国民会保険制度が崩壊か?

少し前のニュースですが、国内第2位の加入者がいる「人材派遣健康保険組合」が解散を発表しました。

どういうことかと言いますと、この健康保険組合がなくなってしまったということで、この保険に加入していたかたがたは新たに「協会けんぽ」という健康保険組合に加入することになるそうです。

なぜ、このようなことになったか?
その答えは実にシンプルで「赤字」が原因です!

ではなぜ健康保険組合が赤字になるのか?
その答えも実にシンプルで加入者から徴収した金額よりも、医療機関へ支払う金額が多いためです。

つまり、病院へ行きすぎというのが原因となります!

特に問題視されているのが、高齢者の受診と過剰な薬剤費、不正受給などです。
皆さんの家族にも何種類もの薬を飲んでいる方はいませんか?何を隠そう私の父親がその1人です・・・

実はこの薬に関しては医師も薬剤師も問題視している方は大勢いらっしゃいますが、出さなければいけない理由があるんです。その理由は薬が欲しいから病院へきているのに出してもらえないとなると悪いうわさを立てられる可能性があるためです。
患者さん中には薬を貰うことで安心するという方もいらっしゃいますが、これはほぼ依存しているといってもいいでしょう。

また、ちょっとした風邪でも病院へ行きがちですが、風邪に効く薬はこの世には存在しないということはご存知でしょうか?
海外では風邪で病院へ行っても「温かくして寝てなさい!」これで終わりだそうです。薬など当然もらえません。

日本の医療保険制度は世界1とも言われています。
しかし、現在では赤字が続いている健康保険組合は40%あると言われており、7年後には1/4の組合が解散する可能性があるとまで言われています。

この危機を乗り越えるにはいくつかの選択肢があります。
①病院へ行くのを控える
②自己負担金を増やす※3割負担から5割負担
③毎月の健康保険料を増額する

ぱっと思いついたことを書いてみましたが、理想は当然①になりますが実際にはどうなんでしょう?「病院へ行くのは控えてください・・・」と国から言われてもおそらく無理でしょう。
また、負担額を増やすという②、③の選択肢も給料が上がらないことには厳しいことになります。

ただ、やはり理想は①であり、病院へ行くのを控えるという考え方ではなく、病院へ行く必要が無いように日々の生活習慣を正すことが重要なのではないでしょうか?

私はこの仕事に付くまでは年に4~5回は風邪を引いておりました。※これ事実です・・・
しかし、人の体を治療する以上は何よりも自分の体調が万全でなければいけないと思い、気をつけるようになったところ、免許を取得して10年目になりますが風邪関係で言えば1度だけインフルエンザに罹っただけです。

これからの時代は病気になってからどうするか?ではなく、如何にして病気にならないようにするかを考えるべきではないかと思います。

Share

関連記事

現代人にお勧めのストレス解消法

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 皆さんはストレス発散できていますか? 私はできているつもりではいますが、実際には分かりませんが、とりあえず不調は何も感じていないためOKと考えています。 ち[…]

[» 続きを見る]

冷え性 28歳 女性

主訴:冷え性 10代の頃から冷え性であり、冬場はもちろん夏場でも素足でフローリングを歩いているだけで足の指の感覚がなくなる。 また、毎日6㎞ジョギングをしているが、それでも足は温かくなることはなく、汗もあまりかかない。 […]

[» 続きを見る]

ONとOFFの切り替え

ONとOFFの切り替えはできていますか? 休みの日でも仕事のことを考えていたりしませんか? このONとOFFの切り替えというのは、仕事と休みということです。 日本人は世界の人々からすると働きすぎとよく言われていますが、こ[…]

[» 続きを見る]

薄毛対策【体を若返らせる】

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 女性男性ともにの薄毛の原因として挙げられるのが加齢によるものですが、しっかりと体のケアをすることで体を若返らせて薄毛を改善していくことができます。 老化による脱毛は髪の毛一本一本が細[…]

[» 続きを見る]

サーキュレーターで問題解決!

新治療院に移転してから早4ヶ月が経ちました。 夏は快適に治療ができていましたが、問題は冬でした! 壁には断熱材が入っていますが、床はコンクリートに直接フロアタイルを貼り付けているため、底冷え+入り口のガラスからの冷気で間[…]

[» 続きを見る]