女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

無理なダイエットがもたらす代償

女性の方々が常に気にしているのが体重かと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
以外と自分では気にしていても、周りから見ると別に太っているとは思えない方が多いですが、やはり多くの女性は少しでも痩せたい!という願望を持たれてる方が多いのではないでしょうか?
そのため、ダイエットする方の多くはまずは食事制限によるダイエットを試みると思います。

しかし、そこには落とし穴があります!

食事制限によるダイエットは確かに減量するためには必要な事ではありますが、やはり適切に行なわなければ体に異常をきたす原因になります。

ダイエットの基本は運動です!
運動をせずに食事制限だけで減量をするとなると、必要な栄養素が不足するために
・肌がカサカサになる
・顔色が悪くなる
・爪がもろくなる
・髪の毛の艶がなくなる
などの異常が見られるようになりますが、これら以外にも「月経」にも影響が出てきます。
無理なダイエットをしてしまうと、生理が止まり、「無月経」になります。生理が来ないのは楽!という考え方もあるかもしれませんが、適齢期になったら妊娠・出産したいという場合はかなりの問題になります。

無月経とダイエットとの関係は?

女性の生理と関係してくる女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンはコレステロールを基に作られるホルモンになります。
そのため、無理な食事制限によるダイエットによりホルモンを作り出すだけの栄養素が不足するために、これらのホルモンを作り出すことができないために無月経となってしまいます。
比較的若い女性に多く観られる傾向があるために両親による注意が必要となります。

ダイエットによる無月経を阻止するためには?

まず第一に「本当にダイエットが必要かどうか」を考えましょう。
ダイエットが必要かどうかの基準となるのがBMI値という物になります。
計算式はこちらになるので、まずは計算してみてください。

BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

こちらの計算で出た数値が25以上ですと肥満ということになるためダイエットが必要ということになります。

パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!

以外かもしれませんがパリコレに出るモデルの方々も無理なダイエットはしていないという事実があります。
していないというよりは、パリコレに出るためにはBMI値が18を下回ってはいけないという規定があります。もし、この数値を下回っていた場合はどれだけ人気のあるモデルの方でも出ることができなくなります。

なぜこのような規定ができたかと言うと、モデルの方の健康状態を守るためです。
モデルという職業はスタイル維持をしなければいけないために、無理なダイエットをしがちです。その代償として無月経であったり、拒食症になるケースがあるため、このような規定ができています。

ダイエットによる無月経の治療法は?

このケースでの無月経の治療は体重を適正な数値までゆっくりと時間をかけて戻すことです。
もともと栄養不足から来るもののため、必要な栄養素を毎日しっかりと摂取し体重が戻れば自然と生理は再開されます。

皆さんもくれぐれも無理なダイエットにはお気をつけ下さい。
今よりも、未来を考えて行動しましょう。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

運動してますか?

世間ではGWに突入しておりますが、本日もお仕事をしております。 突然ですが、皆さんは今現在運動はしてますか? 僕は10年前まではバスケをやっていましたが、辞めてから早10年・・・最近腹回りがヤバイと思い恐る恐る体重計に乗[…]

[» 続きを見る]

コロナワクチン接種後に生理不順?女性が覚えて起きたいワクチン事情

新型コロナの予防のためにワクチンを打ちたいが、ワクチン接種後の生理に何かしらの影響がないか心配であったり、生理不順になるか気になっていませんか? または、すでに接種済みだがワクチン接種してから生理不順になっているけど関係[…]

[» 続きを見る]

五行色体表

五行学説とは自然界に存在するすべてのものは木・火・土・金・水の5つに分類することができるという考えになります。 鍼灸師になるには必ず覚えなければいけない内容になります。(懐かしい。) 治療を行うにあたって意外と大事だった[…]

[» 続きを見る]

【更年期でお悩みの方必見!】鍼灸師が教えるホットフラッシュ対策

更年期障害によるホットフラッシュでお悩みの方へ。 突然起きるホットフラッシュはのぼせる辛さもありますが、大量の汗をかいてしまうため人の目も気になってしまうため、自分でできる対策がないか気になっていませんか? 今回は更年期[…]

[» 続きを見る]

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]