国民皆保険制度が崩壊か?

少し前のニュースですが、国内第2位の加入者がいる「人材派遣健康保険組合」が解散を発表しました。

どういうことかと言いますと、この健康保険組合がなくなってしまったということで、この保険に加入していたかたがたは新たに「協会けんぽ」という健康保険組合に加入することになるそうです。

なぜ、このようなことになったか?
その答えは実にシンプルで「赤字」が原因です!

ではなぜ健康保険組合が赤字になるのか?
その答えも実にシンプルで加入者から徴収した金額よりも、医療機関へ支払う金額が多いためです。

つまり、病院へ行きすぎというのが原因となります!

特に問題視されているのが、高齢者の受診と過剰な薬剤費、不正受給などです。
皆さんの家族にも何種類もの薬を飲んでいる方はいませんか?何を隠そう私の父親がその1人です・・・

実はこの薬に関しては医師も薬剤師も問題視している方は大勢いらっしゃいますが、出さなければいけない理由があるんです。その理由は薬が欲しいから病院へきているのに出してもらえないとなると悪いうわさを立てられる可能性があるためです。
患者さん中には薬を貰うことで安心するという方もいらっしゃいますが、これはほぼ依存しているといってもいいでしょう。

また、ちょっとした風邪でも病院へ行きがちですが、風邪に効く薬はこの世には存在しないということはご存知でしょうか?
海外では風邪で病院へ行っても「温かくして寝てなさい!」これで終わりだそうです。薬など当然もらえません。

日本の医療保険制度は世界1とも言われています。
しかし、現在では赤字が続いている健康保険組合は40%あると言われており、7年後には1/4の組合が解散する可能性があるとまで言われています。

この危機を乗り越えるにはいくつかの選択肢があります。
①病院へ行くのを控える
②自己負担金を増やす※3割負担から5割負担
③毎月の健康保険料を増額する

ぱっと思いついたことを書いてみましたが、理想は当然①になりますが実際にはどうなんでしょう?「病院へ行くのは控えてください・・・」と国から言われてもおそらく無理でしょう。
また、負担額を増やすという②、③の選択肢も給料が上がらないことには厳しいことになります。

ただ、やはり理想は①であり、病院へ行くのを控えるという考え方ではなく、病院へ行く必要が無いように日々の生活習慣を正すことが重要なのではないでしょうか?

私はこの仕事に付くまでは年に4~5回は風邪を引いておりました。※これ事実です・・・
しかし、人の体を治療する以上は何よりも自分の体調が万全でなければいけないと思い、気をつけるようになったところ、免許を取得して10年目になりますが風邪関係で言えば1度だけインフルエンザに罹っただけです。

これからの時代は病気になってからどうするか?ではなく、如何にして病気にならないようにするかを考えるべきではないかと思います。

Share

関連記事

現代社会における鍼灸治療の位置づけ

現代社会においては病気の治療=病院(西洋医学)となっていますが、やはり現代社会においては致しかたないことではあります。 多くの方は鍼灸治療が様々な病気の治療が可能だということを知らないはずです。 また、多くの鍼灸師は肩こ[…]

[» 続きを見る]

妊娠おめでとうございます。

約1年にわたり不妊治療のために来院されていた30代の女性がこの度妊娠いたしました。 当初は自然妊娠を目標にしておりましたが、ガタつきのあった基礎体温は整ったものの、なかなか自然妊娠に至らなかったため、試しに人工授精を行う[…]

[» 続きを見る]

得気って何?

鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。 これは得気といわれます。 別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺し[…]

[» 続きを見る]

妊娠しました

本日、4ヶ月ぶりに娘さんと来院された方から突然のサプライズ報告。 前回の治療後に妊娠が発覚し、酷いつわりに苦しみながらも本日から安定期に入ったとのこと。 元々、喘息の治療がメインではありましたが、1度流産を経験しているた[…]

[» 続きを見る]

治療を受けても良くならない方の特徴

治療を行っているとすぐに良くなる方となかなか良くならない方がいる。 基本的には症状が出てすぐに治療を行えれば早く良くなり、数ヶ月~何年も前からというケースでは治療に時間がかかることが多くなります。 しかし、中には症状が出[…]

[» 続きを見る]