2019年 花粉情報

今さらではありますが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、毎年恒例となっておりますが、2019年の花粉情報になります。
今年の花粉は昨年の猛暑の影響もあり大量飛散と予報されております。昨年は異常なほどの厚さであり、ついに名古屋市でも40℃を越える日が出てしまいました。あの日の異常な暑さは今でも忘れません。

しかし、今年は大量飛散と予想されておりますが、とある場所だけ昨年よりも少ないと予報されている場所があります。
その場所は「北海道」です。

どしても花粉が辛いという方は北海道へ非難するのも手かもしれません。ただし、お金はかなりかかりますが。

今からでもできる花粉症対策としては
・ストレスをためない
・飲酒を控える
・甘いものを食べ過ぎない
・睡眠をしっかりとる
・発酵食品を食べる※ヨーグルト以外にも納豆、キムチなども
・ごま油と食事に取り入れる

今すぐにでもできることばかりではないかと思います。
特に私が花粉症の方に試していただきたいのが、ごま油を鼻の内側に塗るという予防法です。

私自身が花粉症であればすぐにでも試すのですが、残念なことに花粉症ではないためどれほど効果があるのかが試せておりません。勇気のある方、または好奇心旺盛な方は是非ともチャレンジしてみてください。

鍼灸治療を取り入れたいという方はお早めに起こし下さい。

Share

関連記事

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]

仕事納め

2015年の診療は本日の午前を持って終了となります。 今年は精神疾患や妊婦さんの浮腫み、後半は耳鳴りや難聴などを診させていただく機会が多かったかな?っと感じます。 また、中学生や高校生などの若い年代の方の治療も開院してか[…]

[» 続きを見る]

ストレスと甘いもの

ストレスが溜まると無性に甘いものが食べたくなることはありませんか? そして、甘いものを食べると「ホッ」っとします。 これにはちょっとした理由があります。 ストレスがかかると気が張った状態になりますが、甘いものには「気を緩[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症の症例

31歳 女性。 子宮内膜症による生理痛があり、生理のたびに痛み止めの薬を服用している。 生理痛は生理の2~3日目にピークがあり、血の塊も500円玉ほどの大きさが毎回出ている。 月経色:赤紫色 弁証:肝鬱気滞血瘀 1診目 […]

[» 続きを見る]

内臓の名前が付いたツボの重要性

背中から仙骨(臀部)には内臓の名前が付いたツボが存在する。 上から順に肺・心・肝・胆・脾・胃・腎・大腸・小腸・膀胱 内臓の名前が付いているため、ツボの凹み・硬結・隆起・冷え・熱感・圧痛などをよく観察することで、どこの臓腑[…]

[» 続きを見る]