東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは
「一人ひとりの体質を考えること!」

東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。
しかし、病院での漢方薬も自分で購入する場合も大きな間違いをしているケースが多々あります。
それが、「一人ひとりの体質を考慮していない」ということです。

もし、皆さんがドラッグストアで漢方薬を購入するとしたら、どのように選びますか?
おそらく大半の方がパッケージに書いてある「症状」を見て購入することになると思いますが、これは間違いです。
そして、病院で処方される漢方薬も同じように効果があるとされているものを順番に処方しているような状態です。

これを鍼灸治療で考えてみると「肩こりに効くツボ」、「頭痛に効くツボ」というようにツボを選択して鍼を刺しているだけになります。

東洋医学は気・血・水のバランス医学です。
気・血・水とは生きていくうえで身体に必要な物質になります。

気:身体のエネルギーで各器官を動かすための物。

血:血液のことで、全身に栄養を運ぶ。

水:身体の中の水分のことで胃液や涙も含まれ、関節の動きを滑らかにする。

この3つの物質に過不足や滞りが生じ、バランスを崩したときに身体に不調が起こりますが、乱れ方は生活習慣が違えば当然一人ひとり違いますよね?
そのため、治療に関しても

・気が不足していれば、「補気」という気を補うことのできるツボや漢方薬。

・気の流れが滞っていれば「行気」という気の流れをよくするツボや漢方薬。

東洋医学で体質を考えるためには「最も辛い症状」だけではなく、「その他にどんな症状があるのか?」、「どんな時に症状が悪化するのか?」といった内容の方が大切になります。

以下が東洋医学での体質分類になります。

参考にしてください。

【虚弱体質】
エネルギー不足の「気虚体質」
血液が不足した「血虚体質」
身体を温める力が低下した「陽虚体質」
身体を潤す力が低下した「陰虚体質」

【代謝障害体質】
気の流れが悪い「気滞体質」
血液の流れが悪い「瘀血体質」
身体に熱がこもった「実熱体質」
身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

Share

関連記事

たった3分でリフトアップ&むくみを解する方法

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回も美容系のブログネタになりますが、本日は超簡単にリフトアップとむくみを解消させる方法をお教えいたします。 所要時間は片側約3分になりますので、非常にお手軽に実践することができま[…]

[» 続きを見る]

生理が遅れる原因は多嚢胞卵巣症候群かも?

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群1.1 多嚢胞卵巣症候群の原因1.2 多嚢胞卵巣症候群の症状1.3 治療について 多嚢胞卵巣症候群 卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。 卵細胞は卵[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の保険サポート開始

日本生命保険から特定不妊治療をサポートする保険が10月から開始されます。 まだ、ホームページには掲載されていないようなので、詳しい掛け金などは不明ですが、内容としては以下のようになっています。 【加入対象】 ・16歳~4[…]

[» 続きを見る]

頭に血が上ってませんか?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 よくイライラしていると「頭に血が上る」なんて言い方をしますが、皆さんはいかがでしょうか? イライラしやすい性格ですか? 頭に血が上ると血圧が上がり、脳血管障害を引き起こしや[…]

[» 続きを見る]

妊娠おめでとうございます。

約1年にわたり不妊治療のために来院されていた30代の女性がこの度妊娠いたしました。 当初は自然妊娠を目標にしておりましたが、ガタつきのあった基礎体温は整ったものの、なかなか自然妊娠に至らなかったため、試しに人工授精を行う[…]

[» 続きを見る]