統合失調症について

統合失調症とは・・・
うつ病と対置される代表的な精神疾患であり、意識がしっかりしているにもかかわらず現実見当が障害され幻覚や妄想、幻聴を生じるほか、意欲低下や感情表出の障害、行動の遅さなどの症状が出る疾患になります。
発症する原因は過度のストレスにさらされたことが原因となる。

主に思春期から青年期に初発することが多く、地域差や文化による違いや男女比などの違いはなく、100~150人に1人の割合で罹患すると言われています。以前は「精神分裂病」と言われていましたが、2002年より統合失調症と変更されています。

【統合失調症の主な症状】
幻覚、幻聴、妄想や自我障害(話が筒抜けになっている、誰かに何かをさせられる)などの精神症状、行動や思考のまとまりの無さや興奮状態など。
発症前には身体、感情、知覚、対人関係などの歪みや不調和などの前駆症状が出ることもある。

統合失調症は脳内のドーパミンが過剰になった際に興奮状態になったり、幻覚や幻聴などが起きるとされていますが、逆にドーパミンが少なくなることで意欲の低下などの症状が出るといわれていますが、真の原因は不明とされています。
しかし、発症する方に共通するのはやはり「過剰なストレスを受け続けたこと」になります。
過度のストレスを受けることにより脳内の神経回路に異常が起きることで発症するのではないかと思います。

うつ病との違いは「幻聴や幻覚」、その他、「誰かに命を狙われている・・・」、「誰かが自分の悪口を言っている・・・」という被害妄想。
うつ病ではこのような症状は出てこないためにこのような症状がある場合は統合失調症を疑い、まずは心療内科または精神科を受診するようにしましょう。

Share

関連記事

顎関節症の症例

40代女性 1週間ほど前に食事をしている際に左側の顎に痛みが起きる。 歯科医に行くと顎関節症と診断される。 顎関節症は20代の頃にも発症したことがあり、当時は名古屋へ引っ越してきたことによるストレスから発症。当時は歯ぎし[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症 64歳 女性

脊柱管狭窄症 64歳 女性 3年ほど前に腰部脊柱管狭窄症と診断され、まだオペをするほどではなかったためしばらく様子を見ることになったが、3ヶ月ほど前から間欠性跛行のため100mほどしか歩行できない状態になる。 友人の勧め[…]

[» 続きを見る]

怪病多痰

怪病多痰。 東洋医学にはこのような考え方があります。 これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。 では痰とは何なのか? 痰というのは体の中に溜まった水分に[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経③

女性アスリートと月経第3弾。 第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。 第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。 今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか? まず女性ホルモンで[…]

[» 続きを見る]