運動を続けるコツは先を見据えること

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

私の運動暦は5歳頃~小5まで剣道。
小学校4年~22歳までバスケ。
小学校6年時に陸上を少々。
現在は週2でジム通いという運動歴になります。

剣道を始めた理由は分からなかったので2年ほど前に母親に聞いたところ「私がやりたかったから」という意味不明な回答がありましたが、それでもなぜか続けていたということはそれなりに楽しかったからでしょう。
バスケに関しても最初は友達に誘われて始めましたが、スラムダンクの影響で見事にはまっておりました。

しかし、今はバスケはやっておりませんが、やはり何か運動をしなければいけないと思い、始めたのがジムに通うことです。

最初はやはりきつかったですが、今では行かなければリズムが狂うような感覚になっております。

しかし、世の中には私のように運動が好きな方もいれば、嫌いな方もいらっしゃいます。
運動が好きな方は何も言わなくても始めるでしょうし、今現在も運動していることでしょう。

問題は運動嫌いな方の場合です。

運動嫌いの方が運動を始めるのはやはりハードルが高くなります。
何か目標を作ることができれば始めることはできるかもしれませんが、なかなか急に目標を作り運動を始めるのも難しいというのは分かります。また、「いつまでに何キロ痩せる」という小さな目標の場合、その目標が叶ってしまった途端にすぐに止めてしまいます。

そのため、まずは大きな目標のために運動を始めてみませんか?

その大きな目標とは「健康のため」です。

人は健康でなければ仕事も遊びも何もすることができませんし、運動を続けている方と運動をしていない方では年をとった時にも身体に大きな違いが出てきます。
よく年をとると膝が痛い・・・腰が痛い・・・ということを聞くかと思いますが、これは筋力不足が招くものです。
ジムに通っていると分かりますが、ジムに来ている高齢者の方たちは身体の不調を感じさせませんし、中には私よりも良い体をしている方もいらっしゃいます。

この方たちがいつから運動を始めているかは分かりませんが、運動を続けることによりしっかりと筋肉がついていることにより体を支える「土台」ができていることになります。

家作りでも「土台作り」は非常に重要です。
土台を手抜きで作れば将来どうなることでしょうか?欠陥住宅ということになります。
そのため、今の健康のためだけではなく、将来の自分のことを考えて運動を始めてみてください。
特に下半身の筋力は大事です!

Share

関連記事

【女性の天敵】足のむくみの原因と手軽にできるセルフケアを解説

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 多くの女性が悩む症状の1つとして足のむくみがありますが、皆さんはいかがでしょうか? 今回は女性の天敵ともいえる足のむくみの原因について、西洋医学の面からと東洋医学の面から解説し、さらに簡単に行う[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]

あなたはどのタイプ?冷え性のタイプとセルフケア

コンテンツ1 冷え性とはどんな状態?2 冷え性のタイプ2.1 手足末端型2.2 内蔵型2.3 下半身型または冷えのぼせ型3 こんな手足の冷えは要注意!4 冷えを改善するためのセルフケア4.1 運動をすること4.2 冷たい[…]

[» 続きを見る]

paypayに対応しました

11月からpaypayでのお支払いが可能となりました。 ひとまず来年の6月までは継続していきますが、6月以降は継続するかは未定となります。 また、鍼灸院をはじめとする医療機関は消費税ポイント還元の対象外となるため、2%ま[…]

[» 続きを見る]

LINE@が使えるようになりました

現在、電話が利用できない状況が続いているため、代わりにLINE@が利用できるようになりました。 簡単にご説明すると、LINEを利用して問い合わせができるも、店舗用のラインアカウントになります。 下記のURLをクリックする[…]

[» 続きを見る]