手術後のヘルニアに対する鍼灸治療の症例

腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で来院された50代女性。
9月に手術をしたが、右の下腿外側・前面に痺れが常にあり、椅子に座っているとお尻には痛みが起きる。
足の冷えも顕著にある。
現在は休職中であるが、以前は接客業を行なっており、ストレスがかなりあり、今現在は坐骨神経痛がなかなか良くならないということがストレスになっいる。
脈は弦滑有力、舌は淡紅・半どん・歯痕舌。
肝脾不和として右の太衝と足三里に1寸3番鍼で15分置鍼すると、足がスーっとする感じがあり、脈も落ち着き、足の冷え、痺れもほぼ治まる。

以後、同施術を6回目の治療を終えましたが、5回目の治療以降の1週間坐骨神経痛はかなり改善されており、快適な日々を過ごせるようになったと喜んでいただけております。

5回目の治療で来院された時に、2日前に靴下を履こうとしたら腰に激痛が走ったそうですが、腰の痛みも治療後にはしっかり取れました。

治療は肝気の流れを良くするため、太衝穴を基本として合谷・百会・内関などから適宜2穴ほど追加して使用しているだけ。
来月に病院で検査をし、医師から仕事復帰の許可がでれば職場復帰となりますが、仕事を始めてから痛みがどうなるのか分からないため、今後も治療は継続予定です。

Share

関連記事

腰痛に対する少数鍼での治療

半年ほど前から右の腰部と臀部に痛みがあり、マッサージに行ってもなかなか良くならないため、母親がお世話になっているマッサージ師の方に「東洋医学を試しては?」という一言がきっかけで来院された40代の女性の患者さん。 痛みは左[…]

[» 続きを見る]

雨や曇りの日に悪化する腰痛の原因

30代女性。 慢性的な重だるい痛みを伴う腰痛があり、雨天や曇りの日に症状が酷くなり、このような天気には確実に頭痛が起きる。 今までに鍼を受けたことがあり、楽にはなっていた。 現在の痛みは前屈で痛みが増し、10段階で9。 […]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

頭への1本の鍼で腰痛が改善する理由

雨ばかりの日が続き、洗濯物が・・・という日が続きます。 さて、腰痛と一言で言っても本当に原因は様々です。 私自身も中学生の頃にかなり腰痛に悩まされた一人でもあるので、その辛さは非常に分かります。 そこで今日はかなりマニア[…]

[» 続きを見る]

腰痛の同病異治

多くの方が抱える悩みである腰痛。 この腰痛も東洋医学的に体を診ていくと色々な原因によって痛みが起きている。 ①40代 男性 デスクワークをしており、ほぼ1日中PC作業を行い、残業は当たり前。 現在は仕事は落ち着いている時[…]

[» 続きを見る]