腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。
まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ、どんどん腰が反ってしまうことになります。中年太りの方を思い出していただくと分かりやすいかと思います。
ぽっこりお腹で腰が反っているかと思います。

では実際に「腹筋を鍛えて」と言われて、「よし、やるぞ!」となった場合、皆さんはどのような腹筋トレーニングを行なうでしょうか?
多くの方がいわゆる腹筋を鍛えるトレーニングとして「クランチ」や「シットアップ」という腹筋をされるかと思います。

もし、この腹筋トレーニングをしているのでしたら、腹筋は鍛えられますが腰痛は悪化する可能性が高くなります!
特に、腰の部位でも「椎間板」にかなりの負担がかかることにより最悪「腰椎椎間板ヘルニア」を発症することになります。

ではどのよなトレーニング方法が良いのかと言うと「体幹トレーニング」といわれるトレーニング方法が腰に負担をかけることなく、腹筋を鍛えることが可能となります。
このようなトレーニング方法では腰椎の運動を伴わないために腰にかかる負担はかなり軽減されつつも、腹筋を鍛えることができます。

昔は当たり前のように行なわれていた腰痛予防や改善のための腹筋トレーニングが今では逆に腰痛を悪化させる危険性を指摘されています。
もし、昔ながらのクランチやシットアップによる腹筋トレーニングをされているのであれば、今すぐにこのトレーニングは中止しましょう。

Share

関連記事

子宮内膜を厚くし着床しやすくする方法

コンテンツ1 子宮内膜の厚さと不妊の関係とは?2 子宮内膜が厚くならない原因とは?2.1 ホルモンバランスの乱れ2.2 冷えによる血行障害3 子宮内膜を厚くするためのセルフケア 子宮内膜の厚さと不妊の関係とは? 不妊症の[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

肺が悪いと尿の出が悪くなる?

肺と膀胱は解剖学的にはまったく関係性を持っていない臓器になりますが、東洋医学的にはとても関係のある臓器になります。 膀胱は尿の貯蓄と排泄を行なうため水分代謝に関わっている臓器になりますが、実は肺も水分代謝に関わっています[…]

[» 続きを見る]

増える男性不妊の原因は精子の減少が原因か?

コンテンツ1 現代人の精子が減少傾向の理由とは?2 デスクワークも影響する3 精子の弱点とは?4 適度な排出も重要5 精子力をアップさせる方法6 まとめ 現代人の精子が減少傾向の理由とは? 海外のデータになりますが、現代[…]

[» 続きを見る]

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]