生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?

生理痛の原因は主に東洋医学では気の滞り、瘀血(おけつ)、気血両虚、寒邪による冷えなどにより起きるものと考えられます。
東洋医学では痛みが出る原則として、「不通則痛」、「不栄則痛」という考え方があり、この痛みが起きる原則は生理痛に限ったことではなく、痛み全般に言えることになり、前者は実症という比較的激しい痛みが起きるのが特徴で、後者は鈍痛が特徴になります。

不通則痛とは?

通ざればすなわち痛む。
ストレスや冷えなどにより身体の中を巡っている気血の流れが悪くなるために痛みが起きること。
個人差はありますが、痛み方は激しい痛みになることが多くなります。
生理前または初日に痛みがあり、生理が終わると身体がすっきりする場合はこちらが原因となります。

不栄則痛とは?

栄ざればすなわち痛む。
身体にとって必要な気血が不足することにより痛みが起きることで、虚弱体質が原因になります。
激しい痛みではなくうずくような痛みや鈍痛が特徴になります。
生理痛は月経中~月経後に下腹部に痛みが起きてきます。

あなたはどのタイプの生理痛?

気滞

普段からストレスをためており、生理前に胸の張りや下腹部の張りがある。
生理初日にかけて下腹部に張痛があり、生理が終わりがけになると痛みはなくなる。
下腹部を温めると痛みは楽になる。

瘀血

生理痛は締め付けられるような痛みや刺されるような痛みがある。
また、月経血に血の塊が出たり、月経血が暗紅色や赤紫色。

気血両虚

生理前よりも生理後半からうずくような痛みが下腹部にあり、身体もしんどくなる。
月経血は鮮紅色で月経量も少なめ

冷え(寒邪)

生理痛が寒い時期になると痛みが増す。
温めると痛みが軽減する。

まとめ

東洋医学では一言に生理痛といっても色々なタイプがあります。
一般的には三陰交というツボが生理痛には有効と言われていますが、このツボでは効果がないことも多々あります。
まずはご自身の生理痛が
・いつ頃から痛みが出るのか?
・どんな痛みか?
・月経血の状態は?
・どうすると楽になるのか?※薬以外で

この辺りをチェックした上で、どのタイプなのかを判断してみてください。

Share

関連記事

薄毛対策

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性であれば誰でも気になる問題が「薄毛」の問題で、男性も気にされる方も多いですが、「髪は女の命」とも言うように女性であればやはりかなりの問題[…]

[» 続きを見る]

女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな? いや、痰とは違う。 でも喉に何かある感じがする。 比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。 東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態に[…]

[» 続きを見る]

基礎体温が高温期になかなか上がらない原因とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回は基礎体温を付けている方に時々見られる低温期から高温期へスムーズに上がらない原因についてご説明いたします。 コンテンツ1 基礎体温が高温期にスムーズに上がらない原因2 排卵と体[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。 幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。 以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状[…]

[» 続きを見る]

本日より新店舗の内装工事スタート!

本日より新店舗の内装工事がスタートします! 現状は「スケルトン」と言い鉄骨むき出しで全く何もない状態です。しかも、床のコンクリートさえもないというから困ったものです。。。 さらに以前は雀荘だったためか、南側と西側の壁も塞[…]

[» 続きを見る]