ホルモンバランスの乱れと東洋医学

こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

不妊治療を始める際に多くの方が検査するであろうホルモン値ですが、このホルモンバランスが乱れは色々な原因があります。
・自律神経系の最高中枢である脳の視床下部の問題
・副官である下垂体の問題
・卵巣機能の問題
・ストレス
・体脂肪率が多すぎ、または少なすぎ
・過労
・年齢的なもの

ざっと考えただけでもこれだけ出てきます。

また、妊娠と関わるホルモンも様々ですが、代表的なものは
・エストロゲン
・プロゲステロン
・FSH
・LH
・プロラクチン
などがあります。

では、これたのホルモンバランスの乱れを東洋医学ではどのように考えるかと言うと、大きく分けると2つに分類されます
その分類が
・肝の問題で起きるホルモンバランスの乱れ
・腎の問題で起きるホルモンバランスの乱れ

【肝の問題】
多くはストレスが原因で起きるホルモンバランスの乱れになります。
東洋医学での肝は精神活動と関係しており、ストレスを受けると肝がまず影響を受けます。肝は全身の気の流れをスムーズにしていますが、ストレスで肝に影響が出ることで全身の気の流れが悪くなりホルモンの分泌にも影響が出てくることになります。
現代医学的に言えば「自律神経系の問題」でホルモンバランスが乱れていることになります。

【腎の問題】
腎は東洋医学では子宮・卵巣などの生殖器、脳などとの関係が深い臓器になります。
また、身体の成長とも関係があるため、初潮が遅い、無月経、過労、年齢的なもの(高齢)などによるホルモンバランスの乱れの場合は腎虚という腎のエネルギー不足が原因となります。
腎虚の原因は先天的な場合もあれば後天的なものもあります。
後天的なものの場合は大きな病気に罹患した、過労、子宮や卵巣の手術、出産(難産)などが考えられます。
腎の問題の場合は多くは身体全体が虚弱になっているとイメージしていただければ良いかと思います。

ここで疑問が出てくるかと思いますが、どっちの体質がどのホルモンバランスの乱れと関係があるのか?ですが、その答えは・・・

どちらのケースもありうるとなります。

もう少し細かく言ってしまえば、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因はこの2つだけではありません。
しかし、実際にはこの2つのタイプが多いため、これを見極めて治療していくのが我々の役目になります。

Share

関連記事

39歳 女性 生理不順

生理周期が40日周期で20代の頃は来ない月もあった。 結婚を機に仕事を辞め、専業主婦になったとたんに体の不調をきたすようになった。 現在はパートで週に4日ほど働いているため、専業主婦の頃よりは体調は幾分よくはなっている。[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関する番組情報

本日、メーテレにて20:00~「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にて漢方薬や鍼灸に関して2時間放送されます。 おそらく、メインは漢方薬の内容になるかと思いますが、東洋医学の考え方を知ることができるチ[…]

[» 続きを見る]

直観力

日々治療をしていると直感的に「ここだなっ!」と感じたツボに鍼を打つことがあります。 直感で選び迷いのない鍼が打てると驚くほどの効果が出る。 これは治療者の直感力。 おそらく患者さん側にも同じことが言えるのではないかと思い[…]

[» 続きを見る]

刺絡の効果②

定期的に来院される50代女性。 足がパンパンに張って痛みとダルさを訴えられていた。 足を診ると大腿部に細絡を確認。 右脚は胃経の梁丘(りょうきゅう)付近、左足は脾経の血海付近 左右の大腿部に刺絡を行なうと赤黒い血液が放出[…]

[» 続きを見る]

花粉症 27歳 男性

幼少期より重度の花粉症。 秋の花粉症ではないが毎年1月下旬頃になるとティッシュが手放せない程の鼻水と目のかゆみがある。 体質的には 『陽虚』 であり、この方は鍼を刺すと1番細い鍼であっても痛がってしまうため、お灸での治療[…]

[» 続きを見る]