痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。

神主学説とは
「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。

東洋医学では昔からこのような考え方をしていましたが、現代医学では痛みと精神について注目されたのは極最近のことです。
慢性的な痛みがある方はストレスによる心の問題で身体に痛みが出ている可能性があります。

そのため、鍼灸治療ではこのような場合は心を安定させるための治療も平行して行っていくこともあります。

Share

関連記事

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

主婦手湿疹とストレスの関係

主婦手湿疹とは家事による水仕事が原因で皮膚のバリヤ機能がなくなってしまうことにより起こる湿疹のことで、意外にもこの手湿疹で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。 ですが、同じ主婦の方で、同じ程度の水仕事をしているにもかかわ[…]

[» 続きを見る]

【PMSがひどいと悩んでいる方】それってPMDDという別の病気かも?

PMSの症状がひどくて困っている女性は多くいます。 そんな中で生理前になると自分が自分じゃなくなるほどイライラが強くなり、友人やパートナーにきつく当たってしまい後で後悔してしまうことはあませんか? 今回は生理前になると人[…]

[» 続きを見る]

花粉症 47歳 女性

もともとは昨年の夏から美容鍼を受けに来られていた方。 美容鍼とともに春には花粉症があると言うことで身体の治療は花粉症のための治療を行っていました。 症状としては鼻水や鼻づまりはそれほどなく、目の痒みがあるていど。 弁証:[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】 脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。 顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。 そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあ[…]

[» 続きを見る]