増える男性不妊の原因は精子の減少が原因か?

現代人の精子が減少傾向の理由とは?

海外のデータになりますが、現代人の精子はこの40年間で半分ほどに減少しているそうです。
このデータは欧米の男性によるものですが精子濃度が52.4%、総精子数が59.3%減少しており、日本人は欧米人よりも「働く」というイメージがあるためおそらく日本人も同程度、もしくはこれ以上のデータになっているのではないかと言えます。
※厳密に言いますと、このデータにはアジア人は入っていないようです。
なぜこれほどまでに減ってしまっているかと言うと
・ストレス
・睡眠不足
・過労
・喫煙
・運動不足
などなど原因は色々とあります。特に現代人はストレスと運動不足という点では問題になるのではないかと思います。

デスクワークも影響する

現代人の仕事はデスクワークが多く、下半身の血流が悪くなりがちです。さらに運動不足ともなれば下半身の血流は悪くなる一方です。
ここへストレスが加われば自律神経が乱れ、血流はさらに悪くなります。
また、中にはパソコンを膝の上において仕事をされる方もいらっしゃいますが、こちらも精子に悪影響を与えることが研究で分かっています。パソコンを膝の上において作業をするとパソコンの熱で陰嚢が温められることにより精子にダメージが加わります。

精子の弱点とは?

精子には意外な弱点があります。それが熱になります。
卵巣が体の中にあるのに対して精巣が体の外にあるのには理由があり、精巣が熱に弱いため体の中にあると温められてしまうために、熱を持ちにくくするように体の外に出ています。男性なら誰しもが分かることですが、夏と冬では陰嚢の状態が変わります。夏は熱を逃がすために、逆に冬は温めるために変化します。
そのため、男性の中にはサウナが好きな方もいますが、こちらも要注意と言うことになります!陰嚢は温めすぎないように注意しましょう。

適度な排出も重要

女性の卵子は毎月1つが排卵されますが、男性の精子は毎日作られ3日ほどで精巣の中は満タンになります。そのため、適度に排出しなければ良い精子ではなく古くて運動率の悪い精子になってしまいます。そのため、男性側は適度に排出することで新鮮で活きの良い精子を保つことができます。

精子力をアップさせる方法

①しっかりとストレス発散をする
②適度な運動をする
③精子は熱に弱いため、入浴やサウナなどで睾丸を温めすぎない
④パソコンを膝の上で使用しない
⑤タバコをすわない
⑥精子の寿命は3日程度のため、適度に放出し新鮮な精子を保つようにする

まとめ

今の時代は不妊の原因の半分は男性にもあるとされているのはこういったことが原因で精子量や精子の運動率の低下が原因となってきます。
日本では晩婚化も進んでいることも問題ではありますが、男性の精子の問題も出てきてしまっているため、まずはしっかりと病院で検査うけるようにします。
また、ブライダルチェックをすることも周りの方には勧めるようにしてください。

ブライダルチェックに関してはこちら



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

ごま油で花粉症対策

花粉症の方にはごま油を摂ることをお勧めしていますが、その理由はごま油に含まれる「αリノレン酸」。 このαリノレン酸にはアレルギーを抑制する作用や抗炎症作用があり、中でもお勧めなのが「えごま油」になります。 このえごま油を[…]

[» 続きを見る]

起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例1.1 【13歳 男性】 起立性調節障害1.2 【16歳 男性】 起立性調節障害 起立性調節障害に対する鍼灸治療の症例 思春期の子供に見られる朝起きられない、不眠、めまい[…]

[» 続きを見る]

【女性の天敵】足のむくみの原因と手軽にできるセルフケアを解説

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 多くの女性が悩む症状の1つとして足のむくみがありますが、皆さんはいかがでしょうか? 今回は女性の天敵ともいえる足のむくみの原因について、西洋医学の面からと東洋医学の面から解説し、さらに簡単に行う[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療と薬の服用

何かしらの薬を服用している患者さんからのよくある質問として、「薬の服用は今後どうすればよいか?」というのがあります。 回答としては・・・ 「医師と相談の上、状態をみて減薬して下さい。」となります。 これは薬に関しては鍼灸[…]

[» 続きを見る]