バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。

東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。
中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、これは致し方ないことではあります。

東洋医学で言う「肝」と西洋医学で言う「肝臓」は一部同じような働きがあるという考え方もありますが、基本的には別物とお考え頂いた方が良いです。

この違いの大きな原因は西洋医学では臓器と臓器の関係性を切り離して病気を考えてしまうことが関係してきます。

しかし、東洋医学では臓器と臓器を切り離して考えるのではなく、全ての臓器はつながりを持っているという考え方をしております。
その関係性が分かるのがこちらの図になります。

東洋医学を語る上でこの関係性は非常に重要になってきます。

赤の矢印である木→火→土→金→水の流れは「相生関係」と言い、
水色の矢印である木→土→水→火→金の流れは「相克関係※勝ち負けの関係」と言います。

「肝」と他の臓器との関係を考えていきましょう。
肝は東洋医学では精神活動と非常に関係の深い臓器になり、ストレスを受けるとまず肝に異常が起こります。

①「心」に影響が及べば「心は全ての精神活動を支配する臓器」になるため、うつ病やパニック障害、統合失調症などの精神疾患を引き起こすことになります。

②「脾」に影響が及ぶと脾は消化器系のことになるため、胃痛や胃・十二指腸潰瘍、吐き気、逆流性食道炎などの消化器に異常が起きてきます。

③「肺」に影響が及ぶと肺は呼吸器系のため咳喘息、くしゃみや鼻水が主症状となる花粉症やアレルギー性鼻炎、また、肺は皮膚と関係性があるため湿疹やアトピー性皮膚炎などが発症します。

④腎に影響が及ぶと腎は生殖器やホルモンとの関係があるため、主に更年期障害を発症することになります。
※生理痛に関しては腎の関係もありますが、どちらかというと肝の問題で起きることの方が多くなります。

東洋医学ではこのように身体の問題が起きた時にひとつの臓器の問題で起きているのか?または複数の臓器が原因で起きているのかを考えるために、詳細な問診だけではなく、脈診、舌診、腹診、眼診、顔色、皮膚の色、爪、声、ツボの状態などあらゆる情報を分析していきます。

Share

関連記事

脈診での妊娠判定

不妊治療をしていると、今回は妊娠しているかどうかということは気になるところだと思います。 妊娠しているかどうかを調べるためには市販の妊娠検査薬を行なうことで結果を知ることができるため、多くの方が行なっているかと思います。[…]

[» 続きを見る]

日光に当たってますか?

梅雨が明け、本格的な夏到来となりましたが、体調の方はいかがでしょうか? さて、夏言えば女性の天敵ともいえる「紫外線」が非常に気になるところかと思いますが、日焼け対策はバッチリと言う女性が多いかと思います。紫外線はシミの原[…]

[» 続きを見る]

へバーデン結節

おはようございます。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近朝から手がこわばったり、指が痛い、または何か指の関節が腫れている・・・ もしかして「リウマチ!?」 というお悩みの方はまずは病院で血液検査をしてみましょう。もし[…]

[» 続きを見る]

ジストニアと中医学

ジストニアの中医学的考察 現代医学では指定難病とされるジストニアですが、個人差はあるものの鍼灸治療で改善することはまだあまり知られていない現実があります。鍼灸院に訪れる方で多いのは頚部ジストニアとなりますが、鍼灸治療にも[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]