生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?

生理痛の原因は主に東洋医学では気の滞り、瘀血(おけつ)、気血両虚、寒邪による冷えなどにより起きるものと考えられます。
東洋医学では痛みが出る原則として、「不通則痛」、「不栄則痛」という考え方があり、この痛みが起きる原則は生理痛に限ったことではなく、痛み全般に言えることになり、前者は実症という比較的激しい痛みが起きるのが特徴で、後者は鈍痛が特徴になります。

不通則痛とは?

通ざればすなわち痛む。
ストレスや冷えなどにより身体の中を巡っている気血の流れが悪くなるために痛みが起きること。
個人差はありますが、痛み方は激しい痛みになることが多くなります。
生理前または初日に痛みがあり、生理が終わると身体がすっきりする場合はこちらが原因となります。

不栄則痛とは?

栄ざればすなわち痛む。
身体にとって必要な気血が不足することにより痛みが起きることで、虚弱体質が原因になります。
激しい痛みではなくうずくような痛みや鈍痛が特徴になります。
生理痛は月経中~月経後に下腹部に痛みが起きてきます。

あなたはどのタイプの生理痛?

気滞

普段からストレスをためており、生理前に胸の張りや下腹部の張りがある。
生理初日にかけて下腹部に張痛があり、生理が終わりがけになると痛みはなくなる。
下腹部を温めると痛みは楽になる。

瘀血

生理痛は締め付けられるような痛みや刺されるような痛みがある。
また、月経血に血の塊が出たり、月経血が暗紅色や赤紫色。

気血両虚

生理前よりも生理後半からうずくような痛みが下腹部にあり、身体もしんどくなる。
月経血は鮮紅色で月経量も少なめ

冷え(寒邪)

生理痛が寒い時期になると痛みが増す。
温めると痛みが軽減する。

まとめ

東洋医学では一言に生理痛といっても色々なタイプがあります。
一般的には三陰交というツボが生理痛には有効と言われていますが、このツボでは効果がないことも多々あります。
まずはご自身の生理痛が
・いつ頃から痛みが出るのか?
・どんな痛みか?
・月経血の状態は?
・どうすると楽になるのか?※薬以外で

この辺りをチェックした上で、どのタイプなのかを判断してみてください。

Share

関連記事

坐骨神経痛の鍼灸治療の症例集

コンテンツ1 坐骨神経痛の鍼灸治療の症例集1.1 坐骨神経痛 42歳 女性1.2 50代女性 ヘルニアの手術後の坐骨神経痛1.3 30代女性 軽度の腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛1.4 50代女性1.5 坐骨神経痛 […]

[» 続きを見る]

医療費控除してますか?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。 そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはや[…]

[» 続きを見る]

睡眠不足がもたらす心への影響

寝苦しい夜が続いていますが、皆さんはしっかりと睡眠を取れているでしょうか? 私はここ数日、野良猫に安眠妨害されており、猫対策を色々と考えております。 睡眠は人間の3大欲求の1つでありますが、良質な睡眠はやはり大切です。 […]

[» 続きを見る]

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな? いや、痰とは違う。 でも喉に何かある感じがする。 比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。 東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態に[…]

[» 続きを見る]