手術後のヘルニアに対する鍼灸治療の症例

腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で来院された50代女性。
9月に手術をしたが、右の下腿外側・前面に痺れが常にあり、椅子に座っているとお尻には痛みが起きる。
足の冷えも顕著にある。
現在は休職中であるが、以前は接客業を行なっており、ストレスがかなりあり、今現在は坐骨神経痛がなかなか良くならないということがストレスになっいる。
脈は弦滑有力、舌は淡紅・半どん・歯痕舌。
肝脾不和として右の太衝と足三里に1寸3番鍼で15分置鍼すると、足がスーっとする感じがあり、脈も落ち着き、足の冷え、痺れもほぼ治まる。

以後、同施術を6回目の治療を終えましたが、5回目の治療以降の1週間坐骨神経痛はかなり改善されており、快適な日々を過ごせるようになったと喜んでいただけております。

5回目の治療で来院された時に、2日前に靴下を履こうとしたら腰に激痛が走ったそうですが、腰の痛みも治療後にはしっかり取れました。

治療は肝気の流れを良くするため、太衝穴を基本として合谷・百会・内関などから適宜2穴ほど追加して使用しているだけ。
来月に病院で検査をし、医師から仕事復帰の許可がでれば職場復帰となりますが、仕事を始めてから痛みがどうなるのか分からないため、今後も治療は継続予定です。

Share

関連記事

足に鍼を打って腰痛が改善する理由

足の外くるぶしの少し下に「申脈(しんみゃく)」というツボがある。 このツボは「足の太陽膀胱経」と言われる経絡上にあるツボだが、この膀胱経という経絡が腰部を通っている関係上、腰痛の治療にも効果を発揮する。 ただし、腰痛でお[…]

[» 続きを見る]

ぎっくり腰に合谷一本

40代男性。 仕事でトラックから下ろした荷物を持ち上げたところぎっくり腰を発症。 当日はそのまま仕事を早退し、自宅にて安静にしていると痛みは徐々にではあるが引いてきた。 痛みは腰椎の左側に痛みがあり、前屈、左側倒で痛みが[…]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症の鍼灸治療の症例

50代女性 約2年ほど前から両足の腿の裏から膝裏にかけて痛みが出るようになり、今年の春に整形外科へ行きレントゲンを撮るとヘルニアか狭窄症の可能性があるとの診断。※MRIは未実施。 近所の鍼灸接骨院で鍼治療を受けるが症状は[…]

[» 続きを見る]

腰痛に対する少数鍼での治療

半年ほど前から右の腰部と臀部に痛みがあり、マッサージに行ってもなかなか良くならないため、母親がお世話になっているマッサージ師の方に「東洋医学を試しては?」という一言がきっかけで来院された40代の女性の患者さん。 痛みは左[…]

[» 続きを見る]