのように選ぶかというとツボの深さや大きさ、目的などで変わってきます。 全て使い捨ての[…]

[» 続きを見る]