女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

無理なダイエットがもたらす代償

女性の方々が常に気にしているのが体重かと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
以外と自分では気にしていても、周りから見ると別に太っているとは思えない方が多いですが、やはり多くの女性は少しでも痩せたい!という願望を持たれてる方が多いのではないでしょうか?
そのため、ダイエットする方の多くはまずは食事制限によるダイエットを試みると思います。

しかし、そこには落とし穴があります!

食事制限によるダイエットは確かに減量するためには必要な事ではありますが、やはり適切に行なわなければ体に異常をきたす原因になります。

ダイエットの基本は運動です!
運動をせずに食事制限だけで減量をするとなると、必要な栄養素が不足するために
・肌がカサカサになる
・顔色が悪くなる
・爪がもろくなる
・髪の毛の艶がなくなる
などの異常が見られるようになりますが、これら以外にも「月経」にも影響が出てきます。
無理なダイエットをしてしまうと、生理が止まり、「無月経」になります。生理が来ないのは楽!という考え方もあるかもしれませんが、適齢期になったら妊娠・出産したいという場合はかなりの問題になります。

無月経とダイエットとの関係は?

女性の生理と関係してくる女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンはコレステロールを基に作られるホルモンになります。
そのため、無理な食事制限によるダイエットによりホルモンを作り出すだけの栄養素が不足するために、これらのホルモンを作り出すことができないために無月経となってしまいます。
比較的若い女性に多く観られる傾向があるために両親による注意が必要となります。

ダイエットによる無月経を阻止するためには?

まず第一に「本当にダイエットが必要かどうか」を考えましょう。
ダイエットが必要かどうかの基準となるのがBMI値という物になります。
計算式はこちらになるので、まずは計算してみてください。

BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

こちらの計算で出た数値が25以上ですと肥満ということになるためダイエットが必要ということになります。

パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!

以外かもしれませんがパリコレに出るモデルの方々も無理なダイエットはしていないという事実があります。
していないというよりは、パリコレに出るためにはBMI値が18を下回ってはいけないという規定があります。もし、この数値を下回っていた場合はどれだけ人気のあるモデルの方でも出ることができなくなります。

なぜこのような規定ができたかと言うと、モデルの方の健康状態を守るためです。
モデルという職業はスタイル維持をしなければいけないために、無理なダイエットをしがちです。その代償として無月経であったり、拒食症になるケースがあるため、このような規定ができています。

ダイエットによる無月経の治療法は?

このケースでの無月経の治療は体重を適正な数値までゆっくりと時間をかけて戻すことです。
もともと栄養不足から来るもののため、必要な栄養素を毎日しっかりと摂取し体重が戻れば自然と生理は再開されます。

皆さんもくれぐれも無理なダイエットにはお気をつけ下さい。
今よりも、未来を考えて行動しましょう。

Share

関連記事

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関するお勧め書籍

東洋医学は鍼灸師になるためには必ず勉強しなければならない科目ですが、鍼灸師の中でも東洋医学に対して好き・嫌いが分かれています。 そのため、一般の方が東洋医学について勉強するのは非常に大変です。 でも、興味があるという方に[…]

[» 続きを見る]

1本の鍼と100本の鍼

鍼灸治療にはたくさんの流派があります。 そのため、治療方法も流派ごとに違うことになり、使用する鍼の本数も1回の治療で100本試使用する方法もあれば、10本程度、中には平均2~3本で時には1本の鍼を1箇所にしか刺さずに治療[…]

[» 続きを見る]

【鍼灸師が教える】花粉症対策にはパナソニックの空気清浄機がおすすめ

花粉症対策として空気清浄機を買いたい、または買い換えたいけどおすすめの製品がどれだか分からなかったり、おすすめがあれば知りたいと考えていませんか? 鍼灸師である私が実際に治療院で使っている空気清浄機はパナソニックになりま[…]

[» 続きを見る]

心の病の原因は身体にある

現代社会の代名詞ともいえるのが「ストレス」ですが、このストレスが原因でうつ病やパニック障害などの心の病を発症してしまう人が現代では急増している。 心の病を発症すると心療内科や精神科で抗不安薬や精神安定剤、睡眠薬、最近では[…]

[» 続きを見る]