顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】
脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。
顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。
そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあります。

【どんな病気か?】
顔面神経麻痺が起きると多くは片側で、閉眼ができない(まぶたを閉じれない)、口がゆがむ、額のシワ寄せができなくなる、口笛がふけない、頬を膨らませられない、口角が下がる、耳痛などの症状に加えて、味覚障害や涙が出てくるなどの症状が出てきます。

【顔面神経麻痺の原因は?】
原因はヘルペスウイルスと言われているが、真の原因は不明とされています。
人口10万人に当たり30人前後の罹患率であり、男女差はほぼなく、30~40代に発症しやすいとされているが、どの年代でも発症する可能性があります。

また、顔面神経麻痺には2種類あり、80%はヘルペスウイルスが原因とされるベル麻痺となり、残りは帯状疱疹ウイルスが原因とされるラムゼ・ハント症候群と言われます。

【治療はどのように行なわれるか?】
発症後からステロイドを使用。その他、顔面筋のマッサージや低周波治療などを行うが、発症直後は安静が第一となり、外出も控える必要があります。
経過はベル麻痺の方が良く、数週間から数ヶ月で自然治癒することも多いが、ラムゼ・ハント症候群では予後が悪く、顔面筋に不全麻痺を残すこともしばしあります。

Share

関連記事

東洋医学関連番組

本日19時より名古屋テレビ(テレビ朝日系列)にて林修の今でしょ講座「医者に聞きにくい病気・薬の疑問を解消!!3時間SP」が放送されます。 この番組では割と漢方薬についても紹介されている番組で、今回は最強の漢方薬が4つ紹介[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 30歳 女性

坐骨神経痛 30歳 女性 今年の3月まで育児休暇をとっていたが4月より復職。 オールタイムでの勤務ではないが、仕事・家事に育児にと忙しい毎日を過ごしていると両側の臀部と大腿部に痺れが起きる。 しばらくは様子を見ていたが痛[…]

[» 続きを見る]

更年期や閉経後に不正出血が起きる理由とは?

コンテンツ1 更年期や閉経後に不正出血になるのははぜ?2 ホルモンバランスと不正出血の関係は?2.1 ホルモンバランスの問題だけではない!更年期以降の不正出血の原因3 更年期や閉経後に不正出血が起きた場合の対策は?3.1[…]

[» 続きを見る]

うつ病の治療期間ってどのくらい?

コンテンツ1 うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの?2 うつ病の治療が長期にわたる理由3 病院を変えれば治療期間は短くなるの?4 うつ病治療で大切なこと うつ病の治療期間ってどのくらい必要なの? ご自身や家族がうつ病に[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 42歳 女性

数年前から左臀部から太ももの裏側にかけて痺れが出てきたため、病院行くと坐骨神経痛と診断。 しかし、ヘルニアや狭窄症などではない。 その後はマッサージなどを受けに行くがあまり効果がなかったため、インターネットにて自宅から近[…]

[» 続きを見る]