今日から実践!生理痛対策

生理痛対策してますか?

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

多くの女性が悩んでいる症状の1つである生理痛。
毎月数日ではあるもののやはり痛みがあるのは不快であることは間違いないかと思います。

生理痛で悩んでいる方々はどのような対策をされていますか?

特に何もせずに薬を飲んでしまうという方がやはり多くいらっしゃいますが、毎日の生活習慣を改善していけば生理痛は軽くなっていきます。
また、生理痛はなぜ起きるのか?でもご紹介していますが、生理痛の原因は「プロスタグランジン」という物質が過剰に分泌されるために起きるものなので、この物質の分泌量を減らすことができれば良いわけですが、現状薬でしか抑えることはできません。

しかし、生理痛を緩和・改善する方法は色々ありますし、どれもすぐに実践することが可能になりますので、できることから始めてみましょう。

体を冷やさない&温める

これは基本中の基本といってもいいことになり、冷えは血流を悪くするため生理痛の原因になります。
一人暮らしをされている方に多いのが、お風呂に入る際に湯船に浸からずに冬でもシャワーで済ましてしまうという方です。
ゆっくりと湯船につかって体を心から温めるようにしましょう。

運動する

こちらも基本といってもいいかもしれません。
運動をすることにより血流を良くすることが生理痛の改善に繋がります。

ストレス発散

「ストレスからの自律神経の乱れ」というのはよく聞く話です。
・学生時代は生理痛はなかったが、社会人になってから生理痛が酷くなった
・出産してから生理痛が酷くなった
このような方はやはりストレスの関与は強くなるため、ストレスをためないようにうまく発散するようにしましょう。
ストレス発散方法は運動だけではありません。ご自身が楽しめる趣味などを見つけてください。

布ナプキンを使う

生理の際に使用するものといえばナプキンや少数派かと思いますがタンポンがあります。
市販のものは石油素材でできているためか通気性が悪いために蒸れやすいそうですが、布ナプキンでは蒸れないそうです。
また、布ナプキンの方が温かいからなのか、市販のものから変えただけで生理痛がなくなったという方もいるぐらいです。
いらなくなったTシャツなどで自分で作ることも可能ですし、販売もされているようなので、1度お試しあれ。 使い捨てではなく、洗って再利用することも可能なため経済的です。

デメリットは汚れをどこまで落とせるか?という点になります。

セルフ灸

ドラッグストアやネットで購入できる「千年灸」を使用してのご自宅でのセルフ灸。
ここ数年で「お灸女子」という言葉もできたぐらい秘かな人気があるようです。
一般的に生理痛に効果があるとされている「三陰交」や「血海」などにお灸をすることで生理痛対策になってきますが、火傷にはご注意下さい!

Share

関連記事

東洋医学のお勧めドラマ

春らしい春がない今日この頃。 明日から学校では新学期が始まります。 小さかった姪っ子が明日から6年生になるとは・・・大丈夫なのか?(笑い) さて、今日は東洋医学のお勧めのドラマのご紹介です。 東洋医学的な鍼灸治療がどのよ[…]

[» 続きを見る]

出産報告いただきました

当院に不妊治療で来院されていた方からお手紙をいただきました。 週一回の治療を7ヶ月ほど継続し、40歳で第一子を自然妊娠、41歳で出産。 妊娠中はつわりや逆子などで大変だったそうですが、無事に出産されたそうです。 高齢出産[…]

[» 続きを見る]

主婦手湿疹とストレスの関係

主婦手湿疹とは家事による水仕事が原因で皮膚のバリヤ機能がなくなってしまうことにより起こる湿疹のことで、意外にもこの手湿疹で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。 ですが、同じ主婦の方で、同じ程度の水仕事をしているにもかかわ[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症の症例

31歳 女性。 子宮内膜症による生理痛があり、生理のたびに痛み止めの薬を服用している。 生理痛は生理の2~3日目にピークがあり、血の塊も500円玉ほどの大きさが毎回出ている。 月経色:赤紫色 弁証:肝鬱気滞血瘀 1診目 […]

[» 続きを見る]

貧乏ゆすりの効果

はぁ?っという感じのタイトルですが、まじめな話です。 世間一般では貧乏ゆすりは行儀が悪い行為になりますが、意外とこの貧乏ゆすりの効果は侮れません。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かすため、足の筋肉を使うことになります。 その[…]

[» 続きを見る]