顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】
脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。
顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。
そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあります。

【どんな病気か?】
顔面神経麻痺が起きると多くは片側で、閉眼ができない(まぶたを閉じれない)、口がゆがむ、額のシワ寄せができなくなる、口笛がふけない、頬を膨らませられない、口角が下がる、耳痛などの症状に加えて、味覚障害や涙が出てくるなどの症状が出てきます。

【顔面神経麻痺の原因は?】
原因はヘルペスウイルスと言われているが、真の原因は不明とされています。
人口10万人に当たり30人前後の罹患率であり、男女差はほぼなく、30~40代に発症しやすいとされているが、どの年代でも発症する可能性があります。

また、顔面神経麻痺には2種類あり、80%はヘルペスウイルスが原因とされるベル麻痺となり、残りは帯状疱疹ウイルスが原因とされるラムゼ・ハント症候群と言われます。

【治療はどのように行なわれるか?】
発症後からステロイドを使用。その他、顔面筋のマッサージや低周波治療などを行うが、発症直後は安静が第一となり、外出も控える必要があります。
経過はベル麻痺の方が良く、数週間から数ヶ月で自然治癒することも多いが、ラムゼ・ハント症候群では予後が悪く、顔面筋に不全麻痺を残すこともしばしあります。

Share

関連記事

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]

消化器系の不調からくる膝の痛み

数年前から膝の内側に痛みがあり、接骨院に通っているがなかなか良くならない。 階段を下りる時に痛みがある。 臍の少し上の下脘(げかん)に冷えあり。 下痢と軟便を繰り返し、病院では年齢的な腸の機能低下によるものなので治療法は[…]

[» 続きを見る]

ヒーリングミュージックの効果

ヒーリングミュージックとは心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる効果のある音楽のことで、波の音や小川のの流れる音、小鳥の泣き声などが代表的になります。 このヒーリングミュージックには「癒し」の効果があり、聴く[…]

[» 続きを見る]

冷え性 50代 女性

数年前より夏場でも手足の冷えを自覚するようになり、現在では首もとの冷えもある。 その他、肩こりや頭痛あり。 頭痛は冬場に寒い場所にいると痛みが出てくる。 また、お風呂で湯船に浸かっていても身体が温まる感じがせず、のぼせや[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]