東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは
「一人ひとりの体質を考えること!」

東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。
しかし、病院での漢方薬も自分で購入する場合も大きな間違いをしているケースが多々あります。
それが、「一人ひとりの体質を考慮していない」ということです。

もし、皆さんがドラッグストアで漢方薬を購入するとしたら、どのように選びますか?
おそらく大半の方がパッケージに書いてある「症状」を見て購入することになると思いますが、これは間違いです。
そして、病院で処方される漢方薬も同じように効果があるとされているものを順番に処方しているような状態です。

これを鍼灸治療で考えてみると「肩こりに効くツボ」、「頭痛に効くツボ」というようにツボを選択して鍼を刺しているだけになります。

東洋医学は気・血・水のバランス医学です。
気・血・水とは生きていくうえで身体に必要な物質になります。

気:身体のエネルギーで各器官を動かすための物。

血:血液のことで、全身に栄養を運ぶ。

水:身体の中の水分のことで胃液や涙も含まれ、関節の動きを滑らかにする。

この3つの物質に過不足や滞りが生じ、バランスを崩したときに身体に不調が起こりますが、乱れ方は生活習慣が違えば当然一人ひとり違いますよね?
そのため、治療に関しても

・気が不足していれば、「補気」という気を補うことのできるツボや漢方薬。

・気の流れが滞っていれば「行気」という気の流れをよくするツボや漢方薬。

東洋医学で体質を考えるためには「最も辛い症状」だけではなく、「その他にどんな症状があるのか?」、「どんな時に症状が悪化するのか?」といった内容の方が大切になります。

以下が東洋医学での体質分類になります。

参考にしてください。

【虚弱体質】
エネルギー不足の「気虚体質」
血液が不足した「血虚体質」
身体を温める力が低下した「陽虚体質」
身体を潤す力が低下した「陰虚体質」

【代謝障害体質】
気の流れが悪い「気滞体質」
血液の流れが悪い「瘀血体質」
身体に熱がこもった「実熱体質」
身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

Share

関連記事

子宮腺筋症

子宮内膜症や子宮筋腫などと同じように激しい生理痛の原因となるのが子宮腺筋症という病気。 酷い場合は生理時意外にも下腹部に痛みが起きてきます。 子宮腺筋症・子宮筋腫・子宮内膜症のそれぞれの違いは ・子宮腺筋症 子宮内膜にあ[…]

[» 続きを見る]

生理不順 35歳 女性

美容鍼を希望して来院されるが、生理周期が安定していないため、生理不順も改善したいとのこと。 現在は28~40日で来朝している。 生理痛あり(初日に鈍痛がある程度)、たまに薬を服用 血塊あり 舌:淡白舌・舌下静脈の怒張あり[…]

[» 続きを見る]

ワクチンが不足中?

名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 寒さが増してきた今日この頃ですが、これからインフルエンザのシーズンが始まります。そのため、予防接種を考える方が増えてくることだと思いますが、先日のニュースで「今年はワクチンが不足している[…]

[» 続きを見る]

不妊治療における病院選び

不妊治療での病院選びは皆さんはどうされていますか? 大半の方がまずは近所、もしくは通いやすい産婦人科を探されて受診されている方が多いかと思います。 まずはそれでOKだと思います。 そういったところで、タイミング指導を受け[…]

[» 続きを見る]

2017春 花粉飛散情報

1月も気がつけばもうすぐ終わり、多くの方を悩ませる時期がやってきます。 花粉シーズンの到来です。 早い方ではすでに症状が出始めているのではないでしょうか? では今年の花粉の飛散量はどうなのかというと ・昨年の飛散量と比較[…]

[» 続きを見る]