こんにちは。
名古屋の鍼灸師、長谷川です。

私は未だに経験がありませんが、ぎっくり腰になった際の対処法ですが、まず第一に安静にすることです。
ぎっくり腰というのはいわゆる「腰部の捻挫」になりますので、やってしまったらその場でじっとしましょう。そして、助けてくれそうな人がいる場合はその人に手をかしてもらい、楽な態勢になってください。

ぎっくり腰

もし、誰も助けてくれる人がいない場合は思い切って救急車を呼ぶのも1つの手です。恥ずかしいからといって呼ばずにいるよりは、救急隊員に助けてもらいましょう。それが、彼らの仕事でもあります。

ぎっくり腰は痛みが引いてからが大切です。
多くの方は痛みが取れてしまえば以後は放置されてしまいますが、しっかりと治療しておかなければ必ずといっていいほど再発します。
ぎっくり腰は別名「魔女の一撃」とも言われています。
決して侮ることのないようにしましょう。

ぎっくり腰は魔女の一撃とも言われる

また、以下のような痛みがある場合は単純なぎっくり腰ではなく、骨や内臓に問題があるため注意してください。
・背中を叩いて腰に響く
・骨粗しょう症であり、転倒またはしりもちを付いたことで腰痛が起きた
・腰痛とともに発熱した
・楽になる姿勢がない

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------