顔面神経麻痺について

【顔面神経とは?】
脳から出入りする左右12対ある末梢神経のうちの1つである、第7神経。
顔面神経は感覚、運動、副交感神経を司っています。
そのため、顔面神経には顔面の筋肉を動かす、顔の感覚、唾液を分泌するなどの働きがあります。

【どんな病気か?】
顔面神経麻痺が起きると多くは片側で、閉眼ができない(まぶたを閉じれない)、口がゆがむ、額のシワ寄せができなくなる、口笛がふけない、頬を膨らませられない、口角が下がる、耳痛などの症状に加えて、味覚障害や涙が出てくるなどの症状が出てきます。

【顔面神経麻痺の原因は?】
原因はヘルペスウイルスと言われているが、真の原因は不明とされています。
人口10万人に当たり30人前後の罹患率であり、男女差はほぼなく、30~40代に発症しやすいとされているが、どの年代でも発症する可能性があります。

また、顔面神経麻痺には2種類あり、80%はヘルペスウイルスが原因とされるベル麻痺となり、残りは帯状疱疹ウイルスが原因とされるラムゼ・ハント症候群と言われます。

【治療はどのように行なわれるか?】
発症後からステロイドを使用。その他、顔面筋のマッサージや低周波治療などを行うが、発症直後は安静が第一となり、外出も控える必要があります。
経過はベル麻痺の方が良く、数週間から数ヶ月で自然治癒することも多いが、ラムゼ・ハント症候群では予後が悪く、顔面筋に不全麻痺を残すこともしばしあります。

Share

関連記事

自然妊娠の確率

健康な20代のカップルが避妊をせずに性行為を行なった場合の自然妊娠の確率をご存知でしょうか? コンテンツ1 確率的には25~30%となっています。2 排卵日付近に性行為をしても100%できるわけではないということ。 確率[…]

[» 続きを見る]

脈診での妊娠判定

不妊治療をしていると、今回は妊娠しているかどうかということは気になるところだと思います。 妊娠しているかどうかを調べるためには市販の妊娠検査薬を行なうことで結果を知ることができるため、多くの方が行なっているかと思います。[…]

[» 続きを見る]

お腹に鍼を刺して肩こりが解消する理由

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 肩こりに対しての鍼灸治療といえば一般的には肩や首などにたくさんの鍼を刺すというイメージがあると思いますが、当院ではまずこのような治療は行ないません。 先日、忙しさなどもあり首筋[…]

[» 続きを見る]

患者さんの笑顔

膝の痛みで来院されている60代の女性。 整形外科や整骨院で治療を受けてもまったく症状が変わらないどころか、痛みは徐々に増してきて、「この先歩けなくなるのではないか・・・」という不安をもらされていました。 しっかりと身体の[…]

[» 続きを見る]

妊娠しました

本日、4ヶ月ぶりに娘さんと来院された方から突然のサプライズ報告。 前回の治療後に妊娠が発覚し、酷いつわりに苦しみながらも本日から安定期に入ったとのこと。 元々、喘息の治療がメインではありましたが、1度流産を経験しているた[…]

[» 続きを見る]