生理が遅れる原因は多嚢胞卵巣症候群かも?

多嚢胞卵巣症候群

卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。

卵細胞は卵胞という袋に包まれていて、発育するにつれてこの袋が大きくなっていき、およそ2cm(20mm)くらいの大きさになると破裂して、卵胞の中の液体とともに卵細胞が排卵されます。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群の場合は卵胞が卵巣の中にたくさんでき、ある程度の大きさにはなるのですが、排卵がおこりにくくなる病気で、いくつもの卵胞が卵巣内にできてしまっている状態になり、超音波検査ではネックレスのような状態が診られるため、「ネックレスサイン」とも言われます。

 

多嚢胞卵巣症候群の原因

多嚢胞の原因は現状ではしっかりと解明されておりませんが、以下のようなことが原因となっています。

  • 脳の視床下部から分泌されるLH(黄体形成ホルモン)の分泌量の増加
  • 血糖値を下げるインスリンの分泌量の増加
  • 男性ホルモンの増加
  • 肥満
  • ストレス

一般的には肥満傾向の方がなりやすいとされていますが、これは欧米人に当てはまるものであり、日本人には比較的少なく、日本人の場合はどちらかというと痩せ型の女性に多く見られる傾向があります。

日本人の場合は若い頃は毎月生理が来ていたが、働き出してから不順になり、検査すると多嚢胞と診断される方も多いため、ストレスの関与が大きいのではないかと思います。

 

多嚢胞卵巣症候群の症状

症状として一番の問題になるのが排卵障害による月経異常(生理不順)になります。

通常であれば排卵されるはずの卵胞がうまく育つことができないために、月経の遅れや無月経になります。

その他、男性ホルモンの増加による男性化や多毛、吹き出物などがあります。

 

治療について

肥満傾向にある場合はまずは運動と食生活の改善により、適正な体重にする必要があります。

また、逆に痩せ型の方の場合もどうように運動と食事により良い意味で体重を増やす必要があります。

この時に重要なのがBMIという数値になります。

【BMIの計算方法】
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

この計算式で出てくる数字が25以上であれば肥満、18.5未満であれば痩せ型になります。

妊娠を希望される場合には薬を使用した下記2つの治療を用いられます。

 

クロミフェン療法

クロミッドという内服による排卵誘発剤を使用して排卵を促すようにしていきます。

内服薬だけではうまく排卵しない場合には次にステップに移ることになります。

 

ゴナドトロピン療法

HMG-HCG注射を使用して卵胞の発育・排卵を促進させていきます。

しかし、この注射を使用する際には卵巣が過剰に反応してしまう「卵巣過剰刺激症候群」や多児妊娠のリスクが出てきます。

Share

関連記事

迷っているのは○○!

迷っているのは○○! 以前某専門学校が出していたキャッチコピーですが、当時は『確かにそうかも!』と思った記憶があります。 ではこの○○に入る言葉をご紹介。 迷っているのはやりたい証拠! 迷うということは確かに『やってみた[…]

[» 続きを見る]

格安sim使ってます!

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まず初めに、今回のブログは鍼灸とは何の関係もありませんので、気になる方だけ読んでください。 さて、当院では治療のこと以外にも患者様とは色々な話をしていますが、ちょくちょく話題に[…]

[» 続きを見る]

花粉症 47歳 女性

もともとは昨年の夏から美容鍼を受けに来られていた方。 美容鍼とともに春には花粉症があると言うことで身体の治療は花粉症のための治療を行っていました。 症状としては鼻水や鼻づまりはそれほどなく、目の痒みがあるていど。 弁証:[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。 「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあっ[…]

[» 続きを見る]

PMSに対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状2 体表観察、弁証、治療について3 考察 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状 学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなか[…]

[» 続きを見る]