生理が遅れる原因は多嚢胞卵巣症候群かも?

多嚢胞卵巣症候群

卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。
卵細胞は卵胞という袋に包まれていて、発育するにつれてこの袋が大きくなっていき、およそ2cm(20mm)くらいの大きさになると破裂して、卵胞の中の液体とともに卵細胞が排卵されます。
しかし、多嚢胞性卵巣症候群の場合は卵胞が卵巣の中にたくさんでき、ある程度の大きさにはなるのですが、排卵がおこりにくくなる病気で、いくつもの卵胞が卵巣内にできてしまっている状態になり、超音波検査ではネックレスのような状態が診られるため、「ネックレスサイン」とも言われます。

多嚢胞卵巣症候群の原因

多嚢胞の原因は現状ではしっかりと解明されておりませんが、以下のようなことが原因となっています。
・脳の視床下部から分泌されるLH(黄体形成ホルモン)の分泌量の増加
・血糖値を下げるインスリンの分泌量の増加
・男性ホルモンの増加
・肥満
・ストレス

一般的には肥満傾向の方がなりやすいとされていますが、これは欧米人に当てはまるものであり、日本人には比較的少なく、日本人の場合はどちらかというと痩せ型の女性に多く見られる傾向があります。
日本人の場合は若い頃は毎月生理が来ていたが、働き出してから不順になり、検査すると多嚢胞と診断される方も多いため、ストレスの関与が大きいのではないかと思います。

多嚢胞卵巣症候群の症状

症状として一番の問題になるのが排卵障害による月経異常(生理不順)になります。
通常であれば排卵されるはずの卵胞がうまく育つことができないために、月経の遅れや無月経になります。
その他、男性ホルモンの増加による男性化や多毛、吹き出物などがあります。

治療について

肥満傾向にある場合はまずは運動と食生活の改善により、適正な体重にする必要があります。また、逆に痩せ型の方の場合もどうように運動と食事により良い意味で体重を増やす必要があります。
この時に重要なのがBMIという数値になります。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
この計算式で出てくる数字が25以上であれば肥満、18.5未満であれば痩せ型になります。

妊娠を希望される場合には薬を使用した下記2つの治療を用いられます。
クロミフェン療法
クロミッドという内服による排卵誘発剤を使用して排卵を促すようにしていきます。内服薬だけではうまく排卵しない場合には次にステップに移ることになります。

ゴナドトロピン療法
HMG-HCG注射を使用して卵胞の発育・排卵を促進させていきます。
しかし、この注射を使用する際には卵巣が過剰に反応してしまう「卵巣過剰刺激症候群」や多児妊娠のリスクが出てきます。

Share

関連記事

治療にあせりは禁物

今抱えている体の不調がなかなか改善されないと不安になり、あれこれと治療を試している方は多く見られます。 まずは病院での治療を受け、だめなら漢方や鍼灸という選択を取られる方が多いのですが、中には治療院を転々として見える方も[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

治療効果の出方

鍼灸治療は比較的その場で治療効果を感じていただけますが、中には時間差で効果が出てくる場合もあります。 治療後に痛みが取れない、またはあまり変化がなくとも数時間後~翌日にかけて体に変化が出ることもあるということです。 また[…]

[» 続きを見る]

初診をご希望の方へ

当院は完全予約制になります。 そのため事前にご予約が必要となっております。 初回に関してはじっくりとお話を聞き、じっくりとお身体を診させていただくため所要時間は2時間ほどかかります。 これは東洋医学的にお身体の状態を分析[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について③

脾とは東洋医学では胃腸系全般のことになります。 この脾と言う部分は食べ物から「気・血・水」を作り出す場所でもあるが、作るだけではなくこれらを全身へ運搬する働きもある。 つまり胃腸が弱っていたり、自覚がなくても胃腸が疲れて[…]

[» 続きを見る]