ツボの左右差

ツボというのは身体の正面と背面のど真ん中を貫いている経絡(気の流れ道)以外は左右対称にツボが存在しています。
左右対称にツボがあるため両方に鍼を刺したり押したりしますが、最近はツボの左右差というのを意識して治療を行っています。
どのように左右差が現れるかというと

1.圧痛

2.へこみ具合

3.ゴリゴリ感

4.熱感や冷え

5.シミ

このような左右差がツボにはあります。
もちろんすべてのツボに左右差が出るわけではありませんし、片方しか使わないというわけでもありません。
これはケースバイケースということになります。
痛がりの方や鍼灸治療が始めてという方は鍼は少ない方が楽ですし、以前のブログで書いた「得気」というものを考えればなおさらです。

以前は使用する鍼が12~16本ほどでしたが、今ではこの半分に減っています。

Share

関連記事

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

体の水分は通常体中を巡り、身体に潤いを与えていますが、このタイプの方は体の中の水分の流れが悪くなることにより、有害な物質である「痰湿」が身体に溜まった状態になります。 体の中に余分な水分が溜まっているため、梅雨の時期や、[…]

[» 続きを見る]

治療中に眠くなる

治療の際は鍼を刺したら一定時間(10分~30分)そのままにするが、この際にベッドから寝息やイビキが聞こえてくる。 元々、眠たいこともあるかもしれないが、患者さんの中には「眠くなった」と言われる方も少なくない。 また、治療[…]

[» 続きを見る]

靴はお脱ぎください

移転してから今日で1週間が経ちましたが、ここで当院からのお願いがあります。 当院は土足禁止となっております。 フロアと土間は段差こそありませんがしっかりと変えてあるため、こちらでスリッパに履き替えるようにお願い致します。[…]

[» 続きを見る]

日光に当たってますか?

梅雨が明け、本格的な夏到来となりましたが、体調の方はいかがでしょうか? さて、夏言えば女性の天敵ともいえる「紫外線」が非常に気になるところかと思いますが、日焼け対策はバッチリと言う女性が多いかと思います。紫外線はシミの原[…]

[» 続きを見る]