保健所の臨検検査終了

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

先程、保健所の方が来院されて行われる臨検検査が終了しました。
所要時間は約5分。
何度も保健所には相談に行っていたため、保健所の担当者の方も「助かる」と言われていました。
中には一度も保健所に相談に行かず、検査の際に「これでは営業許可は出せない」となり、再度工事が必要になったケースも過去にはあったそうです。

国家資格を所有していると保健所の方に施術所として登録する必要があり、「施術所の構造設備基準」というものが関わってきます。
具体的には
①6.6平方メートル以上の専用の施術室
②3.3平方メートル以上の待合室
③施術室の室面積の1/7以上に相当する部分を外気に解放できるか、または換気扇があるか
④広告の制限
⑤その他、もろもろ

主に問題になってくるのが①〜④になります。

ここ数年では特に広告に関することが厳しくなってきており、国家資格を所有していると色々と制限を受けてしまいます。
整体やカイロ、リラクゼーションマッサージなどは国家資格ではないため、縛る法律が存在しないため、自由に広告を出すことができます。
鍼灸院では料金は看板には書いてありませんよね?でも、整体やカイロには書かれていますよね?
ここで国家資格を持っているかが分かります。

これで、一応やらなければいけないことは終わりました…と言いたいところですが、明日の午前にようやくNTTの工事が入ります。
そのため、電話は明日の午後には使えるようになりますので、もうしばらくお待ちください。
ようやくネットも使えるようになります。

Share

関連記事

恐がらなくても大丈夫です

鍼灸治療というと体にたくさん刺されるというイメージを持たれる方が多いかと思います。 鍼灸治療を経験されていない方ですと たくさん刺される=痛い思いをする可能性がそれだけ多い。 このような方程式が成り立ってしまうかもしれま[…]

[» 続きを見る]

異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは 「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。 ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。 こ[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群(PCOS)の症例②

20代女性 3年前に結婚。 社会人になってから生理痛が酷くなったために病院へ行くと多嚢胞卵巣症候群と診断。 当時は子供のことはまだ考えていなかったが、今年から子作りを考えるが、できるだけ薬を使いたくないとのことで鍼灸治療[…]

[» 続きを見る]

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

不妊治療の保険サポート開始

日本生命保険から特定不妊治療をサポートする保険が10月から開始されます。 まだ、ホームページには掲載されていないようなので、詳しい掛け金などは不明ですが、内容としては以下のようになっています。 【加入対象】 ・16歳~4[…]

[» 続きを見る]