うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。
仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ病ではないんじゃないかな?」という感じがしました。

また、ご本人も今通っている精神科には色々とあってあまり行きたくないというお話しもされていたために、転院を進めました。後日、転院した心療内科にて診断されたのが「レビー小体型認知症」。

レビー小体型認知症とは・・・
アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症になり、男性に多く発症します。
神経細胞にできるレビー小体というたんぱく質が脳の大脳皮質や脳幹にたくさん集まってしまうことにより、神経細胞が壊れてしまい、情報
伝達がうまくいかないために発症する認知症になります。

特徴的な症状は初期の段階で物忘れや幻視などの症状が起きてきます。
この方が「うつ病ではないんじゃないか?」と感じたのが、正にこの物忘れと幻視になります。

うつ病の症状は抑うつ感、意欲の低下、無気力、不眠、不安感、イライラ、自殺願望など多岐にわたりますが、こういった症状が出てくることはありません。
しかし、認知症の初期の症状としてうつ病に見られるような症状が出てくることがあります。

この方もうつ病の症状も確かにありましたが、初回の来院時に駐車場の番号を間違えていたり、今まで普通に行なっていた仕事の手順を忘れてしまい仕事ができなくなるなど物忘れや幻視がすでに顕著に出ている状況でした。また、蛇が見えるなどもおっしゃっていました。

ご本人としては認知症ということにはやはりショックを受けていましたが、少し安堵したようにも見受けられました。
もし、うつ病と診断されていたとしても幻視や物忘れなどの症状がある場合は認知症も疑い、思い切って病院も変えてみるようにしてみてください。



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

五行色体表

五行学説とは自然界に存在するすべてのものは木・火・土・金・水の5つに分類することができるという考えになります。 鍼灸師になるには必ず覚えなければいけない内容になります。(懐かしい。) 治療を行うにあたって意外と大事だった[…]

[» 続きを見る]

足で診る骨盤内(子宮)の血流状態

皆さん、まず自分の足の土踏まずの辺りを見てください。 土踏まずの部分に、太い静脈が浮き出ていたり、赤くて細い血管のようなっものがあったりしませんか? もし、こういったものがあるならば、あなたの骨盤内(子宮)の血流状態が悪[…]

[» 続きを見る]

秋の花粉症の特徴でもある辛い咳の症状を改善するためのセルフケア方法

秋になると花粉症の症状として咳が出て辛かったり、なぜ秋の花粉では咳が出るのか知りたい方へ。 秋の花粉症は春と同じく鼻水、鼻づまり、くしゃみももちろんありますが、咳が長引いたり、激しい咳が出てしまう方も少なくありません。 […]

[» 続きを見る]

患者には出すけど、医者は飲まないクスリ

先日のYahoo ニュースにこんな記事が上がっていました。 「現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」。 内容は実は飲んでもあまり効果がなかったり、副作用がひどいため自分では絶対に飲みたくないが、[…]

[» 続きを見る]

【まずは3ヶ月】薄毛でお悩みなら鍼灸で体質改善してみませんか?

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近、年のせいか薄毛が気になっていたり、まだ薄毛に悩むような年齢でもないのに薄毛に困っていませんか? 薄毛治療は専門クリニックで薬を使用して治療を行うのが一般的ではありますが、薄毛でお悩みの方の[…]

[» 続きを見る]