女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

無理なダイエットがもたらす代償

女性の方々が常に気にしているのが体重かと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
以外と自分では気にしていても、周りから見ると別に太っているとは思えない方が多いですが、やはり多くの女性は少しでも痩せたい!という願望を持たれてる方が多いのではないでしょうか?
そのため、ダイエットする方の多くはまずは食事制限によるダイエットを試みると思います。

しかし、そこには落とし穴があります!

食事制限によるダイエットは確かに減量するためには必要な事ではありますが、やはり適切に行なわなければ体に異常をきたす原因になります。

ダイエットの基本は運動です!
運動をせずに食事制限だけで減量をするとなると、必要な栄養素が不足するために
・肌がカサカサになる
・顔色が悪くなる
・爪がもろくなる
・髪の毛の艶がなくなる
などの異常が見られるようになりますが、これら以外にも「月経」にも影響が出てきます。
無理なダイエットをしてしまうと、生理が止まり、「無月経」になります。生理が来ないのは楽!という考え方もあるかもしれませんが、適齢期になったら妊娠・出産したいという場合はかなりの問題になります。

無月経とダイエットとの関係は?

女性の生理と関係してくる女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンはコレステロールを基に作られるホルモンになります。
そのため、無理な食事制限によるダイエットによりホルモンを作り出すだけの栄養素が不足するために、これらのホルモンを作り出すことができないために無月経となってしまいます。
比較的若い女性に多く観られる傾向があるために両親による注意が必要となります。

ダイエットによる無月経を阻止するためには?

まず第一に「本当にダイエットが必要かどうか」を考えましょう。
ダイエットが必要かどうかの基準となるのがBMI値という物になります。
計算式はこちらになるので、まずは計算してみてください。

BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

こちらの計算で出た数値が25以上ですと肥満ということになるためダイエットが必要ということになります。

パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!

以外かもしれませんがパリコレに出るモデルの方々も無理なダイエットはしていないという事実があります。
していないというよりは、パリコレに出るためにはBMI値が18を下回ってはいけないという規定があります。もし、この数値を下回っていた場合はどれだけ人気のあるモデルの方でも出ることができなくなります。

なぜこのような規定ができたかと言うと、モデルの方の健康状態を守るためです。
モデルという職業はスタイル維持をしなければいけないために、無理なダイエットをしがちです。その代償として無月経であったり、拒食症になるケースがあるため、このような規定ができています。

ダイエットによる無月経の治療法は?

このケースでの無月経の治療は体重を適正な数値までゆっくりと時間をかけて戻すことです。
もともと栄養不足から来るもののため、必要な栄養素を毎日しっかりと摂取し体重が戻れば自然と生理は再開されます。

皆さんもくれぐれも無理なダイエットにはお気をつけ下さい。
今よりも、未来を考えて行動しましょう。

Share

関連記事

主婦手湿疹とストレスの関係

主婦手湿疹とは家事による水仕事が原因で皮膚のバリヤ機能がなくなってしまうことにより起こる湿疹のことで、意外にもこの手湿疹で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。 ですが、同じ主婦の方で、同じ程度の水仕事をしているにもかかわ[…]

[» 続きを見る]

PMSは東洋医学ではどう考えるか?

コンテンツ1 東洋医学でのPMSの基本的な考え方2 なぜ色々な症状が出てくるのか?3 東洋医学的なPMSの体質 東洋医学でのPMSの基本的な考え方 PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。 家庭環境の問題や[…]

[» 続きを見る]

夏の養生

関東では昨日梅雨明けが発表されましたが、東海地方は梅雨明けしたのでしょうか? したということにしておきましょう。 さて、これから夏本番という感じで暑い日が続くようですが、体調を崩さないようにしなければいけません。 夏の養[…]

[» 続きを見る]

脈診での妊娠判定

不妊治療をしていると、今回は妊娠しているかどうかということは気になるところだと思います。 妊娠しているかどうかを調べるためには市販の妊娠検査薬を行なうことで結果を知ることができるため、多くの方が行なっているかと思います。[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]