運動を続けるコツは先を見据えること

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

私の運動暦は5歳頃~小5まで剣道。
小学校4年~22歳までバスケ。
小学校6年時に陸上を少々。
現在は週2でジム通いという運動歴になります。

剣道を始めた理由は分からなかったので2年ほど前に母親に聞いたところ「私がやりたかったから」という意味不明な回答がありましたが、それでもなぜか続けていたということはそれなりに楽しかったからでしょう。
バスケに関しても最初は友達に誘われて始めましたが、スラムダンクの影響で見事にはまっておりました。

しかし、今はバスケはやっておりませんが、やはり何か運動をしなければいけないと思い、始めたのがジムに通うことです。

最初はやはりきつかったですが、今では行かなければリズムが狂うような感覚になっております。

しかし、世の中には私のように運動が好きな方もいれば、嫌いな方もいらっしゃいます。
運動が好きな方は何も言わなくても始めるでしょうし、今現在も運動していることでしょう。

問題は運動嫌いな方の場合です。

運動嫌いの方が運動を始めるのはやはりハードルが高くなります。
何か目標を作ることができれば始めることはできるかもしれませんが、なかなか急に目標を作り運動を始めるのも難しいというのは分かります。また、「いつまでに何キロ痩せる」という小さな目標の場合、その目標が叶ってしまった途端にすぐに止めてしまいます。

そのため、まずは大きな目標のために運動を始めてみませんか?

その大きな目標とは「健康のため」です。

人は健康でなければ仕事も遊びも何もすることができませんし、運動を続けている方と運動をしていない方では年をとった時にも身体に大きな違いが出てきます。
よく年をとると膝が痛い・・・腰が痛い・・・ということを聞くかと思いますが、これは筋力不足が招くものです。
ジムに通っていると分かりますが、ジムに来ている高齢者の方たちは身体の不調を感じさせませんし、中には私よりも良い体をしている方もいらっしゃいます。

この方たちがいつから運動を始めているかは分かりませんが、運動を続けることによりしっかりと筋肉がついていることにより体を支える「土台」ができていることになります。

家作りでも「土台作り」は非常に重要です。
土台を手抜きで作れば将来どうなることでしょうか?欠陥住宅ということになります。
そのため、今の健康のためだけではなく、将来の自分のことを考えて運動を始めてみてください。
特に下半身の筋力は大事です!

Share

関連記事

統合失調症について

統合失調症とは・・・ うつ病と対置される代表的な精神疾患であり、意識がしっかりしているにもかかわらず現実見当が障害され幻覚や妄想、幻聴を生じるほか、意欲低下や感情表出の障害、行動の遅さなどの症状が出る疾患になります。 発[…]

[» 続きを見る]

治療をお断りさせていただく例

以前ですが、このようなお問い合わせがありました。 「○○という病気なんですが、この病気がお灸で治ったという方のブログを見たので、お灸だけで治療をして欲しいのですが。」 このようなお問い合わせが合った場合、なぜ断ることにな[…]

[» 続きを見る]

今話題の「春バテ」

昨日からようやく春らしい天気になりました! 風がちと強いのが嫌ですけどね。 さて、昨日のニュースの中で夏バテならぬ、「春バテ」について取り上げられていました。 春バテとは寒暖差によって引き起こされる自律神経系の乱れにより[…]

[» 続きを見る]

チャレンジ!

10年ほど前からでしょうか? 納豆トーストが旨い!という話を聞いていましたが、いくら納豆好きとはいえ、やはり一歩踏み出す勇気がありませんでした。 しかし、知人にも納豆トーストが旨いと言われたので、ネットで調べると色々なレ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学との出会い

鍼灸治療は東洋医学による治療である。 このようにお考えの方はきっと多いかと思いますが、実はそうではありません。 私自身もこの世界に入る前は「鍼灸=東洋医学」だと思っていました。 しかし、鍼灸学校に入って東洋医学について勉[…]

[» 続きを見る]