【セルフケア】生理痛を和らげるために抑えておきたい5つのツボ

生理痛が酷くて困っているから少しでもやらげるためにお勧めのツボがあれば知りたいという方へ。

生理痛を和らげるツボと一言で言ってもたくさんあり、生理痛はほぼ下腹部の痛みとなるため、下腹部にもありますが、実際の治療ではあまり下腹部にあるツボは使用しません。

今回は実際の治療でも生理痛を和らげたり、生理痛を改善するためによく使用するツボ5つと、生理痛を和らげるために行うべきセルフケアを鍼灸師がご紹介します。

【セルフケア】生理痛を和らげるために抑えておきたい5つのツボ

生理痛に悩む女性

毎月、生理痛に悩まされている女性のためにセルフケアで使える生理痛に効果のあるツボを5つご紹介します。

ご紹介するツボは実際に生理痛の治療の時によく使用するツボになります。

 

【三陰交】婦人科疾患と言えばこのツボ

まずは生理痛をはじめとした婦人科疾患と言えば三陰交というツボになります。

三陰交が生理痛などの婦人科疾患に効果のある理由などはこちらを参照ください。

【女性が抑えておきたいツボ】三陰交が婦人科疾患に効果がある理由

 

【血海】三陰交と同等の力を持つツボ

血海は三陰交と同等の力を持ち、生理痛をはじめとした婦人科疾患に効果があるツボになります。

婦人科疾患は「血の道症」ともいわれ、月経、妊娠、出産、産後、または更年期によるホルモンバランスの乱れからくる体の不調のことをいいます。

また、婦人科疾患は血流の悪さとの関係も非常に深いため、「血海」という名の通り、血の問題を改善することができるツボになります。

ツボの場所:膝蓋骨の内側の角から上に指3本で、太ももの前面

 

【合谷】手にある有名なツボ

合谷はツボの中でも最も有名と言っても良いツボであり、様々な体の不調に効果があります。

中でもストレスが原因で起きる体の不調に非常に効果があるツボになります。

合谷の詳細はこちらを参照ください。

超有名な「合谷」というツボの効果について現役鍼灸師が解説します

 

【百会】頭のてっぺんにあるツボ

百会は「押すと下痢になる」という都市伝説があるツボになりますが、下痢になることはないのでご安心ください。

この百会というツボも生理痛には非常に効果のあると簿になりますが、百会も実はストレスの反応がよく出てくるツボになります。

ストレスがたまっている方の百会を押すと非常に痛がるため、試しにご自身でも押してみてください。

また、痛み以外にも大きな凹みができていることもあります。

ツボの場所:頭のてっぺんで、両耳の先端を結んだ線と鼻からの線が交わる部分

 

【太衝】足の甲にあるツボ

足のツボのイラスト

太衝穴もストレスの反応が出てくるツボになるため、ストレスが原因で起きている生理痛に非常に効果があります。

また、生理痛以外にも生理前にイライラ、抑うつ感、涙もろくなるという精神面を安定させるという効果もあります。

ツボの場所:足の甲にあり、親指と人差し指の骨がぶつかる部分の前

 

ツボ押し、お灸以外に生理痛を和らげるために行うべきセルフケア

 

体を冷やさない&温める

これは基本中の基本といってもいいことになり、冷えは血流を悪くするため生理痛の原因になります。

一人暮らしをされている方に多いのが、お風呂に入る際に湯船に浸からずに冬でもシャワーで済ましてしまうという方です。

ゆっくりと湯船につかって体を心から温めるようにしましょう。

 

運動する

こちらも基本といってもいいかもしれません。

運動をすることにより血流を良くすることが生理痛の改善に繋がります。

ただし、生理痛がある時に行う必要はありません。

生理が終わってから生理までの期間に運動を取り入れるようにしましょう。

 

ストレス発散

「ストレスからの自律神経の乱れ」というのはよく聞く話です。

  • 学生時代は生理痛はなかったが、社会人になってから生理痛が酷くなった
  • 出産してから生理痛が酷くなった

このような方はやはりストレスの関与は強くなるため、ストレスをためないようにうまく発散するようにしましょう。

ストレス発散方法は運動だけではありません。

ご自身が楽しめる趣味などを見つけてください。

 

布ナプキンを使う

生理の際に使用するものといえばナプキンや少数派かと思いますがタンポンがあります。

市販のものは石油素材でできているためか通気性が悪いために蒸れやすいそうですが、布ナプキンでは蒸れないそうです。

また、布ナプキンの方が温かいからなのか、市販のものから変えただけで生理痛がなくなったという方もいるぐらいです。

いらなくなったTシャツなどで自分で作ることも可能ですし、販売もされているようなので、1度お試しあれ。 使い捨てではなく、洗って再利用することも可能なため経済的です。

デメリットは汚れをどこまで落とせるか?という点になります。

 

千年灸によるセルフ灸

ドラッグストアやネットで購入できる「千年灸」を使用してのご自宅でのセルフ灸。

ここ数年で「お灸女子」という言葉もできたぐらい秘かな人気があるようです。

一般的に生理痛に効果があるとされている「三陰交」や「血海」などにお灸をすることで生理痛対策になってきますが、火傷にはご注意下さい!

 

まとめ

生理痛は薬を飲めば楽になるという方が多いため、薬に頼りがちですが、大きな病気が隠れていない限りはしっかりとセルフケアをすれば薬を飲む必要はなくなります。

今回紹介したツボは実際に生理痛の治療の際にもよく使われるツボであるため、生理痛でお悩みの女性はしっかりと抑えておきましょう。

そして、最低でも生理の1週間ほど前からツボ押しやお灸を行うとともに、日々の生活習慣も改善するようにしましょう。

Share

関連記事

【年齢は関係なし】結婚するならブライダルチェックを受けるべき理由

近々結婚する予定だが、ブライダルチェックを受けるべきかどうか悩んでいませんか? またはなぜ受けるべきか知りたいと考えていませんか? ブライダルチェックは数年前から推奨されていることですが、その必要性がいまいち伝わっていな[…]

[» 続きを見る]

ジストニアとストレスの関係とは?

コンテンツ1 ジストニアとストレスの関係2 ジストニアの方が治療以外にすべきこと3 時には決断も必要です ジストニアとストレスの関係 全身のあらゆる筋肉に発症する可能性のあるジストニアですが、現代医学では脳梗塞やうつ病の[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の鍼灸治療

妊娠中は薬を飲むことができなくなる。 妊娠初期には個人差はあるが「つわり」に苦しむ方がいらしゃいますが、このような症状にも鍼灸治療が非常に効果があります。 また、「つわり」だけではなく、風邪、花粉症、腰痛などなど普段なら[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 円形脱毛症に対する鍼灸治療の症例1.1 54歳女性 多発型脱毛症1.2 33歳男性 全頭型脱毛症1.3 40代男性 多発型の円形脱毛症1.4 30代女性 甲状腺機能低下症による円形脱毛症1.5 40歳男性 […]

[» 続きを見る]

【抜け毛相談が多発】新型コロナウイルスの後遺症で抜け毛が起きる原因

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 新型コロナウイルスによる後遺症なのか抜け毛に悩んでいたり、なぜコロナ感染後に抜け毛が起きるのか悩んでいませんか? または、コロナに感染してもいないのに抜け毛が気になっていませんか? 新型コロナウ[…]

[» 続きを見る]