鍼灸師になるには

こんにちは。
名古屋の鍼灸師・長谷川です。

本日より新治療院にてインターネットと電話が利用でいるようになりました。
インターネットが利用できないと今の時代ものすごく不便であることを実感した2週間でした。

本日は鍼灸師になるためにはどうすればいいのか?についてです。
せっかく新治療院に移転したため、ご説明させていただきます。

まず、鍼灸師になるためには専門学校へ3年間、または4年生大学へ入学しなければいけません。ほとんどの鍼灸師は専門学校を卒業しており、鍼灸師の免許が取れる4年制大学はおそらく明治鍼灸大学だけではないかと思います。
学校に入学した後はひたすら勉強です。
勉強する科目は、解剖学、生理学、病理学、臨床医学各論、衛生学、リハビリ、経穴(ツボ)概論、東洋医学概論などなどが座学であり、その他に実技の授業などがあります。

学校でしっかりと単位を取得して、卒業することができるようであれば国家試験の受験資格が与えられ、試験に合格すれば晴れて免許取得という流れになります。
ちなみに国家試験は150点満点中、6割以上、つまり90点以上で合格となります。※全国平均では合格率は8割前後になります。

また、免許に関しては正式には
・はり師
・きゅう師
2つに分かれております。
その他として私の場合はあん摩・マッサージ・指圧師の国家資格も取得しております。

あん摩・マッサージ・指圧師の免許が取得できる学校は全国的にも少なくなっておりますが、私が通っていた尾頭橋にある「名古屋鍼灸学校」では3つ(はり、きゅう、あマ指)の免許を取得することができます。

もし、国家試験に落ちてしまった場合は翌年でも翌々年でも受験することは可能ではありますが、国家試験は現役合格できなければ基本的には合格するのは難しいとされています。その理由はやはり勉強量になります。学校で勉強するのと自分ひとりで勉強するのではやはり違ってきます。
そのため、当たり前ではありますが、受験者は試験前は必死になって勉強します。
ちなみに昔は実技試験もあったようですが、今では国家試験としての実技試験はありません。
個人的にはあった方が良いと考えています。

Share

関連記事

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

奥様に感謝

初回、奥様に連れらて来院された男性患者様。 お話を聞くと10年ほど前から体の不調があり病院へ通っているがなかなか効果がなく、奥様が東洋医学で何とかならないかということでご予約のお電話を頂きました。 奥様は鍼灸治療は経験さ[…]

[» 続きを見る]

漢方薬のご相談先を紹介いたします

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 当院の患者様でも時々病院で漢方薬を処方されている方がいらっしゃいます。 しかし、その漢方薬は本当に正しい処方がされているかどうかは疑問があります。 そこで、[…]

[» 続きを見る]

更年期障害 56歳 女性

主訴:更年期障害によるさまざまな症状・肩こり・腰痛 2年ほど前から更年期障害とみられるさまざまな症状が現れ、症状は疲れやすさ・倦怠感・手足の冷え・お腹の張り・むくみ・抑うつ感・体が重だるい・胃もたれしやすい・胃痛・頭痛・[…]

[» 続きを見る]

ご予約に関して

名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 鍼灸院にも色々なスタンスで治療をされていますが、多くの鍼灸院では「完全予約制」または「予約優先」で行なっている治療院が多いかと思いますが、当院では前者の完全予約制にて行なっております。 […]

[» 続きを見る]