鍼灸師になるには

こんにちは。
名古屋の鍼灸師・長谷川です。

本日より新治療院にてインターネットと電話が利用でいるようになりました。
インターネットが利用できないと今の時代ものすごく不便であることを実感した2週間でした。

本日は鍼灸師になるためにはどうすればいいのか?についてです。
せっかく新治療院に移転したため、ご説明させていただきます。

まず、鍼灸師になるためには専門学校へ3年間、または4年生大学へ入学しなければいけません。ほとんどの鍼灸師は専門学校を卒業しており、鍼灸師の免許が取れる4年制大学はおそらく明治鍼灸大学だけではないかと思います。
学校に入学した後はひたすら勉強です。
勉強する科目は、解剖学、生理学、病理学、臨床医学各論、衛生学、リハビリ、経穴(ツボ)概論、東洋医学概論などなどが座学であり、その他に実技の授業などがあります。

学校でしっかりと単位を取得して、卒業することができるようであれば国家試験の受験資格が与えられ、試験に合格すれば晴れて免許取得という流れになります。
ちなみに国家試験は150点満点中、6割以上、つまり90点以上で合格となります。※全国平均では合格率は8割前後になります。

また、免許に関しては正式には
・はり師
・きゅう師
2つに分かれております。
その他として私の場合はあん摩・マッサージ・指圧師の国家資格も取得しております。

あん摩・マッサージ・指圧師の免許が取得できる学校は全国的にも少なくなっておりますが、私が通っていた尾頭橋にある「名古屋鍼灸学校」では3つ(はり、きゅう、あマ指)の免許を取得することができます。

もし、国家試験に落ちてしまった場合は翌年でも翌々年でも受験することは可能ではありますが、国家試験は現役合格できなければ基本的には合格するのは難しいとされています。その理由はやはり勉強量になります。学校で勉強するのと自分ひとりで勉強するのではやはり違ってきます。
そのため、当たり前ではありますが、受験者は試験前は必死になって勉強します。
ちなみに昔は実技試験もあったようですが、今では国家試験としての実技試験はありません。
個人的にはあった方が良いと考えています。

Share

関連記事

うつ病に対するお灸の効果

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 「よく治療院名は何て読むんですか?」と聞かれますが、「ほうしょう」と読みます。 当院にはうつ病でお悩みの方が男女問わず来院されますが、西洋医学でうつ病と診断されていてもやは[…]

[» 続きを見る]

舌苔(ぜったい)について

名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 先日、TBS系列で放送されていた「この差ってなんですか?」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? この番組で東洋医学の診察法である「舌診」というものが紹介されていまし[…]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

【誰でもできる】花粉症による鼻づまりの簡単解消法はある部分を圧迫するだけ!

こんにちは。 元花粉症の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 花粉症による鼻詰まりでお困りの方は多いと思いますが、今まさに辛いという方もいることでしょう。 そして、皆さんが考えることは鼻詰まりを解消できる方法が知りたいということ! […]

[» 続きを見る]