鍼灸治療を始めたら薬は止めるべき?

こんにちは。
名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。
最近は移転に伴い色々とやることがあり、何かと忙しくしております。

鍼灸治療を始めるきっかけは人それぞれではありますが、中には薬に頼らず体質改善したいという理由で鍼灸治療を始める方がいらっしゃいます。
この場合、今現在服用している薬を「すぐに止めるべきかどうか?」という問題が出てきます。

患者さんの中にもすぐに止めてしまう方もいれば、少なからず薬で症状が軽減されていることを実感されている方もいるため、すぐに止めることに抵抗がある方もいらっしゃいます。

そして、鍼灸師の中にもすぐに止めることを助言する方もいれば、医師と相談の上、徐々に減薬するようにと助言する方もいます。

私の場合は後者です。
第一に私たち鍼灸師は薬のことに口を出す権限を持っていません。
つまり、「薬を飲んでください」、「飲まないで下さい」ということを言える立場ではありません。
また、やはり少なからず薬によって症状が抑えられている部分はあるはずなので、鍼灸治療を始めたからといってすぐに薬の服用を止めるのは危険だと思っております。

そのため、当院ではまずは薬と鍼灸治療を併用

症状が落ち着いてきたら医師と相談して頂き減薬

さらに症状が落ち着けば医師と相談の上、服薬を中止し、鍼灸治療のみにする

鍼灸治療のみでも症状がなくなればご卒業

このような流れで行なっております。

以後はご自身で体調管理をされる方はセルフケアを怠ることのないようにお願いしておりますし、心配な方は月に1~回お越しいただければ引き続き身体のメンテナンスを行なわせていただいております。

Share

関連記事

アトピー性皮膚炎の症例

40代女性 幼少期よりアトピー性皮膚炎で常にステロイドを使用してきた。 30歳から5~6年ほど光線療法と鍼で改善するも時々はステロイドを使用。 その後も再発を繰り返していたため、中国から来日されていた漢方医に処方してもら[…]

[» 続きを見る]

三陰交で分かること

足に三陰交という比較的有名なツボがあります。 このツボがなぜ有名なのかというと婦人科疾患の常用穴、つまり婦人科疾患に非常に効果があるとされるツボだからです。 しかし、実際にこのツボを使って治療を行えば婦人科疾患が改善され[…]

[» 続きを見る]

花粉症にも鍼灸

秋と言えば・・・ ・食欲の秋 ・スポーツの秋 ・読書の秋 ・花粉症の秋 最後にいらないものが入ってますかね? でも、秋の花粉症の方にとっては嫌な季節に突入してしまいました。 花粉症と言うとやはり内科や耳鼻科に行かれる方が[…]

[» 続きを見る]

不正出血の原因

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 当院に来院される女性で月経に関するお悩みで1番多いのが生理痛に関してですが、次に多いのがおそらく不正出血になります。 不正出血とは月経時以外に性器から出血することをいいますが、この[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群

卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。 卵細胞は卵胞という袋に包まれていて、発育するにつれてこの袋が大きくなっていき、およそ2cmくらいの大きさになると破裂して、卵胞の中の液体とと[…]

[» 続きを見る]