鍼灸師が行なう風邪予防

寒暖差の激しい今年の冬ですが、体調の方はいかがでしょうか?
寒くなってくると風邪を引いたり、インフルエンザに罹ってしまう方も多いですが、しっかりと予防はされているでしょうか?

私は今でこそ風邪を引かなくなりましたが、鍼灸師になるまでは毎年4~5回は風邪を引いていました※これは事実です。

人と接する仕事であるため、風邪を引く可能性はありますが不思議なことに鍼灸師になってからは風邪を引かなくなりました。

年に4~5回も風邪を引いていた私が風邪を引かなくなった理由は何なのか分析してみました。

①手洗い

これは鍼灸師になってからほぼ毎日帰宅時や治療院に来た際には行っております。

また、治療前にも手を洗うということもしているため、この仕事を始めてから風邪を引かなくなった1番の理由ではないかな?っと感じております。

風邪やインフルエンザなどの感染症は「手」からの感染が1番多いとされています。

ウイルスの付いた物に触れた手で食べ物を口にすることで体内にウイルスが侵入してくることになります。

そのため、外出後は必ず手を洗うようにしましょう。

②体を温める(冷やさないようにする)

寒ければしっかりと温かい格好をする。

当たり前のようで意外とできていない方が多いように思います。

医学的には体温が1度下がると免疫力が30%低下、逆に体温が1度上がると免疫力は5~6倍になると言われています

風邪を引くかどうかは最終的には免疫力勝負とも言えます。

免疫力を低下させないため、また免疫力を上げるためにも体を温かくするようにしましょう。

③鍼治療

これも鍼灸師になってから自分の身体のメンテナンスとして定期的に行なっていることになります。

鍼を行なうことにより免疫力の向上にも低下にも一役買っていることでしょう。

 

④うがいとマスク

基本的にはこの2つは行なっていませんが、人ごみに行く時にはマスクをし、帰宅をしたらうがいをするという程度ではありますが、こちらも鍼灸師になってから行なうようになったことになります。

鍼治療以外はどれもあたら前といえば当たり前かもしれませんが、誰でもすぐに実践できることになるため、「風邪を引きたくない」、「インフルエンザに罹りたくない」という方は実践してみてください。

Share

関連記事

妊娠しやすい体の作り方【結論:規則正しく生活し健康になること】

そろそろ子供が欲しい、または妊娠しやすい体に体質改善したいと考えていませんか? 妊娠しやすい体を作るために自分でできることって実はたくさんあり、すべて今日から実践することができるものばかりです。 また、本記事では自然妊娠[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞性卵巣症候群でも自然妊娠するためにやるべき4つの事

多嚢胞性卵巣症候群だけど自然妊娠できるかどうか疑問に思っていませんか? 体外受精や顕微授精は高額だからできるだけ自然妊娠したいと思うのはごく自然なことです。 そのため、本記事では多嚢胞性卵巣症候群の方が自然妊娠するために[…]

[» 続きを見る]

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

生理不順で周期がバラバラになる原因は?

女性にしか起こらない生理的な現象が「月経(生理)」になりますが、特に問題のない方であれば月に1回は必ず訪れるものになります。 医学的には25日~40日以内に定期的に来ていれば問題視されることはありません。 しかし、中には[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の浮腫み(むくみ)治療

妊娠による浮腫みは多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つになります。 浮腫みが酷くなると日常生活にも影響があり、立っているのも辛い状況になってきます。 35歳女性 初産 逆子の治療で来院されるが、足の浮腫みが酷く立ってい[…]

[» 続きを見る]