鍼灸師が行なう風邪予防

寒暖差の激しい今年の冬ですが、体調の方はいかがでしょうか?
寒くなってくると風邪を引いたり、インフルエンザに罹ってしまう方も多いですが、しっかりと予防はされているでしょうか?

私は今でこそ風邪を引かなくなりましたが、鍼灸師になるまでは毎年4~5回は風邪を引いていました※これは事実です。

人と接する仕事であるため、風邪を引く可能性はありますが不思議なことに鍼灸師になってからは風邪を引かなくなりました。年に4~5回も風邪を引いていた私が風邪を引かなくなった理由は何なのか分析してみました。

①手洗い
これは鍼灸師になってからほぼ毎日帰宅時や治療院に来た際には行っております。また、治療前にも手を洗うということもしているため、この仕事を始めてから風邪を引かなくなった1番の理由ではないかな?っと感じております。
風邪やインフルエンザなどの感染症は「手」からの感染が1番多いとされています。ウイルスの付いた物に触れた手で食べ物を口にすることで体内にウイルスが侵入してくることになります。
そのため、外出後は必ず手を洗うようにしましょう。

②体を温める(冷やさないようにする)
寒ければしっかりと温かい格好をする。
当たり前のようで意外とできていない方が多いように思います。
医学的には体温が1度下がると免疫力が30%低下、逆に体温が1度上がると免疫力は5~6倍になると言われています
風邪を引くかどうかは最終的には免疫力勝負とも言えます。免疫力を低下させないため、また免疫力を上げるためにも体を温かくするようにしましょう。

③鍼治療
これも鍼灸師になってから自分の身体のメンテナンスとして定期的に行なっていることになります。
鍼を行なうことにより免疫力の向上にも低下にも一役買っていることでしょう。

④うがいとマスク
基本的にはこの2つは行なっていませんが、人ごみに行く時にはマスクをし、帰宅をしたらうがいをするという程度ではありますが、こちらも鍼灸師になってから行なうようになったことになります。

鍼治療以外はどれもあたら前といえば当たり前かもしれませんが、誰でもすぐに実践できることになるため、「風邪を引きたくない」、「インフルエンザに罹りたくない」という方は実践してみてください。

その他にもこんな予防法もあります。

Share

関連記事

東洋医学の診察法~舌診~

東洋医学では問診以外に、脈診や舌診・腹診など独特の診察法があります。 その中で今回は舌診についてのご紹介です! 舌診とはその名の通り「舌」を「診る」わけですが、まず大切なのが健康な人の舌がどのような状態かを知っておかなけ[…]

[» 続きを見る]

内装工事~下地組みが終わりました~

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日もお昼休みに内装工事の進み具合をチェックしてまいりました! 「ここからは早いですよ」という言葉に偽りなし! まさかの一日で天井、壁、間仕切りのLGS(軽量鉄骨)による下地組みが[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療は全科の治療が可能

病院では内科・呼吸器科・消火器科・泌尿器科・婦人科・整形外科・・・という具合に診療科が分かれているため症状によって通う病院が変わってきたりします。 しかし、鍼灸治療はあまり知らない方もいらっしゃっるかもしれませんが、「全[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]

病気にならないためにすべきこと

①しっかりと食べる※ただし食べすぎは注意 ②休む時は休む ③適度に体を動かす ④趣味を持つ ⑤考え込んだり、悩みすぎたり、心配しすぎたりしない 最近多いのは⑤の方です。 人それぞれ色々な悩みはあるかもしれません。悩んだり[…]

[» 続きを見る]