もうすぐ確定申告&医療費控除申請の日です

もうすぐ我々、個人事業主にとっては面倒な確定申告の季節がやってきます。
また、患者様方にとっても医療費控除申請の季節でもあります。

確定申告といっても私の場合は専用のソフトを使用しているため、必要な情報を毎日入力していれば勝手に必要な書類を作成してくれるため、あとはほとんど確認作業で終わるためそれほど難しくはありません。ただし、入力ミスなどがあると・・・悲惨ですが・・・

また、皆さんにとっては昨年1年間の医療費が10万円以上となっている場合は申告することで少しだけ還付金があります。

医療費控除申請

でも、意外とどんなものが医療費控除に含まれるのかご存じない方もいらっしゃいます。
医療費というぐらいなので、当然病院での治療や薬代は含まれますが、こういったものも医療費に含まれてきます。

・通院するための公共交通機関の費用※自家用車のガソリン代は不可
・緊急時における病院までのタクシー代※公共交通機関が面倒だからという理由では不可
・薬局で購入した市販の薬代※ビタミン剤やサプリメントは不可
・治療のための鍼灸治療や接骨院での治療費※美容目的の場合は不可

こういったものも医療費控除の対象となりますが、そのほかにも条件があります。
その条件というのが「領収証」になります。

領収証というのはいつ、どこで、誰に、どんな目的で支払ったのかを証明するものになりますので、この領収証がなければ税務署は認めてくれません。
当院では毎回お会計の際に領収証をお渡ししておりますのでしっかりとこの制度を利用してください。

Share

関連記事

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

薄毛対策

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性であれば誰でも気になる問題が「薄毛」の問題で、男性も気にされる方も多いですが、「髪は女の命」とも言うように女性であればやはりかなりの問題[…]

[» 続きを見る]

不妊の原因は男性にもあり

不妊症でお悩みの方は多くいらっしゃいますが、治療を受けるのは大半は女性の方になります。 しかし、不妊症の原因は女性側だけの問題ではなく、男性側にも約50%の確率で存在しています。 男性側の問題というのは精子の運動率や量に[…]

[» 続きを見る]

今年もありがとうございました

2017年の診療は本日で終了となります。 今年も多くの方と出会い、色々な経験をつませていただくことができた1年でした。 今年も不妊症の方が多く来院されましたが、その他、脱毛症やアトピーなど皮膚疾患の方が多かった印象があり[…]

[» 続きを見る]

意外と知らない鍼灸の豆知識

毎年この時期になるとちょっと面倒くさいことが待っています。 それが「確定申告」! 個人事業主にとっては避けては通れぬ時期で、サラリーマンの方々がちょっとうらやましくなる時期でもあります。 確定申告の時期ではありますが、こ[…]

[» 続きを見る]