顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】
脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。
顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。
そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあります。

【どんな病気か?】
顔面神経麻痺が起きると多くは片側で、閉眼ができない(まぶたを閉じれない)、口がゆがむ、額のシワ寄せができなくなる、口笛がふけない、頬を膨らませられない、口角が下がる、耳痛などの症状に加えて、味覚障害や涙が出てくるなどの症状が出てきます。

【顔面神経麻痺の原因は?】
原因はヘルペスウイルスと言われているが、真の原因は不明とされています。
人口10万人に当たり30人前後の罹患率であり、男女差はほぼなく、30~40代に発症しやすいとされているが、どの年代でも発症する可能性があります。

また、顔面神経麻痺には2種類あり、80%はヘルペスウイルスが原因とされるベル麻痺となり、残りは帯状疱疹ウイルスが原因とされるラムゼ・ハント症候群と言われます。

【治療はどのように行なわれるか?】
発症後からステロイドを使用。その他、顔面筋のマッサージや低周波治療などを行うが、発症直後は安静が第一となり、外出も控える必要があります。
経過はベル麻痺の方が良く、数週間から数ヶ月で自然治癒することも多いが、ラムゼ・ハント症候群では予後が悪く、顔面筋に不全麻痺を残すこともしばしあります。

Share

関連記事

女性は血の不足に要注意!

女性は血の不足に要注意。 これはつまり、血液の不足に注意が必要ということになります。 東洋医学での血とは血液のことで臓器や組織・器官に栄養や潤いを与える栄養物質で、飲食物を基に脾胃により作られます。また、精神活動を支える[…]

[» 続きを見る]

刺絡は誰にでもできる治療ではない

刺絡は抜群の治療効果を持っているが、誰にでも行なうことができない治療法。 しかし、中にはバンバンこの治療法を用いている治療院も存在する。 刺絡には自律神経系を整える効果があるという考え方をしている治療者は比較的刺絡を簡単[…]

[» 続きを見る]

風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。 そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。 症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。 脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で[…]

[» 続きを見る]

気の流れが悪い「気滞体質」

気は体の中を自由に滞りなく流れているのが正常な状態になりますが、ストレスや心配事により気の流れが悪くなった状態。 ストレスというと主に人間関係と思いがちですが、不快な音や匂い、またデスクワークによる同じ姿勢を長時間強いら[…]

[» 続きを見る]

治療を受けても良くならない方の特徴

治療を行っているとすぐに良くなる方となかなか良くならない方がいる。 基本的には症状が出てすぐに治療を行えれば早く良くなり、数ヶ月~何年も前からというケースでは治療に時間がかかることが多くなります。 しかし、中には症状が出[…]

[» 続きを見る]