ストレスによる咳喘息の症例

40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例

シルバーウィーク頃に風邪を引き、発熱と咳が出る。風邪が治りかけた所で家庭内でゴタゴタガあり咳が止まらなくなったため、内科を受診し咳喘息と診断。
薬を使用するも効果がなく、胃が痛くなる。
現在は発熱・頭痛・鼻水・鼻づまりなどの風邪の症状はなし。
昔から春やストレスが溜まると咳が止まらなくなるという症状あり。

ストレスによる咳喘息

【弁証】

肝気犯肺証による咳喘息

【病因病理】

風邪を引き肺失粛降から肺気の上逆が起こり咳が出る。
その後にストレスにより肝気の上逆が起こり、肺気の上逆がさらに酷くなり咳喘息を発症したと考える。

【治療】

左太衝と左尺沢に20分置鍼。
治療後は咳が落ち着く。

3日後に再来院。
治療後2日間は咳がほとんど出なかったが、再度かなりのストレスにさらされ、咳が出て夜も眠れない状態。
初回の時よりも咳と痰の絡みが酷い印象があったため、左肺兪でまず症状を緩和させる。
その後、左列ケツと左太衝に20分置鍼。

1時間前が嘘のように咳が止まり、痰の絡みも解消され喉が楽になる。

Share

関連記事

早期治療の大切さ

どんな病気でも早期発見・早期治療は大切です。 これは現代医学でも東洋医学でもやはり同じ。 特に以前から感じているのは耳鳴りや難聴は何年も前からとなるとなかなか難しいケースに出会うことがある。 多くの方は発症してから数ヶ月[…]

[» 続きを見る]

当たり前のことができるかどうか

名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 GWも今日を含めて後3日ですが、いかがお過ごしでしょうか? 私は特に出かけることなく、一昨日に高校のOB会に参加して懐かしい面々との再開を果たしたぐらいです。 突然で[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

paypayに対応しました

11月からpaypayでのお支払いが可能となりました。 ひとまず来年の6月までは継続していきますが、6月以降は継続するかは未定となります。 また、鍼灸院をはじめとする医療機関は消費税ポイント還元の対象外となるため、2%ま[…]

[» 続きを見る]

患者よ、薬を捨てなさい

※思いのほか長文になっています。 こう言われるとなんだか聞こえが悪いですよね。 鍼灸師風情が何言ってんだって感じですが、これは僕が患者さんに言っている訳ではありません。 この言葉は薬を出す側のある方が言っている言葉になり[…]

[» 続きを見る]