フォーカルジストニア治癒

30代女性

昨年、プライベートにおいて過度のストレスがきっかけとなり、グランドピアノを弾く際にだけ指先に違和感が出てくる。
この違和感は日常生活ではまったく出てこない。
大学病院の神経内科を受診し、フォーカル(職業性)ジストニアと診断。

ジストニアの治療法は西洋医学ではこれといった治療法が確立されていないため、病院での治療はやめてインターネットで当院を見つけて鍼灸治療を選択される。

【治療前の症状】
グランドピアノを弾く際にだけ、親指と人差し指を伸ばすことができずに曲がったまま、中指は自分の意思とは関係なく突然伸びてしまう。なお、エレクトーンやパソコンのタイピングなどでは症状は一切出ない。

ピアニストのフォーカルジストニアの症例

【その他の症状】
右肩の凝り、春に回転性のめまいが起きやすい、イライラしやすい、完璧主義者

肝鬱気滞証によるフォーカルジストニアと考え、百会穴を中心に左胃兪や右合谷穴を適宜使用。
5回目の治療後から徐々に指先の違和感は消失し、以前のようにスムーズにピアノを弾けるようになってくる。
また、治療を始めるとともにストレス源となっていたこともも解決した。

週1回の治療を続けること4ヵ月で指先の違和感は消失したため治療は終了。

フォーカル(職業性)ジストニアは歌手や楽器を演奏する方が罹ることのある、局所性でかつその方の仕事の時にだけ症状が出てくる病気になります。例)歌手の方が歌う時にうまく声が出ない、ギタリストがギターを弾く時にだけ指が思うように動かないなど

治療を行う際に大切なことは一定期間仕事から離れることとともに、ストレスが原因で発症した場合はストレス源の排除になります。また、早期治療が大切なことは言うまでもありません。

Share

関連記事

前立腺肥大症に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 前立腺肥大症の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 前立腺肥大症の症例 2019年3月来院。 1ヶ月ほど前から常に尿意がある感じや残尿感があるため、近所の泌尿器科を受診すると過[…]

[» 続きを見る]

月経の状態で分かる女性の体調

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今日は女性の月経についてです。 月経・・・つまり生理ですね。 月経は28日周期で訪れるものですが、これは月の満ち欠けと同じ周期で訪れるため「月経」と言われています。[…]

[» 続きを見る]

原点は「やっぱり治療がしたい!」

大学を辞め、約1年間はバイト、バイト、バイト… 授業料を稼ぐためただひたすらバイトをし、翌年入学したのはトライデントという専門学校。 ここではアスレティックトレーナーという資格を取るために入学しました。 当時の講師にはサ[…]

[» 続きを見る]

過労や加齢体質による花粉症

昨日から名古屋も本格的に花粉シーズンに突入と発表があったので、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンの始まりです。 今回は過労や加齢を現す「腎虚体質」による花粉症のお話です。 腎といっても「腎臓」ではありません。 花粉症の症[…]

[» 続きを見る]

仕事ができない程のメニエール病なら【休職】という選択を考えよう

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 メニエール病でめまいが酷く、仕事に影響が出てしまっていたり、今後はどのように仕事をしていけばいいか悩んでいませんか? 今回はメニエール病で仕事に影響が出てしまっている場合にとれる1[…]

[» 続きを見る]