お腹に鍼を刺して肩こりが解消する理由

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

肩こりに対しての鍼灸治療といえば一般的には肩や首などにたくさんの鍼を刺すというイメージがあると思いますが、当院ではまずこのような治療は行ないません。

先日、忙しさなどもあり首筋から肩甲骨の内側にかけて痛いという方がいらっしゃいましたが、触ってもそれほど凝っている感じはありません。身体の方を診ていくと臍の斜め下にあるツボがペコペコに弱っていました。

この方の肩こりの原因は「腎虚」という身体の弱りが原因になりますが、このツボに鍼を刺し、20分ほど置鍼しただけでどれだけマッサージを受けても良くならなかった肩こりがなくなりました。

一言に肩こりといって肩周辺の筋肉の問題で起きているわけではありません。
私も鍼灸学校の学生だった頃には肩こりには首、肩に鍼を刺す練習をたくさんしておりました。もちろん、受け手になることもありました。
ただ、結論から言うと「私には効果はなかった」という経験があります。

肩こりだからといって肩にアプローチをするのは「木を見て森を見ず」という状態です。
大切なのは真の原因がどこにあるのかを考えて治療を行うことになります。

Share

関連記事

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例2 弁証および治療について3 考察 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例 2018年12月来院。 12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。 2日後の9日の夕[…]

[» 続きを見る]

ご予約に関して

名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 鍼灸院にも色々なスタンスで治療をされていますが、多くの鍼灸院では「完全予約制」または「予約優先」で行なっている治療院が多いかと思いますが、当院では前者の完全予約制にて行なっております。 […]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

足で診る骨盤内(子宮)の血流状態

皆さん、まず自分の足の土踏まずの辺りを見てください。 土踏まずの部分に、太い静脈が浮き出ていたり、赤くて細い血管のようなっものがあったりしませんか? もし、こういったものがあるならば、あなたの骨盤内(子宮)の血流状態が悪[…]

[» 続きを見る]

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]